パーソナルハイ 競走馬メモ

パ行

このページはパーソナルハイの競走馬メモです。

馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム
調教師:[西]矢作芳人

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-3-0-4)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)2
中山(右)1
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)2
小倉(右)1

パーソナルハイの脚質に関する考察

・先行

逃げを打って結果を出しているイメージがありますが、テン1F平均は13.1。過去には12.5と速い時計もマークしているので、主張すればハナに行ける想定の馬です。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2021 阪神JF 評価【B】−16着

ペースの鍵を握るのはパーソナルハイ。

脚質的に大外枠はマイナス要素となってしまうが、ポンと好スタートからハナを切ることができれば、後ろも突っかかってこないだろうし、ペースを緩めることができれば逃げ粘りがあっても。

逃げには拘らないという陣営ではあるが、意外性のある競馬で結果を残し続けている陣営でもあるので、思いきった競馬をしてくる場面まであっても。

ディープインパクト産駒に母系はミスプロ系という3歳春が最高潮を迎える早めの血統構成。そのアドバンテージも活きる形となれば。

レース後メモ

スタート5分から控える格好。道中は好位で折り合ったが、3角4角にかけて早々に一杯となった。

2022 桜花賞 評価【C】–6着

これまで前々で競馬して結果を出してきましたが、スタートはそこまで速くないので思った通りの競馬を組み立てることは今回も簡単ではなさそうだなという印象を受ける馬です。

阪神JFの時は順調なら桜花賞でも圏内の一頭かなと考えていましたが、少し他の馬を怖がる面が課題のようで、その点の改善や、そうでなければ前で競馬ができるための工夫が欲しいところです。

レース後メモ

スタート5分。
道中は好位のインでジッと我慢した。
直線でやや外に進路を求めながらも前が開いたところで隣の馬と接触しバランスを崩しかける場面も。スムーズさを欠いたが内容は濃く、見直したい。

2022 フローラS 評価【B】–2着

桜花賞から中1週ということで、大きな上積みはなさそうですが経験を積んで競馬にいっても能力を安定して発揮できるように馬が変わってきているように思います。

以前は馬群や他馬を怖がるところがあるということでしたが、阪神JF、フラワーカップの経験が活きての前走は、スターズオンアースに接触されても怯まずに最後まで頑張っていた点は非常に見どころがありました。

今回は間隔がないところだけ評価を下げてBにしましたが、こういう時の矢作厩舎は怖いので抑えたいと思います。

レース後メモ

中一週のローテでも疲れを感じさせない気配。
ハナに行き、終始力んだ馬の圧を受けながらの逃げ。前半1000mは60.2は速くないと仰るプロもいるが、3歳牝馬でこの時計はタフな逃げに入る部類。
楽逃げでなかったことは間違いなし。

血統背景・雑感

父:ディープインパクト
母:パーソナルダイアリー
(母父:City Zip)

母:パーソナルダイアリーはデルマーオークス(米・芝1800m)の優勝馬で、母系に関しては、母父City Zipであることからも非常にスピード感に優れている印象を受けます。

個性として、怖がりな面があるようで2歳のころは逃げて結果を出してきました。
チークピーシーズを着用したことにより、レースぶりには幅が出てきています。牝系のスピードと馬にストレスを与えないのであれば逃げる競馬がベストとは個人的には思っています。

その中でも桜花賞では馬群の中から伸びて勝ち馬とは僅差。
さらにレース慣れしてくれば世代間でももう少し上昇が見込めるかと思います。

軽い芝との相性が良さそうな感がありましたが、実馬のフォトパドックを見ると立ち繋ぎなので、渋った芝でもこなせそうです。

父:ディープインパクトの影響か背中や脚は長めで、キコウと胸前までの角度もあることから距離は長めでも適性範囲と見ます。[2022/05/17]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました