ジャスティンパレス 競走馬メモ

ザ行

このページはジャスティンパレスの競走馬メモです。

馬主:三木正浩
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]杉山晴紀

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-1-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)11
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)1
小倉(右)

ジャスティンパレスの脚質に関する考察

・差し

テン1F平均は13.6と遅めかなといった印象です。
皐月賞がとても遅かったので、キャリアを重ねるごとに13秒台前半で安定してくるのかなと考えます。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2021 ホープフルS 評価【B】–2着

これまで2戦はいずれも右回り2000m戦というローテーションそのものには好感触。

ただC.デムーロ騎手を配してきたとはいえ、今回は一気に出走頭数も増える一戦。
勝ち上がってはきているものの目立つ時計ではなく、展開やペースの厳しさがこれまで以上になりそうな今回は能力全開で駆けることができるかは疑問。

スタートも決して早い方ではなさそうなので、今までになく馬群の中での競馬を強いられた際に思いの外脆い可能性までは見ておきたい。

C.デムーロ騎手は今冬G1テン乗りで何かと理由が付きながらも全く成績を残せていない部分も大いに気になる点。
クリスチャン騎手に関わらず、G1のテン乗りはどんな名手であれ基本的には推しづらい要素。危険な人気馬になりそうな感触。
評価は割引でアタマは厳しいと腹を決める。

レース後メモ

気持ちが乗りすぎて序盤は噛むところがあったようだが道中は好位、結果としては1番いいところで折り合った。
キラーアビリティを追ってしぶとく直線でも伸びたが、立ち回りの巧さで今回は勝ち馬が上手だった。

2022 皐月賞 評価【B】-9着

血統的にスピード寄りいうよりかは、スタミナ寄りという印象を受ける馬ですが、この世代では皐月賞、ダービー、菊花賞と堅実に駆けることができそうな稀有な存在だと思います。

スピードが求められるとされる皐月賞でも今週のようなタフな馬場になれば繋ぎは立ち気味なところを見ると出番がありそうですし、胴長なので適応力さえあれば先々2400m、3000mと守備範囲だという印象があります。

好位でレースを進めたい馬が内に多いので、ホープフルSの時との比較で若干ポジションは後ろを想定。
その関係で若干差し届かないということを考えてB評価を打ちましたが、キコウが発達しきっていないところからもまだ成長余地を残しますし、将来性は今回のメンバーで1番だと考えています

レース後メモ

ジャンプスタート気味で後方から。
騎手もポジション取りに無理をさせなかった。
道中は終始馬場の良いところを通り4角は大外を回って進出。
直線では勢い劣勢に加え進路をカットされ、最後は流れ込んだ。

血統背景・雑感

父:ディープインパクト
母:パレスルーマー
(母父:ロイヤルアンセム)

母:パレスルーマーはベルモントS(ダート12F G1)やメトロポリタンHの優勝馬のパレスマリス(父:Curlin)を送り出すだけではなく、日本でもすでにステイヤーのアイアンバローズを輩出しています。

兄同様追われてシブそうなところがあり、前々での競馬で真価を発揮しそうな一頭で、これまで2000m戦でしか使われていませんが牝系の特徴に加え母父にロイヤルアンセムが入ることで距離延長は歓迎、超クラシック向きだと思っています。

ディープインパクトの仔らしく2歳の時点では少し華奢に映ったので今後の成長がとても楽しみな存在です。
皐月賞は惨敗でしたが、日本ダービーでも個人的には買いたい存在です[2022/5/2]]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました