ハーツイストワール 競走馬メモ

ハ行

このページはハーツイストワールの競走馬メモです。

2.5早春賞(3勝クラス)終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:嶋田賢
生産者:ノーザンファーム
調教師:[東]国枝栄

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(3-7-0-2)(1-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)1
函館(右)11
福島(右)1
新潟(左)
東京(左)351
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

ハーツイストワールの脚質に関する考察

・先差し

ここ10戦のテン1F平均は13.2と中距離では逃げ馬でもなく、追い込み馬でもなくといった感じ。好走パターンは好位差しなので、理にかなっているのかなと思います。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:ハーツクライ
母:レツィーナ
(母父:キャプテンスティーヴ)

兄には青葉賞3着のヴェラヴァルスター。
母:レツィーナは、JRA4勝。いずれもダートで挙げた実績で守備範囲は1600〜1800mといったところ。

母父:キャプテンスティーヴはドバイワールドカップ優勝馬で、アメリカダートの中距離馬。ここにブライアンズタイムでパワーを補完され、決めてはなくとも力感に溢れて坂のあるコースでも堅実な走りを見せていると思います。

ここに中長距離型のハーツクライを配されることで、ハーツイストワールも中長距離向き。具体的には2200m〜2600mがベストだと思います。

主戦場は東京コースで、右回りの走りは過去に函館コースで1勝を挙げているものの、右回りには疑問が残ります[2022/04/30]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました