デアリングタクト 競走馬メモ

ダ行

このページはデアリングタクトの競走馬メモです。

馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング
生産者:長谷川牧場
調教師:[西]杉山晴紀

主な勝ち鞍:牝馬三冠

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(3-0-1-1)(1-0-0-0)(1-1-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)111
中山(右)
中京(左)1
京都(右)3
阪神(右)1
小倉(右)

の脚質に関する考察

・差し

テン1F平均は13.3とスタートはそこまで速くないタイプも終いは確実。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2022 ヴィクトリアマイル 評価【B】–6着

追い切りでは抜群の動きに見えたデアリングタクトですが、今回は強気に推せません。

右前の繋靭帯の故障から長い休養明けということがやはり最大の要因です。

馬体も大きく増やしていることに関してはフォトパドックを見た感じでは成長分という判断でもいいのかもしれませんが、実戦に行って中身ができているかどうかというのは追い切り内容ではどうも判断しかねます。

格だけで言えば、無敗の牝馬三冠馬な訳ですから、この面子相手に星を落とすということは考えづらいですし、アッサリ突き抜けてもおかしいとは思いません。
しかし長欠明けからの大幅馬体増は気になります。

今回はもし買うとしても抑えまでにします。

レース後メモ

+22kg。太め感はなくとも気合はあまり感じられない気配。
レースは最内枠から好位の後ろで運ぶ。かなり差しの決まりづらいトラックバイアスの中でもこの馬の脚はしっかりと繰り出しての6着に思う。

血統背景・雑感

父:エピファネイア
母:デアリングバード
(母父:キングカメハメハ)

曽祖母:デアリングダンジグは、スーパーダービー優勝馬のEcton Parkや武蔵野S優勝馬のピットファイターといったまさにダンジグの直仔らしいダートスピード競馬での活躍馬を輩出。

祖母デアリングハートはそこにサンデーサイレンスを配されたことにより、タメる上手さと日本芝への適性を補い、さらに母のデアリングバードはキングカメハメハとの組み合わせで底力やマイル前後への適性を強化。
現役時代はクイーンS、府中牝馬Sを勝利、さらにはNHKマイルCや桜花賞、ヴィクトリアマイルでも好成績を残しました。

デアリングタクトは母や祖母のスピード能力を十分に引き継いだだけではなく、エピファネイアからのしぶとさ、体力面をも補完したような血統構成で、マイラーというよりかは中距離向き。

サンデーサイレンスの4×3、サドラーズウェルズ×ヌレイエフのニアリークロスでスピード、スタミナを刺激したような背景もあり、綺麗な血統構成でなるべくしてなった牝馬三冠馬だと思います[2022/06/24]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました