ソダシ 競走馬メモ

サ行

このページはソダシの競走馬メモです。



馬主:金子真人HD
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]須貝尚介

主な勝ち鞍:2020札幌2歳S、アルテミスS阪神JF2021桜花賞札幌記念

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(6-0-0-2)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-1-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)2
函館(右)1
福島(右)
新潟(左)
東京(左)1[1]1
中山(右)
中京(左)[1]
京都(右)
阪神(右)21
小倉(右)
[]内はダート成績

ソダシの脚質に関する考察

・先行

テン1F平均は12.6と速め。ハイセンスの馬でポジション取りにはまず苦労しない印象です。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2021 チャンピオンC 評価【B】–3着

3歳牝馬トップレベルで活躍を続けたアイドルホースのソダシ。
注目の集まる初ダートだがSNS上では結構厳しめな見解が多め。

【その1】最内枠に入った以上は逃げるしかないがスタート速くない
→最内枠に入ったからという理由でソダシが急に絶対逃げるマンになるとは思えない。
確かにこの馬はスタートが良いのではなくて、センスが良い(2歩目以降が速いので好位が取れる)タイプ。

【その2】砂を被ったら嫌がって厳しいのではないか
→こればっかりはやってみないことにはなんとも言えない。嫌がる嫌がらないについては色々理由をつけようにも水かけ論にしかならない。

【その3】そもそもクロフネ産駒であってもダートを上手くこなせないのでは
→個人的にこれはあると思っている。後にも書こうと思っているがクロフネ産駒の牝馬は基本的にスピード能力に優れる傾向にあるので、パワーが必要な中京コースのダート1800mはどうなんだろうなとは感じる。

次に個人的にソダシに関して感じることは

・須貝調教師の「挑戦者の立場」という言葉の裏を感じ取ることが大事
→これは当然まだ芝での活躍を睨んでいるということへの裏付けだと感じた。
あくまでもダート挑戦は「お試し」である可能性が高く、ここで目一杯に仕上げてくる感じがあまりせず。

・あれだけ皆口を揃えてダートを使えといいつつ、競馬予想家たちは最内枠に入った瞬間ネガキャンに走りすぎでは?
→隣に逃げたいカジノフォンテンが入っただけに砂を被ってしまう確率は非常に高そう。
ただこれが致命的な悪影響を及ぼすかどうかについては本当になんとも言えない。

あとあくまでも主観的な話だが、競馬好きな人ほどスターホースやアイドルホースを変に忌み嫌う傾向にあるので、競馬予想が上手なインフルエンサーの発言であろうとも冷静な見極めが必要とは思う。

・クロフネ産駒の強い牝馬は芝に良績が集まっている
ホエールキャプチャ、アエロリット、カレンチャン、スリープレスナイトとクロフネ産駒で活躍する牝馬はスピードに能力にかなり長けている馬が多い。
ソダシも2歳と3歳春に高速馬場には対応できないと言われ続けながらも、スピードと持久力で阪神JF、桜花賞を制した点からソダシ自身もこのクロフネ産駒の強い牝馬の特徴をよく捉えている馬だと考える。

レース後メモ

最内枠からスピードに乗ってハナへ。レースを引っ張ったが直線に入って一杯という完全な力負け。古馬混合戦ではハードルが高かった。

2022 フェブラリーS 評価【C】–10着

前回よりかは競馬がしやすいと思うし、コースも合いそうな印象。
競馬のセンスは抜群も、気が入っていないような走りが秋華賞、チャンピオンズカップと続いたので、ここでワンターンに舞台を戻してくるのは良策だと思う。

よく言われるダート適性に関しては、シラユキヒメ牝系そのものがダートに強いので、気にしなくても良いと思う。加えてソダシの場合は高速の芝でも対応力を見せスピード能力や踏ん張る力もあるので、東京の1600mは中京1800mよりもかなり合うと思う。

おんなじようなことを繰り返して書いてしまったが、それでもC評価にとどめたのは相手関係から。
これが牝馬限定戦であれば見直せるものの、混合戦でG1となると適性面では抜群かつ能力の高い筋肉量に優れた男馬ばかりが相手で、生物学上どうしても牝馬は不利になってしまう。

つまりはスペシャリスト集団が相手なので、芝ダート二刀流牝馬というのはとんでもなくハードルが高い。
過去10年のレースを見ても牝馬で入着があったのは2018年のレッツゴードンキ5着が最高という結果がこれを物語っていると思う。

ドバイワールドカップ2着のトゥザヴィクトリーでもフェブラリーステークスは勝てないレースだったので、適性面では前走よりマシもここで気持ちの面で課題を残すソダシが浮上する余地には疑問を残した。

レース後メモ

ややアオリ気味に出たが、ダッシュついて3番手からの競馬。
途中テイエムサウスダンに前に出られたりする場面、カフェファラオにあっさりかわされる場面もあったものの最後まで気持ちを切らさずに走れていたと思う。
スピード競馬が得意なソダシにとっては、脚抜きの良い馬場が好走の要因だったとも言える。

血統背景・雑感

父:クロフネ
母:ブチコ
(母父:キングカメハメハ)

祖母:シラユキヒメから繁栄している白毛一族の一頭。
ダートで好成績を積む馬が多い中でソダシは芝・マイルでG1を2勝。

先に紹介した通りダートでの活躍馬が多く出ているように牝系はパワーに優れており、さらに走るクロフネ産駒の牝馬らしくトップスピード高さを持ち合わせていることがソダシの最大の強みだと思います。

サンデーサイレンスの血は、母母父に持つのみですがそれでも高速決着にも対応できるのは、スピードに秀でたクロフネ産駒であることと、キングカメハメハが入ることで持久力が補完されているからであると考えます。

気難しさものぞかせる一族でムラっぽいところもありますが、裏を返せばこれが高いレースセンスや前向きさにもつながっています。

立ち繋ぎであることや牝系からダートも当然こなせるとは思いますが、馬体はスラッとしたラインの持ち主で本質的にはやはり芝向きかなというのが個人的な感触です。

前後の比較でも前が勝っているシルエットから、実績を残しているような芝マイル戦が1番ベストな舞台でしょう[2022/05/11]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました