【驚愕】声優・佐々木望さんの声変わりの真相と難病を乗り越え東大卒の経緯とは

トレンド

この記事は、声優の佐々木望さんについてまとめています。

難病を乗り越えた後には、東京大学に合格したという驚きの経歴を持っていた佐々木望さん。

詳しくご紹介していきます。

佐々木望さんのプロフィール

先だっての1月25日にお誕生日を迎えられた際のご自身のXより

名前:佐々木望(ささき のぞむ)

生年月日:1967年1月25日

身長: 160 cm

血液型: O型

出身:広島県広島市

資格:英語検定1級、全国通訳案内士

これまでの主な出演歴

幽遊白書 浦飯幽助

出典:幽☆遊☆白書TVアニメ化25周年記念 (pierrot.jp)

テニスの王子様 亜久津仁

出典:アニメ「新テニスの王子様」第8話先行カット 亜久津仁、平等院鳳凰、アマデウス登場 – MANTANWEB(まんたんウェブ) (mantan-web.jp)

AKIRA 鉄雄

出典:AKIRA Chapter.1 – ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

などクールなキャラからインパクトの強いキャラまで幅広く演じられています。

佐々木望さんは声変わりした?その真実とは

出典:佐々木望さんXアカウント

佐々木さんは、近年声変わりしたという噂があります。

これは30代の頃に患った重度の“声帯炎”が影響しているそうです。

医師からは「このままでは、声が出なくなる」と言われたことがきっかけで、発声と演技を基礎から見直そうと考えられたとのこと。

特に発声においては、日本語の教材のみならず、英語の教材は文献にも目を通し、知識を学んでいたという佐々木さん。

元から英語には興味があったそうですが、これをきっかけにさらに英語について深く学びたいと思ったとのこと。

声帯炎が快復した頃には、この英語学習への意欲はさらに強まり、英語検定1級や、全国通訳案内士という国家資格を取得されています。

なんと難病を乗り越えた後には東大に合格していた!

出典:佐々木望さんご自身のXアカウントより

佐々木さんの知識への探求は、英語検定や全国通訳案内士の資格取得だけにとどまらず、独学で勉強をしているうちに“大学に通いたくなった”とのこと。

仕事をしながらも、興味のあることをしっかりと学びたいという思いから、東京大学を志望されます。

一般受験、センター入試で5科7科目を受験されています。

どんな勉強法を実践していた?

知識の吸収だけではなく、受験における出題の傾向をまずは掴むことを考えていたという佐々木さん。

東京大学では一問一答形式ではなく、記述式ということもあり、知識はつなげて覚えていくという意識を大切にされていたそうです。

また部分点を落とさないことを意識し、どういったところに配点がされるのか、などの情報収集も欠かさなかったようです。

一日何時間勉強していた

声優としてのお仕事もされながらの受験勉強ということもあり、「一日にこれくらい」という明確な基準はないとのこと。

お仕事が丸一日続いてしまうこともありましたでしょうし、不定期なご職業ですので、合間合間の時間を有効に活用されていたのだと予想されます。

メンタルの保ち方

模試の結果は常に「D判定」で、最終的には「A判定」まで判定を上げましたが、ご自身の心境としては

「最終的に本番の試験で合格できればいい」と言葉にされています。

模試は試験慣れの場として割り切られていたそうです。

「最後の本番の試験で合格できればいい」というのは、まったくもって仰る通り!とは思いますが、なかなか難しいですよね…。

佐々木さんは、「声優、東大に行く 仕事をしながら独学で合格した2年間の勉強術」という書籍を刊行されています。

ご興味のある方は、ぜひお手に取ってみてはいかがでしょうか。

なおオーディオブック版では、ご自身で朗読されているそうです!

まとめ:佐々木望さんは飽くなき知識の探究を続ける声優

出典:佐々木望さんご自身のXアカウントより

この記事では、佐々木望さんの経歴・プロフィール、声帯炎を乗り越えることがきっかけとなった、東大受験についてまとめてきました。

人間には「知識欲」といったものが存在していますが、学校の勉強は将来の役に立つか不透明ということからもなかなか真摯に向き合えませんでしたよね。

自分の好きなことを突き詰めることは、多くの方ができることかと思いますが、それが「勉強」だった。

というのはうらやましい限りです。

これからも佐々木望さんの活躍にご期待ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました