日本ダービー 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では5月29日、東京競馬場で行われる日本ダービー【東京優駿】の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また各馬の項目下にはその馬の好走パターンに関する考察や血統背景についての記事も併せてご覧いただけますのでよろしければ予想にお役立てください。

日本ダービー 出走各馬の見解

アスクワイルドモア【C】

京都新聞杯の優勝馬。
優秀な勝ち時計もこれはレースが前半からかなり流れた展開になった影響のものかと思われますので、能力の高さを示す以上に恵まれた面が大きかったのかなと見ています。

これまでの走りを見るに、展開待ちな面がありますし、前走のようにその辺りがハマってくれないことには少し上位争いへは差があるのかなと見ています。

早めに動こうにも動きづらい枠に入ってしまいましたし、そもそも追われて渋いところがあるのでなかなか思うように追い上げられないとも見ています。

セイウンハーデス【B】

プリンシパルSの優勝馬。
上位候補とは地力でやや差を感じるものの、ゲートが安定しており、しぶとい脚を繰り出せる点で好センスだなと思っています。

まだ走りから幼さも残りますし、前走も直線では内ササっていこうとするのを矯正しながらの走るで、本格化はまだ先と考えます。

それでも持久戦になればもしかしたら一発があるかもしれませんし、跳びの大きな馬なので引き続き東京コースはプラスに働くとみています。

アスクビクターモア【B】

ディープインパクト産駒ながらもキレる脚というよりかはジワジワ伸びて勝負に参加するタイプのアスクビクターモア。

皐月賞では、他に行くと目された馬が行かない中で、逃げる競馬を選択し気分良く運べたことが好走へつながったと見ています。

それでもトラックバイアス的には、恵まれない内側を通っていたので、何もかもがうまくいった一戦ではなかったと振り返ります。

この馬の特性から、これまでの実績は中山に集中し、東京では勝ちきれない競馬が続いていますが2400mくらいまで距離が伸びれば、ただのキレ味勝負とはまた条件が変わりますし、ロスなく運べる今回の枠もまた魅力です。

今回のメンバーや条件下では、馬券的に抑えられると安心な一頭かなという印象です。

マテンロウレオ【C】

折り合いに難しいところがあるようで、きさらぎ賞までは順調のように見えましたが、そこから弥生賞で噛み合わない競馬をしてしまったがためにリズムを崩してしまったのかなという印象です。

春の最大目標はここで、おそらくレース後は休養。
陣営としてもできることをやってきていると思いますが、クラシック戦線を前にテンポを悪くしてしまった点がやはり気がかりです。

ピースオブエイト【C】

毎日杯優勝馬。昨年はここからダービー馬が出ているだけに軽視はできないと思いましたが、今回はC評価を打つことにしました。

相当能力は高いと思いますし、何よりここまで無敗であることがそれを物語っています。

ただ、活躍の場がマイル前後であることと、前走の内容も出遅れながら逃げて勝つといったような本当に能力だけで走っている印象を受けるので、全体的な完成度という点でまだ上位候補の馬たちとは差があるのかなと思います。

秋以降にもっと力をつけてくると思うので、見解や予想としてはここは経験の場だと割り切らせてもらおうと考えています。

プラダリア【B】

青葉賞勝ち馬。
好位で運んで直線はしっかりと伸びて先行馬を捕らえ切るという教科書に載っているような理想的な競馬での差し切り勝ちでした。

この組み立て方の上手さからセンスを感じますが、今回皐月賞組と混ざった際の能力比較ではやはり少し劣るのかなと考えています。

青葉賞はかなりの前傾ラップながらも全体時計としては平凡だったので、展開の違いに対応できるのかが不安点です。
ただ同舞台で既に結果を出したこと、今回も好枠ということから評価はB。
紛れがあれば上位へ顔を覗かせる場面も考えたいなと思います。

オニャンコポン【B】

前走は1コーナー前で他馬を接触したことが尾を引いたとのことでしたが、外差しの決まるトラックバイアスの中でもやはり最後はキレまけしたなという印象が強く残ってしまっています。

これまでにも東京コースで実績は残していますが、本質的にはやはり直線が短く坂のあるような中山コース向き。

エイシンフラッシュ産駒であることからも高速決着への対応に限界があるタイプですし、日曜日まで雨の影響が馬場に残れば話は変わってくるのかなと思いますが、乾いてしまうと上位とは差があるのかなと。

好きな馬ですが紛れた際の3着候補として、今回はB評価に留めたいと考えています。

ビーアストニッシド【C】

前走はハナに行けず、あまり味もなかったので、今回も前々で競馬ができないことには少し見せ場を作ることは厳しいのかな。そんなふうに考えています。

アメリカンペイトリオット産駒として期待していますが、おそらく今後も産駒傾向としてはその気性的な前向きさを活かして1200〜1800mで活躍馬を出すと思いますし、同馬もそれに該当すると思います。

経験豊富なところは強みですが今回は距離が長く、ここでは一枚落ちるのかなと思います。

ジャスティンパレス【B】

まだまだ馬も若ければ今回に際しては仕上がりも微妙な感があります。
1番狙いたいのは夏を越えてからですし、菊花賞に出走できればそこで真価を発揮してくれそうだと思いますが、ここでも素質だけで走ってくる可能性を考えてB評価を打ちます。

ダービーはディープインパクト産駒×前向きさの強いアメリカ血統の組み合わせが強いという傾向を考えるとこの馬はディープインパクト産駒と重厚なスタミナ構成なので、キレまけやスピード比べで劣ることも十二分に考えられますが、先にも書いたようにうまく流れに乗れたらホープフルSのような力走も考えたいので、先物買いの意味も込めてここでは評価を高めに据えておきます。

マテンロウオリオン【B】

NHKマイルカップからの厳しい臨戦過程になりますが、今回は買います。

父がマイル志向の強いダイワメジャーということを除いては、とても綺麗な血統構成で、ドゥラメンテなどにも似ている配合型。

前走もテンから急かすような競馬をしていませんし、一気の距離延長となる今回に関してもそれほどに折り合い面で苦労するとは考えづらいと思います。

鞍上的にも不気味な魅力がありますし、距離さえクリアできれば前走同様に追い込んでくる姿の再現は可能なのではないでしょうか。
穴候補として期待を添えます。

ジャスティンロック【B】

抽選を突破。ここは条件替わりでしっかりタメて直線弾けさせるような走りができれば一発があってもと。

元よりリオンディーズ産駒は根幹距離に強い特性がありますし、牝系からしても今回の舞台で距離が長すぎるということもないと思います。

元より長くいい脚を繰り出して京都2歳Sを勝っているくらいですし、持久戦寄りな今回の舞台の方がここ2戦よりかは条件はいいのかなと考えます。

ダノンベルーガ【A】

皐月賞へ向けては「間に合ったから出した」という感じで、まだ本域の仕上げではなかったことがまず一点。

実際のレースは終始、掘れた厳しい芝の上を走らされ、トラックバイアスに逆行しながらも4着に踏ん張ったことは素直に評価すべきだと思います。

本質的にここまで高いパフォーマンスを発揮してきたのは東京コースですし、ここで割引く材料というのも特に見当たりません。
馬体に関しても完全にここを最大目標として作り込まれてきた感が強くします。

ハーツクライ産駒でも母系が若干スピード勝りで2400mは若干長いのかなと思いますが、3歳のこの時期なのであまりその点も気にしなくていいと考えますし、最有力候補の一頭でしょう。

ドウデュース【A】

皐月賞は追い込みにかけて、この馬の末脚を測ったかのような内容に映りました。
ああいう競馬をするということ、展開がハマるの読んで乗ること自体、2400mは距離が長いんだろうなと思いますが、これまでのポテンシャルでカバーできないかなと思っています。

ただ脚は長めですし、胴も短いわけではなく、ギリギリまで造り込んで目標に向けてやれることはやり切ったっという印象をフォトパドックからは受けました。

ある種、この戦線では善戦マンで終わってしまうことも考えられますが、海外志向の強いオーナーサイド。
夢の凱旋門賞に向けてもここで下手なレースはしてほしくないなという願望も込みでA評価を打ちます。

デシエルト【B】

前走は発馬直後につまづいて、自分の競馬ができなかったデシエルト。

次に向けて収穫のある一戦というコメントは出ていたものの、最後まで持たせるのは容易なことではないでしょう。

ただデシエルトは、馬体の感触から牝系的な特徴を結構濃く引き継いでいる個性の持ち主とも思えるので、うまく折り合うことさえできれば距離はギリギリ守備範囲内と考えてもいいかもしれません。

ただし、父の前向きさも表に強く出ている印象なので、繰り返しになりますが折り合い次第と見ます。

ジオグリフ【B】

皐月賞馬ですが、少し評価を落としてみたいと思います。

やはりここにきてノドの影響も気になるところですし、そういった不安を抱えた馬が400mの距離延長をクリアできるかどうかというのはなかなか簡単ではないと思います。

またフォトパドックを見て感じたことは、明らかにマイラー体型でここ向きではないなということ。

加えて皐月賞は、鞍上があまりにもうまく乗りすぎたので、それを今回も求めるのは酷かなと考えています。
皐月賞でも買い目に含めていましたが、個人的にはここでも半信半疑でしたし、条件が好転する要素というのがジオグリフにはないと考えています。

キラーアビリティ【B】

皐月賞では出遅れ、そして道中は力みながら終始馬場の悪いところを通るという全ての災難が一斉にふりかかったような最悪の内容で、巻き返しがあるなら間隔の詰まった今回かなと考えています。

2歳チャンピオンなので、能力に関しては疑いようがありません。
鍵は当日のテンションに尽きると思います。

やはりこの馬も牝系の影響か前向きさを一つ武器としているのと、馬体の写りからも少し距離は長いのかもしれませんが、外目の枠で気分良く運べれば怖い存在で、個人的に買い目には抑えたいところです。

ロードレゼル【C】

青葉賞2着。前走は我慢の効かなくなった馬にけしかけられる格好。
この馬も序盤はハミを取ってしまい、速い流れの2番手追走も途中からは単騎2番手で気分よく行ける形がハマり最後まで踏ん張りました。

まだまだ幼さが残るなというのが個人的な印象で、前走のように単騎で気分良くレースメイクできるようにも思えないことと、結構消耗しそうなレース内容にも映ったので、その点のケアに関しても掴みきれないところがあるので評価はCを打ちます。

イクイノックス【A】

この世代を最も面白くして、最もファンを悩ませる存在だと思います。

皐月賞はトラックバイアスが大いに味方をしてくれたとはいえ、それでも1コーナーでは他馬に接触するシーンがあり、そこからハミを噛み脚を使ってしまったなど決してうまくいった内容ではなかったと振り返ります。

今週から東京芝はCコース、金曜日は大雨でその後はピーカン照りとなると芝コースは踏み固められて超イン前有利の高速馬場になりそうな予感がしていますが、それをも跳ね除ける素質に期待してみたくなる存在です。

過去に大外枠がG1で当たった際に「最高の枠を用意してもらった」と皮肉った鞍上が立て続けにG1で大外枠が当たる姿を見ているとJRAの呪いを感じますが、それでも持ってくるのがルメール騎手だったりするので、当然ながら軽視はせず。

万一、雨の影響が残るような馬場コンディションであれば中心視をすると思います。

Tomの予想は

俺プロでは以上の5頭のBOX買いでいこう思います。
現実の馬券では他の馬券も購入しますので、その点ご了承ください。

◎ダノンベルーガ…土曜日の東京芝を見ると、内外の有利不利はほとんどないように思いました。なのでまず外目の枠は関係なしと判断。

前走は終始身動きが取れなかった中で、最後まで踏ん張ったことを考えると悪い内容ではありませんでした。
新馬戦、共同通信杯と鋭い末脚で勝ってきましたが、皐月賞からさらに成長があるとするならばある程度ポジションを取っての競馬が叶いそうですし、先行粘着型の血統構成でもあると思うので、展開面に左右されない強みがあると思います。

いいポジションで運ぶことへの意識がとても強い鞍上なので、中団前想定で4角先団。
直線早め先頭から押し切る内容で今回勝負してくることを読んでこの馬本命から入りたいと思います。

歴代の皐月賞馬やダービー馬との比較で劣ると言った声も散見しましたが、あくまでもこの世代はこの世代でしょう。

○ドウデュース…皐月賞の内容を見るとやっぱり2400mという距離はながいのかなと考えましたが、ここ何年かのダービー好走馬としてはサンデーサイレンス系(ディープインパクト)×アメリカ色のスピード感あふれる牝馬という組み合わせで、これに該当するので逆転を見越した2番手評価でいきたいと思います。

▲アスクビクターモア…決め手に欠く特性から、東京コースはいいとは言い切れないところもあります。
それでも2400mは合いそうなスタミナ構成ですし、距離延長はマイナスにはならないでしょう。
3歳のこの時期にしてはかなり完成度も高い馬だと思うので、好枠を活かした田辺騎手の憎い(褒め言葉)騎乗に期待しています。ただ気が勝っているので折り合いだけ課題です。

△マテンロウオリオン…穴で狙うならこの馬です。競馬は格なのか血統なのか色々な考え方があるとは思いますが、この馬は格的には劣らないと考えています。後は血統面、父がダイワメジャーなのがどうなのかだけ。構成としてはとてもバランスの良いところがこの馬の最大の魅力ですし、馬体もそれを体現したかのような前後のバランスが整った馬。戦法もなんでもできるイメージなので、後はポツンマジックにかけます。

△イクイノックス…強いです。前回も大外枠を引いて、他馬と接触して力む姿もありましたが、それでも2着にまとめたのは優秀というほかありません。
評価をここまで下げたのは、土曜の時点で内外差のない馬場だからということに尽きます。
それならば内寄りの馬たちを印上では重めに取ってみたというだけで、当然この馬の頭があってもと考えています。

他、リアルの馬券で抑える予定の馬

ジオグリフ…地力はたしかも、皐月賞は会心の内容。ダービーはおんなじようにはいかないのかなという点、そして適性的にも少し的は外れているような感じもしています。勝ち切られたら脱帽です。

ジャスティンパレス…見解にも書きましたが、先物買いで。完成はまだ先も素質は相当高いとみています。

デシエルト…母のアドマイヤセプター同様、かなり気が勝っている点がネックですが、馬体のシルエット的にはスラッと伸びた四肢に胴長の体型。2400mうまく折り合いをつけることができれば、ロジャーバローズのようなパターンがあっても。

キラーアビリティ…皐月賞はスタート出遅れ、能力を発揮しきれない内容。この馬も気の荒い点がありますが、継続騎乗ですし巻き返しに期待します。
本当に良くなるのは、休みを挟んでの秋以降かもしれませんがここも抑えたいと思います。

プラダリア…青葉賞のレースレベルに関しては個人的にかなり疑問が残りますが、好位から無駄なく運んで結果3着争いの圏内なら十分にあり得るなと考えました。近年ではヴェルトライゼンデの再現をしてきそうな予感。

平場で狙いたい馬

ここでは平場で狙いたい馬を記載していきます。

新潟6Rリッチブラック…勢いのある減量騎手起用で、引き続き同舞台。前走は早めに動いた分、最後は甘くなりましたが、自分で動く競馬ができるなら現級突破の順番は近いと思います。中長距離をこなせる下地もある血統ですし、上位視。

東京8Rダノンターキッシュ…展開待ちな面は否めませんが、前走は距離延長で結果を出した同馬の更なる上積みに期待。メンバーは揃ったものの、他の上位人気馬に決定的な決め手がある馬もいないと思うので、最後の差し比べで台頭できるような展開になれば。

新潟11Rトーホウディアス…今回は連闘。かなり間隔は詰まりますが、これは好調の裏返しと見て。今のトラックバイアス的に1番外枠は恵まれていますし、母父:サクラバクシンオーを思うと一見スプリンターにも見えなくもないですが、母母父:チーフベアハートから新潟の長い直線にも対応可能な持久力を補完している構成と見て。

中京11R◎アサヒ、○ヴェローナシチー…二頭ともダービー除外馬。アサヒに関してはゲートが最大の課題ですが、どちらとも大一番に向けての仕上げでしょうし、堅いですがこの二頭はしっかりまとめてくる走りをするのかなと見ています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました