皐月賞 出走各馬見解&予想

競馬予想

この記事では4月17日、中山競馬場で行われる皐月賞の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また各馬の項目下にはその馬の好走パターンに関する考察や血統背景についての記事も併せてご覧いただけますのでよろしければご覧ください。

皐月賞 出走各馬の見解

ダノンベルーガ【B】

新馬戦、共同通信杯と鮮烈なイメージのままクラシック戦線へ殴り込むダノンベルーガ。

共同通信杯の時点では仕上がり途上、本調子ではなく、且つハーツクライ産駒特有のこの時期の緩さを残したままでも勝ち切ってしまったことがこの馬の能力の高さをうかがわせます。

ダービー向きというよりかは右後脚の歩様がコツコツしている点から右回りはどうかなという懸念点があることは確かで、個人的にも今回川田騎手に手が替わることも微妙な要素だと思います。

今後の教育も兼ねてある程度ポジションを取って運びたいと考える鞍上と、おそらく急かさずにじっくり道中運んだ方が合うダノンベルーガとでは初コースということもあり、若干ギクシャクするかもしれないなと考えています。

能力非凡も本質的に開催最終週の掘れた馬場への適性もまだ未知なので、評価を若干落とすことにします。

アスクビクターモア【A】

雨の影響が少しでも残って決着タイムが2分を超えるような時計がかかってくれるようであれば総合力の高さで、押し切りまで見たいと思っています。

あまり速い脚を使えず、じわじわと伸びていくタイプですし、これまでの戦績からも明らかに東京より中山向きの個性の持ち主でしょう。

弥生賞は道中のペースが緩く、皐月賞では流れやすくなるためトライアル組みの走りはアテにならないという声も散見されましたが、アスクビクターモアは緩まない流れの方が本領が発揮できる馬だと思います。

その弥生賞では2番手追走から道中は結構長いこと力む仕草を見せて、なんとかギリギリ消耗せずに運べたといった内容で、その分追い出されてからもフワァーとしましたが最後は地力の高さで凌いでいたように見えました。

やりにくいレースの中で押し切った点は高く評価したいと思いますし、クラシック3冠の中ではここが最大のチャンスと見て、今回A評価を打ちたいと思います。

トーセンヴァンノ【C】

前走のスプリングSでも流れには乗って好位の外で運べていましたが、4角の進入でついていけなくなってしまったという内容でした。

キャリアは豊富ですし、陣営からは「元気」という評価ですが、止まり方を見ると少し疲れが残っているかもしれませんし、今回高い評価はできませんでした。

キラーアビリティ【B】

2歳チャンピオンでありながらも、どう評価するか難しいと考えていたキラーアビリティは無視できない枠に入ったなと思いました。

気難しいところがあり、口向きにも課題があるとのことですが、裏っ返せば前向きさは十分だと思いますし、母系はアメリカ的個性に寄っているので休み明けでも状態面に心配はないと思います。
ただ陣営のコメントを見ると最大目標はダービーに据えている感じもあり、若干緩さも残るかもしれません。

血統から見ても馬体を見ても繋ぎはやや立ち気味のようにも思うので、馬場が水を含む分には問題ないと思っています。

あとはレースに行って、ゲートが開いてみないことには分からない部分がほとんどですが、好位で折り合い、能力さえ発揮できれば好勝負になると思います。
先に最大目標はダービーに据えているのでは書きましたが、3冠戦線のうちで1番の向きなのは皐月賞だと考えています。

グランドライン【C】

馬場状態が重〜不良へと傾くようであれば、スタミナ偏重な血統のこの馬にもワンチャンスないかなと感じています。

ただ現況相手比較での通用が厳しく、何かしら環境的な追い風が欲しいところではないでしょうか。

ジャスティンロック【B】

競走馬メモにも書いていることになりますが、ジャスティンロックは一見地味な血統構成に見えながらも、非主流血統馬が活躍できるような渋った馬場になればまず真っ先にチャンスが巡ってきそうな穴馬候補に据えています。

サンデーサイレンス4×3のクロス持ちではありますが、全体的にはノーザンダンサー的しぶといスピード感やダートもこなす牝系から力強さが表に出ているタイプで京都2歳Sではスタート後手ながらも早めに仕掛けて一まくり。能力の高さを示したと思います。

前走も不利を受けながらも終いまで伸びてきており、勝ち馬とは差の無い4着。

ゲート面に少し課題を残りますが、雨で厳しく馬場が渋るようであれば穴候補筆頭です。

ボーンディスウェイ【B】

前目でしぶとく脚を伸ばすという脚質は牝系の個性とマッチしている印象で、ハーツクライ産駒ということもあり、使うごとに進化をしてきていると感じる存在です。

他の馬に関しても同じことを書いていますが、この馬も雨の影響が残ってくれた方がおそらくいい方向にでるタイプで、全体的に時計が掛かってくれる条件になれば一発に期待できると思います。

いつもトップジョッキーが乗らない時の代打としての姿が最近は定着してしまっている石橋騎手ですが、積極性のある騎乗でG1でも大波乱を演出したこともありますし、変に控えるのではなく積極的に出していく競馬に期待したいところです。

ダンテスヴュー【B】

底力やパワーに優れているダンテスヴュー。
とりあえずPOGに指名しておけばOKホース、仔出しの素晴らしいクロウキャニオンの子ながらも父:キングカメハメハとの組み合わせは2007年生まれのキラウエア以来。

その兄の活躍から見るに本質的にはダートの方が合いそうですが、今回はきさらぎ賞の時との比較で、まるで別馬になったかのように力感が溢れている印象です。道悪が見込まれそうな今回は穴演出があってもと思う存在で、簡単に目が離せません。

サトノヘリオス【B】

スプリングSの走りから個人的には皐月賞、そしてダービーまで狙おうと決めている馬です。

前走のスプリングSでは、内をコースロスなく運びながらも勝負どころでうまいこと捌くことができず、完全に追い出しが遅れてしまった痛恨の内容でした。

道悪になったときにどうかなという面がありますが、2歳レコードを連発したこと自体そのものが実力の証左ですし、馬体の感触からもクラシック向きであることは明らかだと思います。

タイミングが鍵ですが脚の使いどころ一つではアタマまであってもと思っている存在です。

噛み合わない競馬が続いているので、スムーズなレース運びでどこまで通用できるのか楽しみにしている一頭です。

ジャスティンパレス【B】

血統的にスピード寄りいうよりかは、スタミナ寄りという印象を受ける馬ですが、この世代では皐月賞、ダービー、菊花賞と堅実に駆けることができそうな稀有な存在だと思います。

スピードが求められるとされる皐月賞でも今週のようなタフな馬場になれば繋ぎは立ち気味なところを見ると出番がありそうですし、胴長なので適応力さえあれば先々2400m、3000mと守備範囲だという印象があります。

好位でレースを進めたい馬が内に多いので、ホープフルSの時との比較で若干ポジションは後ろを想定。
その関係で若干差し届かないということを考えてB評価を打ちましたが、キコウが発達しきっていないところからもまだ成長余地を残しますし、将来性は今回のメンバーで1番だと考えています。

オニャンコポン【B】

京成杯の優勝馬で、中山の2000mにおいては適性がかなり高いと思います。

湿っている馬場はどうかも、開幕週よりかは開催最終週のような掘れた馬場や底力やタフさが求められる環境の方が追い風になると感じています。

間隔的にしっかり時間をかけて仕上げてきた印象がありますし、ダービーよりかは皐月賞向き。ひとまずはここが最大目標として仕上げてきていると思います。

センスがいいのも確かですが、前走は今までにない差し切り勝ちを決めたところから戦略の幅もありますし、この枠も気になる材料ではありません。

ドウデュース【A】

フォトパドックを見てピンときたのはこの馬でした。
明かにパワーアップしている印象を受けましたし、今の状態をキープし続けることができればダービーまで戦える存在ではないでしょうか。

今回は弥生賞の時との比較で、締まったペースになると思いますし、その前走ではやや力む面を見せていたドウデュースからすれば走りやすいペースでレースが流れていきそうだと読んでいます。

加えて前走は、勝ちに行く競馬ながらも不完全燃焼の感があったので、更なる前進に期待しています。
外目偶数番という枠も組み立てやすいと思いますし、スムーズに運ぶことができれば当然チャンスだと考えています。

ビーアストニッシド【C】

追い切りの段階で少し頓挫があったとのことから今回は評価を下げることにしました。

いかにもアメリカンペイトリオット産駒らしい個性の持ち主で前向きで序盤から吹かしていって持久力を活かす競馬で結果を出してきました。

1F延長の舞台となりますし、手綱替わりも気になる材料。
パドックからかなりイレ込む馬ですし、ゲートセンス抜群の鞍上とのコンビだからこそ結果を出してきましたが、これが手替わりとなると話は別だと思います。

スッと出ればハナにいく可能性も高いと思いますが、そもそもスタートが決まらずに番手ないしは控える競馬になる可能性も低くはないと見積もっておきたいところです。

ジオグリフ【A】

前後のバランスで前が勝っていることからスタートでトモを滑らして出遅れる可能性や、ノド鳴りを抱えているなど乗り越えるべき課題は決して少なくないジオグリフ。

当日の天候に左右されるところもありますが、湿度が高いのであればこの評価のまま。
ピーカン照りになるようであれば少し評価を落としてみてもいいのかなと考えています。

前走の共同通信杯のような形の方がジオグリフの力を発揮するにあたっては、よりベターだと思いますし、できるのであれば今回も好位ないしは中団からの競馬に期待しています。

パワーと底力を増幅したような血統構成だと思いますし、雨の影響が強く残るようであれば、道悪が得意かはわかりませんが自然と浮上してくるのではないのかなと思います。

デシエルト【B】

ビーアストニッシドを行かせるか自身が主張するかが一つ鍵になると思います。
これはあくまでも個人的な展開の読みになりますが、デシエルトは主張するのではないかなと考えています。

ビーアストニッシドは乗り替わりで様子を伺いながらの逃げになると思いますし、過去に控えてもある程度の内容にまとめたので、今後のことも考えると無理はしないと思います。

一方でデシエルトは雄大なフォームから一旦スピードに乗せていったら簡単には止まらない走り方をしますし、そこでブレーキをかけることに意味はないと思うので、岩田騎手もそのつもりで出していくと思います。

あとは向正面に出てどれほどリラックスして走れるかどうかでしょう。
若葉ステークスでも結構道中力んでいたようにも見えたので、今回そういった点に進展が見られれば好勝負になるのではないでしょうか。

サンデーサイレンス要素が薄く、ジオグリフに近い血統構成なので、個人的には買うにしろ買わないにしろこの二頭は今回セットで考えます。

マテンロウレオ【C】

弥生賞は終始力みが目立って勝負になりませんでした。
新馬戦、ホープフルS、さらにはきさらぎ賞と気持ちの強さで頑張ってきた馬という印象ですが、裏を返せば少し気難しさがあるのかなと。

今はその気持ちの面で気難しいところが前に出てしまっているフェーズだと思いますし、枠的にもあまりにも外に入ってしまったなあと感じています。
よって今回は評価を落とすことにしました。

イクイノックス【B】

東スポ杯勝ちから直行ローテが今回どう出るかに大きく注目が集まるイクイノックス。

上がり3Fの時計は32.9で、その勝ちっぷりからスケールの大きさを感じさせる馬ですし、血統的におそらく道悪は鬼だと思います。

ここからはこの馬を高く評価できない点や懸念点になりますが、いくら天下のノーザンFとはえいえ、ここまで間隔が空いてしまってはと思います。
個人的にはそれなりに数を使ってクラシック本番に向かってほしいという考えでもありますから、どうしてもこれだけ間隔が空いてしまうことは不安になります。

次に枠順。大外枠に入ったこと。
これは逆にレースを組み立てやすいという考えもあると思いますが、前走のようにゲートを出てからダッシュがつかないような形になると1、2角で結構な外を回らされる可能性がありますし、それを避けるのであれば最後方から運ぶ他、作戦の組み立て用がありません。

さらにこれは外からしか追い上げられないということにもなりますので、外3までは許容範囲も、これが4とか5になるようならいくら能力があっても劣勢になる材料ですし、内が活きるようなトラックバイアスに仮になったら流石に厳しいと思います。

馬っぷりは頭抜けていると思うので、こういった逆境を全て吹っ飛ばして勝ってしまっても納得がいきますが、差しあぐねる可能性は結構高く見積もって能力勝負でも諸々噛み合わず馬券圏外になってしまうことも考えています。

Tomの予想

◎ドウデュース…トライアルから本命はこの馬だと決めていましたし、皐月賞に向けて抜け目なく仕上がったと思います。前走は当然勝ちに行きながらも無理をさせなかったレースでした。武騎手の鞭の入れ方からしてそれが伝わります。
土曜の段階ではインが死に枠になっている印象を受けましたが、その影響もない枠に入ったと思いますし、あとはこの馬のセンスと名手の手綱捌きに期待します。

○サトノヘリオス…この馬はスプリングS組から本番とそして出走が叶うのであればダービーまで買おうと決めていた馬で、結局のところトライアル終了時点での◎ドウデュース、○サトノヘリオスは変わりませんでした。
この馬は一瞬であればめちゃくちゃ速く走れるエイシンフラッシュのような型の馬だと個人的には思っていて、その脚の使いどころが噛み合わずにホープフルS、スプリングSを消化してきている印象です。
オッズ的には評価を落としていますが、能力では大きくヒケは取らないと思っています。

▲デシエルト…関東までの輸送競馬でテンションの我慢が効くかどうか不安なところがありますが、枠は今日見た限りでは良いと思います。
見解の項では展開面で「この馬のハナ」を予想していましたが、多分今日のトラックバイアスからすると内にビーアストニッシドなり、グランドラインという馬を置いて好位外を回る内容になるのではないかと思います。
そこでもムキにならず我慢が効くかどうか一つ課題でしょうし、これまでになく早めに外から後方の馬たち寄られる競馬になるとメンタル面でどうなんだろうかという点が読めないところですが、「良」発表でもやや含水している馬場は味方になると考えています。あとは地力を信じます。

△1ジオグリフ…デシエルトとは似たような血統構成で、どちらとも前勝りな馬体。中でもジオグリフはトモに課題を残すことからそれが顕著で、出遅れは覚悟していますが年末のチグハグなマイルG1の頃よりかは前走の共同通信杯でレース内容に大きく進展を見せたという点を評価して印を打ちました。
正直、ノドにも弱点のあるとのことなので高湿度が望めない明日はやや厳しいかなというところまで想定していますが、地力は高いですし、明日はドレフォン×キンカメのスピード底力増幅血統の馬に優位性がある状況にあると見て、デシエルトとセットでジオグリフの好走にも期待します。

△2オニャンコポン…最後の最後まで悩みましたが、減点要素の少なさからオニャンコポンを最後の5番手で挙げたいと思います。
好センスでポジションはそこまで後ろにならないと思いますし、前走はやや後ろからになって、先にけしかけられても冷静沈着にこれまでにない差し切りの形で勝利を収めた内容を評価することにしました。
内の馬場は良くないと思いながらも時計はまあまあ出ているので、決着タイムが2分を切るような高速決着になった際にはやや劣勢になると思いますが、ここに向けて力を出し切れるように仕上げてきていると思いますから、ドイツ味のあるしぶとい脚を用いてライバルとの一世一代の勝負を制してほしい気持ちもあります。

ものすごく迷って評価を落とした馬

・キラーアビリティ…2歳チャンピオン。寸前まで悩んでいましたが、この馬の最大目標はダービーに据えているからここでメイチはないんだなと調教師コメントから感じ取ったので評価を落としました。
と書いたものの、久々でも前向きな気性から問題なく走れる状態にあると思うんですけどね。
ただホープフルSの時も懸念したように前向きすぎてイレ込まないか心配ですし、成長に合わせて口向きの難しさなども修正できていないような点も気がかりです。
それについて厩舎サイドも特別なにか対策を講じている感じもしませんし、枠順的には内側が厳しく、チョンボしてしまいそうな雰囲気を感じます。

・ダノンベルーガ…東京専用機のような気がしてなりません。陣営は心配していないとのことですが、右後脚の捌きからしても右回りどうなのかなという疑念があります。
さらに最内枠も評価できません。土曜のレースを見た感じ、死に枠っぽいなと思いますし、いくら川田騎手とはいえどもこれをすぐさま外に持ち出すのは厳しいと思います。
本来であれば好位インのポケットで折り合うパターンが最高でしょうけど、明日はそれをやっても思うような加速ができないと読んだので、切ります。
ここで走るようならとてつもなく立派だと思いますが、ここで破れることで一気に勢いを落としていまうのではないかという風にも見ています。

イクイノックス…大外枠。トラックバイアス的には大きくマイナスにはならずむしろプラスに働きそうな感じもします。それでも、どうしてもここまで間隔の空いた馬をクラシック戦線で信じ切ることができませんでした。ルメール騎手がジオグリフではなくこっちを選んだという時点で、この馬の性能の高さは確約されているようなものですが、この馬もダノンベルーガ同様、左回りの上がり最速芸人なのではないかという疑念が晴れませんでした。ある程度キャリアを重ねていて「きっとこんな走りをしてくれる」と予想できる馬の方を上に取りたいと思います。

ジャスティンパレス…ゆくゆくはジーワンを勝つような馬になると思いますが、馬体を見てキコウが発達しきっておらずまだ成長途上という点だけです。
それだけの理由で今回は評価を下げることしました。
あと強いていうのであれば、この馬は欧州的な個性の持ち主でスタミナ偏重な感じを受けるので、休み明けは中身が伴わないかもしれません。
正直それでも今持っている能力だけで爆走してしまいそうな予感もあるので、ここまで読んで「ふーん」と思われた方の中で買い目に余裕のある方は押さえておくことをオススメしたいです。

アスクビクターモア…週中ではこの馬が▲評価でしたが、やっぱり今日の馬場を見て評価を一気に下げることに。前後のバランスがとても良い馬で持久力がありそうだなと思う反面、パワーや爆発力のある末脚を兼ね備えてはいないので、馬場の良くないところを通らされ続けるとうまく加速がつかないかもなという考えのもと、本当に迷いましたが1枠の2頭は今回腹を決めて買わないことにしました。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました