ルージュエヴァイユ 競走馬メモ

ラ行

このページはルージュエヴァイユの競走馬メモです。

馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム
調教師:[東]黒岩陽一

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-0-0-1)(1-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)1
中山(右)2
中京(左)
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

ルージュエヴァイユの脚質に関する考察

・差し、追い込み

まだ3戦しかしていないので、わからない部分も多くありますがテン1F平均は13.8とゆったりレースに入るタイプだと思います。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2022 フローラS 評価【A】–5着

新馬戦はヴァンガーズハートの鞍上の油断騎乗もあっての差し切り勝ちでしたが、2戦目も鋭い差し脚で、差し切る前から鞍上が手綱を緩めるなど着差以上の内容と感じさせるものがありました。

今回の鍵は最内枠に入っての捌きと初コース、距離延長。

ワンターンとはいえ、コーナーは3つなので、コースロスのない点はいいと思いますが、開幕週ということもあり馬群が密集すると皆内側を頼る傾向にあると思います。そうなった際に思った通りに進出できない可能性はありそうです。

力を信じて大外ごぼう抜きというのは鞍上の戸崎騎手の性格を考えると想定しづらいことなので、あとは上手く捌いて来られるかに尽きると思います。

競走馬メモにも書いたことになりますが、母:ナッシングバットドリームズは超良血馬なので、今後もその走りに注目したいと思います。能力上位としてのA評価。

レース後メモ

発馬は5分も行き脚がつかずに後方から。道中は後方5頭目で進める。
直線に入ってもまともに進路を確保できず。追い出せてのは残り200mの手前から。かなり恵まれなかった内容。

血統背景・雑感

父:ジャスタウェイ
母:ナッシングバットドリームズ
(母父:フランケル)

母:ナッシングバットドリームズは未出走ながらも父はフランケル、母は凱旋門賞馬のデインドリームと超のつく良血馬で、デインヒルの3×3のクロスを有した馬です。

ジャスタウェイ、その父ハーツクライはトモが流れやすいという弱点を補完するという意味合いでダンジグ色の強い繁殖牝馬との相性がとても良く、デインヒル(父:ダンジグ)の3×3を持つナッシングバットドリームズとも少し遠回しながらも好相性という点がルージュエヴァイユの大きなポイントの一つだと思います。

母は色濃い欧州型、そして父ジャスタウェイは正直掴み所のない種牡馬という感じが個人的にはしていますが、強いていうのであればスピードがありながらもハーツクライ同様成長力のある産駒が多く出ている印象。

ルージュエヴァイユはサンデーサイレンス系とサドラーズウェルズ系との組み合わせで道中はタメる力がとても強められているとレースぶりからも感じます。

馬体は前が勝っていながらもスラーっとした細身で脚長、繋ぎは立ち気味という点を考えていくと、距離は2000mがベストで2400mも守備範囲、重馬場は得意
ということが推察されます。

キコウは出ているので既に完成域にある気もしますが全体の印象としてまだ筋肉もつききっていない感じもしますし、これから一段大きくなってきてもいいのかなという感じもします[2022/05/17]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました