ベルクレスタ 競走馬メモ

バ行

このページはベルクレスタの競走馬メモです。

馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]須貝尚介

主な勝ち鞍:

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1-2-1-2)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)11
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)2
小倉(右)

ベルクレスタの脚質に関する考察

・差し

テン1F平均は13.3とスタートはあまり速くない部類に入ると思います。
レース質としては、どちらかというと前付けの方がいいと感じます。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 阪神JF 評価【B】–6着

新馬から堅実な末脚が武器で、負けてもしっかりと内容をまとめてくる優等生タイプ。

できるだけ前で競馬をした方が合いそうな印象もありものの、今回は枠的にも好位からは一列後ろからになりそう。

現状の荒れている阪神コースの馬場を思うと、ベルクレスタにはプラスにはちょっと働かないかなという印象で、終始外を回ってあとはどれだけ地力で踏ん張れるかが焦点となりそう。

今回もある程度の結果にはまとめてきてくれそうだが、勝ち切りまでは疑問。

レース後メモ

前に壁を作れずに力む格好に。直線ではその影響もあり伸びきれなかった。

2022 クイーンC 評価【A】−3着

少し気難しいところのある馬で、阪神JFでは外枠から前に壁を作れずに3コーナ4コーナーと力んで外を進出。
その分直線では伸びきれず最後は6着という結果に泣いた。

このことから今回の内目の枠を引けたのは大きな好材料で、前走の走りから見直せる一戦となりそうだ。
追い切りの動きも「いつもは甘くなるところがあるが、今日はそんなことなく最後まで集中していた」と鞍上談からも上々であることが伺える。

馬場的にもやや水を含んで高速にならない方が良さそうだし、これまで対戦してきた相手も今年の一線級。横の比較ではまったくの見劣りなしで、今回チャンス。

レース後メモ

スタート5分。道中は折り合いに専念するがコーナで内枠が仇となり、動くに動けずどんどん順位を下げて直線入り口では最後方。うまく捌いて進路をとってきたが最後は脚勢が上位2頭と同じに。

2022 桜花賞 評価【B】–7着

少しレースの形に恵まれていない印象が強い馬です。

まず昨年末の阪神JFでは前に壁を作れなかったことで、道中の力みが最後の直線に響いてしまったこと。
次にクイーンCでは内枠が仇なってどんどんとポジションを下げてしまったことなどチグハグな競馬が続いています。

今回は真ん中より外の枠を引いたことで、うまくいけば道中は先団の後ろや中団からレースを組み立てることができると思うので、そうなれば地力はもちろんのこと底力に優れているタイプだと思うので要警戒です。

レース後メモ

スタートしてから中団後ろで脚をタメる。
直線に入って進路を外に求めながら進出。ゴール前ではしっかり追い上げ勝ち馬とは0.2差。内有利の馬場に泣いた。

血統背景・雑感

父:ドゥラメンテ
母:ベルアリュールⅡ
(母父:Numerous)

姉にはヴィクトリアマイル勝ち馬のアドマイヤリードが。
母父:Numerousは現役時代こそアメリカダービートライアルの(G3)1勝に止まりましたが、Thong−Special−Numberと紡がれている名牝系の出で、ジェイドロバリーの弟であり、近親にはゴールドドリームが出た世界的名血の結晶です。

母:ベルアリュールⅡは1800m前後の重賞を現役時代に2勝。
ベルクレスタ自身は父:ドゥラメンテということもあり2000m前後であれば我慢が効きそうな感じもしますが、ミスタープロスペクターの4×3クロスを有することからも少し前向きさが引き出され、やはり母や姉同様マイル前後の方がベターなのかなという感じもします。

またこのクロスを考えるのであればレースぶりからしても脚をタメて後方からの差しきりよりもできれば前目から押し切りを図るような競馬の方があっているのではと考察しています[2022/05/16]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました