クワイエットホーク 競走馬メモ

カ行

このページはクワイエットホークの競走馬メモです。

2022.3.6に行われた3歳未勝利終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:金子真人HD
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]藤原英昭

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)1
小倉(右)

クワイエットホークの脚質に関する考察

・差し

まだ2戦しかしていないので、わからない部分も多く残しますが、テン1F平均は13.3と中距離型としては自然と中団や、それよりも後ろとなりそうな時計の持ち主。未勝利戦は好位からの競馬だったので、より出脚は今後つくようになっていく予想も立てられます。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:ハーツクライ
母:ウイングステルス
(母父:Hawk Wing)

姉にはアイルランドオークス、オペラ賞を制したカヴァートラブがおり、曽祖母のBubinkaからの牝系からはアイルランドダービーを制するなど欧州競馬で活躍を見せたグレイスワローが輩出されています。

サンデーサイレンス系×Hawk Wingの組み合わせといえば、個人的にはトーセンカンビーナ(父:ディープインパクト)が真っ先に思い浮かびますが、同馬は父:ハーツクライということで、成長曲線的にはややゆったりで完成するのは古馬に入ってからなのかなという印象です。

牝系的には2000m以上の舞台でこその馬で、クワイエットホーク自身も勝ち上がりは阪神の2200m戦とタフな条件をものにしています。

跳びも大きいことからサッとは反応できないので、広いコース向きであることは間違いないと思います[2022/04/26]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました