エバーハンティング 競走馬メモ

ア行

このページはエバーハンティングの競走馬メモです。

2022.3.27ミモザ賞終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:宇田豊
生産者:社台ファーム
調教師:[東]小島茂之

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-1)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)11
中京(左)
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

持ち時計(距離別、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・中山芝2000m 2.03.8(37.0)
2022.3.27–6着

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速35.9(2022.3.27中山芝2000m–6着)
最遅37.0(2022.1.23中山芝2000m–1着)

の脚質に関する考察

・先差し

まだ2戦とキャリアが浅いのでなんとも言えない部分もありますが、テン1F平均は13.1と平均的。速くもなく遅くもないので、その後の組み立て方が大切なのかなと思います。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

なし

血統背景・雑感

父:ハービンジャー
母:エバーブロッサム
(母父:ディープインパクト)

活躍馬の数は枚挙に暇がないほどの名牝Thongからの牝系で、近親にはヴィクトリアマイルを制したエイジアンウインズがおり、母のエバーブロッサムもフローラS、オークス共に2着という実績馬です。

ハービンジャー産駒らしくないというよりかは、ディープインパクトが強く出た印象の牝馬で、小柄な馬体ということもあり、軽い芝の方が合うのかなと考えています。

並んだら抜かせないような気持ちの強さを感じさせる馬ですが、デビューから2戦の内容を考えると、時計勝負にそこまで対応できる感じもなさそうなので、距離は長ければ長い方がいいのかもしれません。[2022/04/20]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました