伊藤美誠は頭が悪い?試合に勝てずリザーブ拒否の言い訳がひどすぎると話題に

トレンド

女子卓球選手の伊藤美誠さんが、パリ五輪出代表メンバーから漏れた後の発言が波紋を呼んでいると話題になっています。

この記事では

・伊藤さんのプロフィール
・伊藤さんの問題発言の詳細・背景とは
・周りの反応

まとめています。ぜひ最後までご覧ください。

【wiki的】伊藤美誠さんのプロフィール

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2024/02/032726.html

生年月日:2000年10月21日

出身:静岡県磐田市

血液型:O型

身長:152cm

体重:45kg

靴のサイズ:25.5cm

愛称:大魔王(中国での愛称)

2016年には、オリンピック卓球競技史上最年少15歳でメダリストになっている。

伊藤美誠選手は頭が悪い?問題発言の詳細

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/news/2024/02/032726.html

全日本卓球選手権を6回戦で敗退し、パリ五輪出場メンバーの選考から漏れて以降、初の公の場となった会見で伊藤選手は

東京五輪の時は早田(ひな)選手が支えてくれて私自身も頑張れたが、私はリザーブには向かないかなって思ってます。なので、たぶん(補欠としてパリに)行くことはないとおもいます

と発言。

自ら代表の補欠(リザーブ)に入ることを「向かないかな」という理由で拒否。

これが当時補欠として支えてくれた早田選手へのリスペクトを欠いている発言として、一部ネット上では話題になっています。

と厳しい声が飛んでいますね…。

中学生の頃は卓球塾において、上級生との練習でも勝ちに行く姿勢を全面に出しすぎるあまり生意気と言われることもあったようです。

さらに試合への緊張感から周りへの配慮を欠き、母の美乃りさんから

「今のあなたは人間として最低だよ」

と言われてしまったこともあるそうです。

負けん気が強いあまりに、他の選手や人への配慮を欠いてしまったがゆえ「頭が悪い」と言われているのかもしれません。

しかし、卓球は反射神経や瞬発力が求められる中でも、頭脳を使うスポーツでもあるので一概に「頭が悪い」とは言い切れないでしょう。

水谷隼さんが説明“伊藤美誠選手の発言の背景“”

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/b65b7bf685baf5044746fe59350b89a8b79a1085

この発言について、元卓球選手で伊藤選手とペアを組んで金メダリストとなった水谷隼さんは、

オリンピックは人数制限がとても厳しく、リザーブの選手と男女兼用の練習パートナー1人ぐらいしか会場に入ることができません。

バック面に異質のラバーを使う伊藤選手は練習パートナーとしては不向きな戦型です。

また怪我が少ない卓球競技において、リザーブの選手が試合に出場するということは限りなく0に近いです

伊藤選手がリザーブを拒否した背景についてこのように説明。

決して伊藤選手の傲慢やわがままでリザーブ拒否を行ったわけではないとフォローされています。

また渡辺武弘監督もこのリザーブ拒否を受けて

「本人の意思がそうなら無理強いはできないが、本人も気が変わるかもしれない。(リザーブ登録まで)まだ期間があるので」

と笑顔で回答しているとのことで、伊藤選手の当該の発言をあくまでも「彼女らしさ」と捉え、問題としている様子はないようです。

まとめ

出典:https://www.vogue.co.jp/celebrity/article/2020-02-20-present-miwa-ito

伊藤選手は過去の発言や行いから「頭が悪い」であったり「生意気」と言われてしまうこともあるようです。

しかし、それは彼女が卓球に真摯に取り組み、負けん気が前に出てしまうからこそで、今回代表に選ばれた張本選手に対しては

「若手に良い経験を積んでほしい」

思いやりのある発言をしています。

重ねてとなりますが決して「頭が悪い」なんてことはないのではないでしょうか。

リザーブを辞退しているのも、水谷選手の発言の通り、彼女なりの理由があるということを理解しておきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました