阪神大賞典 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では3月20日、阪神競馬場で行われる阪神大賞典の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また各馬の項目下にはその馬の好走パターンに関する考察や血統背景についての記事も併せてご覧いただけますのでよろしければご覧ください。

阪神大賞典 出走各馬の見解

ダンビュライト【C】

元よりキレるタイプの脚を繰り出すタイプではありませんでしたが、加齢の影響かさらにシブくなった印象で、追われても以前のような反応がないのかなと見ていて感じます。

距離が長くなること時代はさほど気になる要素ではありませんが、前走も粘り一息で一変まではどうでしょうか。

シロニイ【B】

いかにもパワーに優れていそうな馬体の持ち主で、速い時計への対応は少し不向きな印象です。
またワンペースで走るので、時計がかかる条件下での前進に期待したいと思っています。

昨年もこのレースで4着と適性は既に証明済なので、あとはどこまで積極的な競馬をして粘り込むことができるかに尽きるかと思います。

シルヴァーソニック【B】

前走は中京の左回りで少し左に張るところがあったとのことで、今回はハミを替えてそこを調整してきたとのこと。

ステイヤーズステークスもしっかり走ってきましたが、これは外枠が好材料として働いたものだと思います。
その点今回は内目の枠なので少し馬の気分の乗せ方が難しそうだなと考えています。

また万葉Sのメンバーレベルについても少しばかり疑問が残るところがあるので、主力としては評価しづらい側面も抱えています。

トーセンカンビーナ【B】

ゲートさえ決まれば。これに尽きると思います。
もう一列前で競馬ができれば折り合いに課題はありませんし、終いも以前ほど鋭くはありませんが堅実です。

今回は2周目が内回りで直線が短い点が気掛かりではありますが、地力では上位と見ていますしなんとかここでも好走して次につながるレースに期待したいと思います。

ゴースト【C】

まだ成長する余地は残しているとのことですが、やはり重賞では少しばかり厳しい印象があります。

ステイヤーの素養は間違いなくありますし、少し雨の残るような馬場状態なら少し面白い存在とは思いますが、当日は晴れ予報のためその分の割引をしたいと思います。

昨年は競走中止になってしまったレースですし、まずは無事にと思います。

キングオブドラゴン【B】

前走の湾岸ステークスではエターナルヴィテスと大きく後ろを離しての先行策。勝負どころで少し苦しくなったように見えましたが、最後の最後まで粘り切る秀逸な内容でした。

前々で競馬をするようになってから、覚醒の感があり今回も積極的なレース運びでどこまで踏ん張れるか注目したいと思います。

矢作厩舎の中1週起用も不気味な采配だと感じています。

アイアンバローズ【A】

ステイヤーズステークスでは鞍上の好騎乗もあっての2着でした。
最後まで止まってはいなかったとのことで、今回もリズム良く運ぶことができれば、しぶとさは十分に活きると思います。

前走でこの路線で活路を拓いただけに、ここも好走に期待したいところです。理想はディープボンドより前で競馬を組み立てることでしょう。

ユーキャンスマイル【B】

最近は勢いが落ちてきているように感じますが、超一戦級と渡り合っている分、仕方のないことだと思います。

3000mというようなロングランは適性のある舞台ですし、相手関係も緩和。
昨年も一昨年も好走している得意舞台なので、連複連単での購入を考えられている方はぜひ抑えてほしい一頭だなと考えています。

マカオンドール【B】

前日の段階で2番人気とかなり人気を集めている印象がありますが、ちょっと過剰人気かなと思っています。

たしかに連勝を重ねて勢いはありますし、4歳が好成績の重賞でもあります。
血統的にも近親にはバゴがいるといった触れ込みもあっての人気なのかもしれませんが、今回は前走比較で負担重量3kg増。加えて前走の万葉Sのメンバーレベルにも少し疑問が残るものでした。

以上の点からマカオンドールがディープボンドの逆転候補になるのは少し荷が重いのではと考え、B評価を打ちました。今回は様子を見たいなと思います。

マンオブスピリット【C】

前走も一脚は使っていましたが、どうもワンペースな走りをする印象が強い馬です。

その中でも前走はゴール前に差し脚を伸ばしていましたが、それでもマンオブスピリット自身がステイヤーなのか少し疑問に思うところもあります。

ただ前走コメント中に「馬混みを怖がるところがあった」とのことだったので外枠は一変の要素だと思いますが、個人的に今回は見送り候補にしたいと思います。

ディープボンド【A】

有馬記念ではロスなく運び、器用な立ち回りで2着を確保しました。
凱旋門賞は無理せずの大敗に終わってしましましたが、フォワ賞ではきっちりと勝ち切ってきたあたり、能力の高さを感じさせます。

力は日本でもG1級へと言わんばかりに海外遠征以降充実しているようで、以前より乗っていてキレが増してきたというコメントが有馬記念前後からかなり聞こえるようになってきました。

レースも上手な馬だという印象がありますし、今回の主役候補。
フォトパドックでは以前との比較で少し太めかなといった印象も受けましたが、これも次を見据えての造りなのかなと。

アドマイヤアルバ【C】

展開がハマってくれないことには…と考えています。
また気難しい側面も持ち合わせているようで、走りそのものにも素直さに欠けるという部分も気がかりです。

年をまたひとつ重ねて時計勝負への対応がますます厳しくなってくると思いますし、今後もこういった路線でキャリアを重ねるなかでどういった変化があるのかをしっかりと見極めて取捨選択をしていきたいと思います。

今回は外枠なので、減点します。

サンアップルトン【C】

骨折明けで久々。
どこまで走れる注目したいところですが、休み明けの成績はもの足りませんし、ここでいきなりは流石に厳しいのかなと感じました。

上がりはかかった方がいいタイプだと思うので、舞台そのものは悪くはないと思いたいですが3000mも若干長いのかなと考えています。

Tomの予想は

◎ディープボンドです。逆らわずにいきます。

ディープボンドが圧倒的な1番人気で終わってみればワンサイドなレース結果になるかもしれませんがここも一応のボックス買いを展開しておきます。

◎ディープボンド…メンバーレベル的にここは落としたくはない一戦だとは思いますが、最大目標は次になると思うのでメイチの仕上げでは来ないと思っています。
○アイアンバローズ…同じく印を回したトーセンカンビーナにも共通することですが、無駄肉の少なくスレンダーな馬です。いかにも長距離向きという雰囲気を感じましたし、前走はその期待に応える走りでした。ここも期待しています。
▲ユーキャンスマイル…去年一昨年と好走した舞台ですし、ここで評価を下げる理由もそれほどないのかなという3番手評価。
△1トーセンカンビーナ…見解にも書いたことになりますが、年を重ねて追われてシブくなり、以前のような鋭さは無くなりましたが走っても走っても人気にならないところが魅力です。今回は直線内回りでなければ評価はもう一段上に添えていました。あとは発馬次第でしょう。
△2マカオンドール…勢いを買いました。今回は斤量プラス3kgは正直微妙ですし、過大評価な感が否めませんが。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました