ダノンギャラクシー 競走馬メモ

ダ行

このページはダノンギャラクシーの競走馬メモです。

2.5に行われた3歳未勝利終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム
調教師:[東]国枝栄

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-1-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)11
中山(右)
中京(左)
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

ダノンギャラクシーの脚質に関する考察

・追込み

テン1F平均は14.0と初戦、2戦目ともにゲートはうまく決まっていません。
キャリアは浅くこれから改善の余地もあるかと思いますが、これは馬の癖かもなという感じもあり、後ろからになることは想定したほうがよさそうです。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:ディープインパクト
母:ベネンシアドール
(母父:キングカメハメハ)

日本では祖母のフェアリードールから繁栄を見せる牝系で、近親にはトゥザヴィクトリー、その直仔トゥザグローリー、トゥザワールド、トーセンビクトリーさらにはビーポジティブ、サイレントディール、フェアリーポルカ、オウケンビリーヴと多くの重賞勝ち馬が送り出されています。

さらに兄弟馬にはデニムアンドルビーやラーゴブルーと芝・ダート問わずに中長距離での力感溢れた活躍馬が輩出されています。

ダノンギャラクシーは父:ディープインパクトに母父:キングカメハメハという構成で、スピード感や底力、体力面と三拍子揃ったクラシック向きに一見思えますが、実際の走りを見るとかなり体力面に振れた感じで、新馬戦、未勝利共に最後まで脚は上がっていないように見えました。
ですが、鋭い脚というよりかはジリ脚で、付くべきとことにまだ力が付ききっていない感じもしました。

本格化するのであれば夏を越えてからor来年になってからかなと今のところは思っています[2022/04/27]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました