アートハウス 競走馬メモ

ア行

このページはアートハウスの競走馬メモです。

馬主:H.H.シェイク・ファハド
生産者:三嶋牧場
調教師:[西]中内田充正

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)
中京(左)
京都(右)
阪神(右)21
小倉(右)

アートハウスの脚質に関する考察

・先差し

テン1F平均は13.0と中距離馬としては遅くもなく速くもない感じ。
時計の幅もなく、スタートはかなり安定しているのかなと思います。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

忘れな草賞(L) レース後メモ

スタートは5分。4番手からレースを進める。
追い出しをギリギリまで我慢したような格好だったが、直線前が開くと鋭く伸び、突き抜けた。能力は感じさせる勝ち方。

血統背景・雑感

父:スクリーンヒーロー
母:パールコード
(母父:ヴィクトワールピサ)

祖母:マジックコードからは阪神JF2着のシークレットコードが送り出され、母:パールコードも秋華賞2着とタイトルまではあと一歩も、牝系としては走る馬の仕上がりの早さが目立ちます。

全体的にヘイロー色が強く、日本の芝でしっかり走れそうな素養の持ち主。
走りからもタメて一気に差すようなサンデーサイレンス的特徴もしっかりと引き継いでいる印象を受けます。

さらに母母父はリボー系のLost Codeであることから体力面も補完されている構成。

皮膚は薄く、母ゆずりの品のある立ち姿で、馬っぷりの良さがセールスポイント。
父がスクリーンヒーローであることからも成長力にも期待でき、オークス以降夏を超えての活躍にも期待している一頭です[2022/05/16]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました