エフフォーリア 競走馬メモ 

ア行

このページはエフフォーリアの競走馬メモです。

馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
調教師:[東]鹿戸雄一

主な勝ち鞍:2021共同通信杯2021皐月賞、2021天皇賞・秋、2021有馬記念

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(5-1-0-1)(1-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)1
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)31
中山(右)2
中京(左)
京都(右)
阪神(右)1
小倉(右)

エフフォーリアの脚質に関する考察

・先差し

過去7戦のテン1F平均は13.1と中距離馬としては普通の速さといった感じ。
1番速い時で12.3と出して行こうと思えば、短距離でも通用しそうなスピードも出るので、操縦性に優れていることが伺えます。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 有馬記念 評価【A】–1着

皐月賞、天皇賞・秋と圧巻のスピードと持久力で優勝。
土のついたダービーでも進路を取りに行った分の早仕掛けで、タイミング一つで勝てていたと思う。

エフフォーリアに関しては2500mは長い説や、中山コースは合わない説、そして横山武史騎手の勝ち気な性格が中山2500mにはマッチしない説と人気馬は重箱の隅をつつくように減点要素を挙げられているが、それを振り切るくらいの能力があるのもまた確か。

というよりかは個人的には2500mはこなせると思うし、中山コースは紛れは確かにあるものの、エフフォーリアにとっては大してマイナスにはならないのではないだろうか。

エフフォーリアはエピファネイア産駒。
根幹距離や広いコースが得意であることは産駒傾向としては明らかではあるものの、母系のケイティーズ牝系は中山コースが得意であることから、さして中山でパフォーマンスを落とすということは考えなくていいだろう。

また2400mのダービーで負けたことからなのか、2500mは長いという意見もある。
繰り返しになってしまうが、ダービーに関しては完全に仕掛けのタイミング一つで結果が違っていたレース。
進路を取りに行った分仕掛けが早くなり、最後の最後でかわされてしまっただけで、スムーズに捌けていたらダービーでも勝っていたと思うし、一方でシャフリヤールがハマったレースでもあった。

この時ですら負けても強しであったことは間違いなく、改めて能力の高さを証明したレースが天皇賞・秋であった。

状態面は「天皇賞・秋の時との比較で物足りない」ということだが、だとしても簡単に逆転できるような馬がいるのだろうか…。
普通に走れば3着は外さないと思うし、名勝負を演出する主役としての走りに期待したい。

レース後メモ

淀みのない流れ、中団に構えた。
3角から4角にかけて外5〜6頭分のところを回ったが、一度加速がつくと簡単には止まらないのはこの馬の強さ。小細工なしの実力勝負で勝ち切った。

2022 大阪杯 評価【A】–9着

年度代表馬の今年の初戦。
能力面で心配することは何もないと思いますし、距離的にも1番合うところだと考えています。

唯一、初物という点で心配なのは関西遠征と阪神コース。
特に前者に関してはどう出るかわからない部分が大きく、フォトパドックを見る感じだと陣営もそれを案じてか割と余裕残しの作りなのかなという印象を受けました。

しっかりと走り切っても前が止まってくれなかった。
捕らえるために早めの競馬を意識したら最後お釣りが無くなってしまった。

ということが初めての関西遠征であるのかもしれない、その可能性が1%でもあるならばそれを疑って予想に組み込むべきだなとは個人的に感じているところです。

杞憂に終わり、全然アッサリでも不思議ではありませんし、強い馬だと思うからこそ逆にそうであってくれという個人的な願望もありますが、思いのほか簡単なレースにならないのかなという感もあります。

レース後メモ

初の遠征競馬で普段とは違う仕上げの工程に馬自身も戸惑ったのか、全くハミを取らなかったとのこと。
輸送を控え緩めの仕上げに見えたものの、それにしても走らなかった。

血統背景・雑感

父:エピファネイア
母:ケイティーズハート
(母父:ハーツククライ)

パワーに優れたケイティーズ牝系の一頭。
同牝系からはスリープレスナイト、ヒシアマゾン、アドマイヤムーンと日本での活躍馬は数えれば枚挙にいとまが無い名牝系と言ってもいいと思います。

繰り返しになってしまいますが、この牝系の最大の特徴といえばパワーマイラー要素が強いということ。

エフフォーリアもその特性をしっかりと引き継いだようなパワーに優れている馬で、胸前の筋肉の発達の仕方はなかなか類を見ないほどのもの。
距離としては2000m〜2400mが良さそうな感じを受けますが、能力の高さで今後も諸々足りない要素をカバーしきってしまうのではないでしょうか。

1番合う条件はおそらく広く直線坂があるコース形態。
一度加速がつくとそこからグングンと完歩ごとにギアを上げて、追えば追うほど伸びるような馬だと思います。立ち気味の繋ぎで道悪も苦にしないでしょう。

母父:ハーツクライということもあり、今年は成長力、更なるパワーUPに期待したいシーズンです[2022/06/20]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました