タガノディアマンテ 競走馬メモ

タ行

このページはタガノディアマンテの競走馬メモです。

2022京都記念終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:八木良司
生産者:新冠タガノファーム
調教師:[西]鮫島一歩

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-1-1-8)(0-2-0-0)(0-0-0-1)(0-0-0-1)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)12
中山(右)15
中京(左)
京都(右)113
阪神(右)11
小倉(右)

タガノディアマンテの脚質に関する考察

・追込み

過去10戦のテン1F平均は13.8とかなりスタートは不安定なタイプかなと思います。過去ステイヤーズSでは途中から逃げる格好でレースメイクをしたこともありましたが、基本的にスタートはそこまで上手ではないと考えた方が良さそうです。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2022 中山金杯 評価【B】–4着

脚元の不安から今回は約1年ぶりの出走となる。
オルフェーブル産駒らしいステイヤーで、これまでも万葉ステークスやステイヤーズステークスで結果を残してきた。

年齢の割にはまだキャリアをそこまで重ねていないく、馬は若いと見て6歳ながら力の衰えはそこまで心配しなくても良さそうだ。
加えて鉄砲明けでも結果を出している。

しかし2000m戦はタガノディアマンテには若干忙しい印象があるのと、やはり脚元の不安から長いこと休んでいた部分は減点の要素としか言いようがなく、強気には推せない。

レース後メモ

道中は中団よりも後ろから。4角、直線と捌いて最後は2着争いの一角。
若干スムーズに捌けなかった分の4着だと思う。

2022 京都記念 評価【C】–2着

前走は1年ぶりながらもしっかりと結果を残してきたタガノディアマンテ。

陣営としては思っていたよりもしっかりと駆けてきた印象らしく、今回その反動も感じられず好調はキープしているとのこと。

スタミナに優れているタイプで、体力勝負ならここでも十分に通用の目があってもと思うが、今日のように結構時計が出る芝の状態ではどうだろうか。
最内枠からロスなく運べることは魅力で、ロスのない競馬であとはどこまで追い上げが効くかどうかという展開の助けも欲しいところ。紐穴候補として。

レース後メモ

好枠を活かしてロスのない競馬に徹した。
スタンド前から向正面の後半までハミを噛んで折り合いに苦労していたが、消耗しきらず、直線でもしぶとく伸びた。

血統背景・雑感

父:オルフェーヴル
母:タガノレヴェントン
(母父:キングカメハメハ)

兄弟馬には武蔵野ステークスをレコードで制したタガノトネール。さらには障害競走で活躍を見せるタガノエスプレッソがいます。

これまでには万葉Sを勝利、さらにはステイヤーズSでも積極策で2着と体力面に優れているところを十分に示してきている馬です。

ノドの手術や脚部不安を乗り越えて馬体は3歳の頃からの比較でも全体的に力感が溢れるようになってきている印象を受けます。
毛色や実績、気持ちの強そうな一面もあり、馬体も胴長でオルフェーヴルに似ていることから3600mをもこなしてきたように思いますが、ここにきて全体的にキングカメハメハの影響も出てきた感じもあり、現況では2400〜2600くらいが1番合うのかなと感じました。

左回りでは過去に調教再審査になったこともあるので、狙いづらいと思います[2022/04/30]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました