ヴァンドギャルド 競走馬メモ

ア行

このページはヴァンドギャルドの競走馬メモです。

馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム
調教師:[西]藤原英昭

主な勝ち鞍:2020富士S

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-0-3-7)(1-0-0-1)(2-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
※海外レースの成績は含まず

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)214
中山(右)1
中京(左)
京都(右)111
阪神(右)212
小倉(右)

ヴァンドギャルドの脚質に関する考察

・先差し

テン1F平均は13.0と遅くもなく速くもないのかなという時計の持ち主。マイル前後であれば少し後ろからになることが多いのかなという印象もありますし、個人的にはあまりスタートは上手ではないイメージがあります。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:ディープインパクト
母:スキア
(母父:Motivator)

母:スキアはフランスのG3、フィユドレール賞(芝2100m)の優勝馬。
近親にはイギリスオークスやヨークシャーオークス優勝馬のLoveがおり、またファミリー的にもフランケルやスノーフェアリー、ハービンジャーといったような欧州最強馬の名を連ねます。

母の実績と父:ディープインパクトという構成を考えると距離適性に関しては中距離〜長距離までこなせそうに感じますが、デインヒルやゴーンウェストが前面に出ているのか馬体を見ると全体的にどっしりとしており、背中は短め。胸前の発達が目立つマイラー体型だなという印象を受けます。

四肢も長めではないことから、ピッチ走法であることが推測でき、繋ぎは立ち気味ということから重馬場はかなり得意であると考えられます。
この辺りはMotivatorの影響が強く出ていると思います[2022/05/30]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました