ラブパイロー 競走馬メモ

ラ行

このページはラブパイローの競走馬メモです。

馬主:増田陽一
生産者:トラストスリーファーム
調教師:[東]大和田成

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(0-0-0-2)(0-0-0-0)(1-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-1-1)(1-0-0-2)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)[1]
新潟(左)[1][1]
東京(左)
中山(右)12
中京(左)
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

ラブパイローの脚質に関する考察

・先行

テン1F平均は12.8とマイル前後では、好位で運べるくらいほどの出脚の持ち主。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:パイロ
母:グッドファッション
(母父:アドマイヤマックス)

母:グッドファッションは未出走。
牝系では4代母のChalonから函館2歳Sを制したモエレジーニアスが送り出されています。

他、地方競馬で複数勝利を重ねている産駒が目立ち、全体的にパワーや短距離からマイルまでの距離適性があることが牝系の特徴として挙げられると思います。

ラブパイロー自身の血統構成は、パイロ×アドマイヤマックス、さらには母母父:フォーティナイナーであることからも完全なスプリンターですが気分良く逃げることができればしぶとく走り、実績を残しました。

これはアドマイヤマックスは現役時代はスプリンターでしたが、配合型は中距離でもありますし、代表産駒にダート中距離馬のケイティブレイブがいるように距離適性はもしかしたら思ったよりも長めに引き出すのかもしれません。

ベストはミモザ賞のようなスローでの逃げや、時計をかけての逃げ。
距離ではマイル前後がベストかなと感じています[2022/05/20]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました