青葉賞 出走各馬見解&予想

競馬予想

この記事では5月1日、東京競馬場で行われる青葉賞の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また各馬の項目下にはその馬の好走パターンに関する考察や血統背景についての記事も併せてご覧いただけますのでよろしければご覧ください。

青葉賞 出走各馬見解

クワイエットホーク【C】

今回は好枠を引きましたし、メンバーレベルは上がっても条件面でのマイナスはないと思います。
ただ未勝利戦の勝ちっぷりからしてもまだまだレースに対して気持ちが入っていない感じで、ドタドタ走る姿が目につきました。
良血馬ですが、今回は初の関東遠征ということもあり様子見をしたいかなと思います。

サンライズエース【B】

決め手には欠くものの、前走は重馬場でも駆けましたし、条件は悪くないと思うサンライズエースです。
スタートを決めてやや前目の位置が取れれば、全くのノーチャンスではないと思います。

あまり人気もしなさそうなので、時計がかかりそうなタフな条件下になれば穴馬として狙いでしょう。

プラダリア【A】

今年デビューも、「稍重」くらいの馬場コンディションならばうまく走ってくれそうだと思います。

春の開催から日が経っておらず、良馬場まで回復した際にはどうかなと思うものの、ある程度水を含んだタフな馬場状況になれば、血統的に体力面・力感に下地のあるプラダリアをノーマークは少し危険かなと。

いい枠を引きましたし、ロスのない立ち回りに期待します。
あとは初の関東遠征がどう出るかだけでしょう。

メイショウウネビ【B】

同枠のプラダリア同様、メイショウウネビもとてもタフな条件下でみんなバタバタになれば大穴候補として。

若葉ステークスでは先行勢有利の中、2着とは0.2差のところまで追い上げ、若干脚を余した感じもあり、外回りコースでの施行であれば、馬券圏内もあったのではと思う内容でした。

ここも後方からの競馬になるかもわかりませんが、スタートはそこまで下手ではないので、松岡騎手の積極策が発動すればアタマはなくとも入着、ないしは馬券に絡むことがあっても。

アスクヴィヴァユー【C】

芝では道中の追走力に課題が残る馬だと見ています。
前走の勝ち上がりがダートだったように、ペースが緩んでくれるようであればそこまで苦労することもなさそうですが、テン1Fの時計もメンバー比較で下の方。

差し、追い込みにかける馬に向く展開にもならなさそうなので、評価を下げることにしました。

ロードレゼル【B】

初の東京コースがどう出るか少しわからない部分です。
大跳びで加速するまでに時間のかかるタイプという面を考えると長い直線は悪い方には出ないとは思っていますが、ヨーイドンだと出し抜かれる面も持ち合わせています。

前への意識が強い鞍上を起用しているので、正攻法でのレース運びをした上でどこまで走れるのかを注目する一戦だと思います。
やや人気先行になると思いますが、抑えられる余裕があれば、抑えたい存在です。

ロンギングエーオ【B】

おそらく水を含んだ馬場状態のようなタフな条件下で真価を発揮してくれそうな馬で、明日も雨の影響が残れば穴っぽい存在です。

首を上手に使って走る姿が印象的ですが、あまりスタートが速くないので、中団あたりに構えることができれば理想のポジションと言っていいかもしれません。

ジワジワ伸びる脚がプラスに働く「稍重」〜「重」くらいになれば狙いたいと思います。

オウケンボルト【B】

かなりのスタミナ偏重の血統構成の持ち主で、前走のスプリングステークスは距離が短ければ、大外枠、出遅れとまさに泣きっ面に蜂状態で話になりませんでした。

今回は少し外目の枠は引き続き残念な部分ではあるものの、距離延長は明らかに条件好転と見ています。

後ろからの競馬だと気持ちが入らなかったという鞍上談もあるので、積極的にポジションを取りに行く競馬に期待しています。

ディライトバローズ【C】

前走のゆきやなぎ賞の内容から今回の2400mは長いと見てC評価を打つことにしました。

付け加えるとレースぶりにもまだ幼さが残るようで、直線では左右にフラフラ。
レースセンスの高い馬だと思いますが、今回は見送り候補にします。

距離短縮の阪神or中京コースで狙ってみたい存在です。

レヴァンジル【A】

全体的に重ためな血統構成ながらもレースのセンスが良く、今回外目の枠がどうかも前々で運ぶことができればまず大崩れはないと思っています。

デビューから新潟、中山、東京、阪神とメンバー内ではキャリアの豊富さも好感を持てますし、周りと比較しても素質面でも上位だと思います。

追わせる個性の馬はレーン騎手とも合いそうですし、大崩れは考えていません。
優先出走権を獲得した際、本番のダービーでは総合的に一枚落ちると考えていますが、青葉賞の本命候補として考えています。

エターナルビクトリ【B】

枠の関係もあり、おそらく後方に構えることが予測されます。

その際に差し込めるかどうかが一つ課題ですが、これは明日外差しか効くかどうかにかかっているっと思います。

非ノーザンということもあり、派手さには欠けていますが、スピードや底力、体力と均整の取れている血統の馬だと思うので、素質の高さには期待しています。

ジャスティンスカイ【A】

A評価を打ちますが、本当はもっと内の枠に当たって欲しかったなと思う一頭です。
前走は休み明けで、馬体重+22kgながらも後ろには抜かされる雰囲気なくしっかり伸び切っていた内容を高く評価しています。

明らかに前走以上の状態でレースに臨めるという陣営の話もありますし、血統的にも距離は守備範囲と見て。
馬場が渋ってもこなせる馬だと思っています。

グランシエロ【C】

期待している一頭ではありますが、今回はこの大外枠引いてしまったことが全てです。

2400mは少し長いでしょうし、スタートもあまり速くない個性の持ち主で、コーナー外を回らされるのは厳しいなと感じています。
開き直って最後方まで下げて着狙いの競馬をしてくれれば、話はまた変わってくると思いますが、今回は厳しいと見ます。

Tomの予想

◎レヴァンジル…ここはレースセンス、血統、鞍上などの総合力の高さから見て、レヴァンジルを本命視。死角は決め手がないことと外枠を引いたことでしょう。
優先出走権を得ても今の所ダービーでは重い印を打つ予定はありません。

○プラダリア…明日は降雨の影響が相当残ると見てこの印。前走の馬場が渋っての勝ちっぷりは信頼したいところです。あとは初めての輸送がどう出るかでしょう。

▲サンライズエース…前走は勝ち馬が強すぎただけで、「重馬場」で2200mを2.15.4ならこのメンバーであれば及第点と見て。
正直暇さえあれば差しに構えたがる鞍上なので、その部分が不安材料ですが好枠を活かして最低でも中団で競馬をしてほしいところです。

△1オウケンボルト…前走のスプリングSでは全く競馬になっていなかったこと、そして今回条件好転を見込んでの印。引き続きデムーロ騎手騎乗は心強いですし積極的な競馬に期待したいところです。

△2ジャスティンスカイ…外枠を嫌ってここまで印を下げましたが、前々で運べれば当然この馬にもチャンスがあってもいいと思います。
イクイノックス、ブラックブロッサム同様キタサンブラック産駒は道悪を上手にこなせる傾向にあると読んでいますし、この馬にもその傾向が当てはまるのであればという期待も込めています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました