セリフォス 競走馬メモ

サ行

このページはセリフォスの競走馬メモです。

馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム
調教師:[西]中内田充正

主な勝ち鞍:2021新潟2歳S2021デイリー杯2歳S

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(3-1-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)1
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)11
小倉(右)

セリフォスの脚質に関する考察

・先差し

テン1F平均は13.0と中距離では平均的も、マイル前後であれば少し遅めで自然とポジションは後ろめになりそうです。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2021 デイリー杯2歳S 評価【B】–1着

朝の時点で一番人気。すでに重賞タイトルも持っており、実績はメンバーの中では随一。

長くいい脚を使えるのがこの馬のストロングポイント。
ただ気になるところが一つだけあって、2戦ともに最後は内ラチを頼っている点がどうも気がかり。
新馬戦でも少し外に張ってしまったりと、まだ課題も残っていそうな感じ。

結果を見ればただの杞憂に終わるなんてことも全然ありえそう。
でも初の右回りであったり、初対戦のメンバーとの力関係など安易に1番人気だからといって飛びつくのには疑問が残る。

レース後メモ

道中は後方で折り合いに専念。
4コーナーで一気の加速で直線もその勢いままに先行各馬をねじ伏せた。
かなりの回転力でマイル前後なら今後も主力候補。

2021 朝日杯FS 評価【A】–2着

新馬、新潟2歳ステークスと、若干左回りではモタレたり、ラチに頼るような部分があったような印象だが、前走は今回と同じ舞台の右回りデイリー杯2歳ステークスで大外からの一気を決めて圧巻のパフォーマンスを見せた。

何より強調材料となるのは、この馬の推進力のある走法。
追い出されてからの迫力ある走りは既に古馬相手にも通用しそうなほどの完成度。
今回も多頭数を捌いて能力発揮ならまず上位と見たい。

前走後も鞍上からは「まだ余裕がありそうな感じ」とさらなる上積みも期待できそうなコメント。
その鞍上が今回また替わることだけが唯一の不安点。
C.デムーロ騎手は勝率3割に、3着率では4割を超える文句なしの成績ではあるものの、先週もナミュールで痛恨の出負けで4着。

いくら追い切りで跨ったとはえ、G1テン乗りは若干怖い。
よほどのことがなければ3着を外す感じもしないものの、取りこぼす可能性は十分と見た。

レース後メモ

これまでの形とは異なり、序盤から少し出していく形も若干道中ポジションを下げチグハグ。
直線は上手く外に持ち出して追い出したが、前付けが仇となったか、勝ち馬の程よい目標になってしまいかわされる。

2022 NHKマイルカップ レース後メモ–4着

発馬を決めるも2F目から結構キツめに力む。
なんとか道中で折り合ったが、直線は伸びづらい最内を選択することに。
差し、追い込みが完全に台頭するレースだったし、直線の通った場所を考えるとかなり強い内容。

血統背景・雑感

父:ダイワメジャー
母:シーフロント
(母父:Le Havre)

母:シーフロントはフランス産馬、通算23戦5勝。
マイルG3で3着というのが主な実績。

母父:ルアーヴルはクリストフ・ルメール騎手をダービージョッキーにした名馬で、日本ではデゼルなどの母父でもあります。
グロリアスソングの血を引いていることからも日本芝での親和性も高いと個人的には感じています。

ファミリーとしては、プルパレイやファストフォース、ケイアイノーテックなど日本では短中距離に対して活力のあるところが特徴的と言えると思います。

同馬の馬体はいかにもなダイワメジャー産駒らしい筋肉量豊富のガッチリした馬体の持ち主で、前勝り。高い心肺機能でピッチ走法、一気の追い上げが武器。

今後の課題は精神面の部分。
少し噛んでいってしまう部分があるので、その点のケアがうまくできるようであれば古馬相手でもマイル路線では中心的存在となるのではないでしょうか[2022/05/31]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました