ビーアストニッシド 競走馬メモ

バ行

このページはビーアストニッシドの競走馬メモです。

馬主:村中徹
生産者:ヴェルサイユファーム
調教師:[西]飯田雄三

主な勝ち鞍:2022スプリングS

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(1–1-1-2)(1-0-1-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)1
中山(右)11
中京(左)11
京都(右)
阪神(右)11
小倉(右)

ビーアストニッシドの脚質に関する考察

・先行

これまでの内容から逃げ馬的な速さがあるのかなと思っていましたが、テン1Fの平均は13.0と中距離を走る上では平均的な時計の持ち主。

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 京都2歳S 評価【C】–3着

デビュー戦では、直線でフラフラ走るようなところが目立ったが、一転して勝った未勝利戦では内の馬と併せ馬で見事な抜け出し。ただ今回のメンバーで通用を目指すのであれば内容的にも時計的にももう少しパンチが欲しかったところ。

今回は距離延長といきなりの重賞挑戦でどうかだが、血統的には前々で運んで持久力を活かすようなこれまでの競馬が合っていそうな印象で、将来的にはダートに替えてきても走ってきそう。

レース後コメント

イレ込みがかなりキツかったとのことで、急遽先出し。
レースも物見しながらでペースの厳しいものでもなかった分、最後の抵抗につながった印象。

2022 シンザン記念 評価【B】–4着

前走の京都2歳ステークスの時は、今後の展望として活躍が見込めるものの距離延長やコーナー4つの競馬にいきなり対応できるとは思えずC評価。

それを覆しての3着に粘り込んだ。
改めて、逃げての距離延長やコーナー4つと初物にもしっかり対応。
道中は物見をしていて、まだ余裕もあり能力的にも十分に見直したいところ。

3歳の春までは基本的に逃げ・先行は有利にはたらく傾向にあるし、今回は距離短縮。
好枠も引き、やることも決まっている。あとは外の馬に厳しいマークを受けないかどうか次第で、コース形態的にもスタートさえ決まればスムーズにハナは望めそう。

血統が裏付けるように、中京コースや阪神コースといったパワーが求められる競馬場での走りも板についてきていると思うし、ここは要注目の存在。

レース後メモ

逃げずに前を行かせる競馬。道中は大分折り合いに苦労。直線は前が空くやいなや一瞬伸びかけたものの、最後は若干止まった印象。

2022 共同通信杯 評価【A】–3着

シンザン記念は勿体無い競馬だったと振り返りたいビーアストニッシド。
結果としては、道中行きたがる面を見せながらも4着と追い上げたのは立派。
ただ直線の入り口で身動きが取れなくなってしまったのは大きなロスだったと思う。

その前の京都2歳ステークス(阪神施行)では逃げる競馬で、道中物見をする場面がありながら直線では最後まで気持ちを切らさずに3着に粘り込むなど、能力はあれど少し気持ち的に難しいところがある。
それを踏まえて前走はレースを学習させるという意味合いも込みで逃げを選択しなかったのではと予想。

前走の内容が糧となって、馬を前に置いて折り合いを上手につけながら競馬ができれば、引き続き強力メンバー相手でもいいレースを見せてくれることを期待したい。
走りが地味に映るのか、あまり人気していないので、穴なら間違いなくビーアストニッシド。
昨日のアメリカンスター同様アメリカンペイトリオット産駒の穴あけに期待する。

レース後メモ

前走の経験を活かして逃げる競馬。上位2頭にはかわされてしまったが、最後まで止まっていないとのこと。引き続き人気が出ないようなら狙い。

2022 スプリングS 評価【A】–1着

最内枠、この枠を活かさないわけにはいかないと思います。
スプリングステークス当日は、馬場が渋る公算が高く、主流のディープインパクト系はうまく能力が発揮できない中、スイスイ逃げることができれば逃げ切りまで見ています。

岩田騎手が長く手綱を取りますし、ゲートセンスも良く、道中も緩めにラップを刻むことがうまいので、天気、馬場、そして鞍上のペース配分がうまく噛み合いそうな感じがするので、上位評価に据えます。

レース後メモ

スタートで躓きかけたものの、すぐに立て直して逃げの手。
後続を引きつけて追い出しを待つ鞍上の巧さも目立った逃げ切り勝ち。
稍重のコンディション、上がり3F12.0–11.3–12.0でまとめたのは優秀。

2022 皐月賞 評価【C】-11着

追い切りの段階で少し頓挫があったとのことから今回は評価を下げることにしました。

いかにもアメリカンペイトリオット産駒らしい個性の持ち主で前向きで序盤から吹かしていって持久力を活かす競馬で結果を出してきました。

1F延長の舞台となりますし、手綱替わりも気になる材料。
パドックからかなりイレ込む馬ですし、ゲートセンス抜群の鞍上とのコンビだからこそ結果を出してきましたが、これが手替わりとなると話は別だと思います。

スッと出ればハナにいく可能性も高いと思いますが、そもそもスタートが決まらずに番手ないしは控える競馬になる可能性も低くはないと見積もっておきたいところです。

レース後メモ

mスタートを決めるも主張はせずに4、5番手で流れに乗った。
しかし4角では一杯という手応え。最後まで完全に止まっている感じもしないので、力負けか。

血統背景

父:アメリカンペイトリオット
母:マオリオ
(母父:ネオユニヴァース)

曽祖母:エビスファミリーからブルーコンコルドが輩出された牝系で、他にもフェアリーSの勝ち馬ライジングリーズンの名が挙がります。

父:アメリカンペイトリオットは、ダンジグ系であることとその名前から一見ダート馬だと勘違いされがちですが、現役時代は芝のマイル前後で活躍した種牡馬です。

マイラーの父と牝系の影響も十分に引き継いでいるのか、ビーアストニッシド自身も前肢の筋肉が発達しているパワーマイラーといった印象で、適性距離としては1600〜2000mくらいかなと考えています。

個性としては、まずはタフネス。
5代アウトブリードということも関係しているのかもしれませんが、連戦に堪えることのない丈夫さもこの馬の魅力だと感じています。

次に気性的。
かなりキツいところがあるようで、パドックではかなりイレ込むこともあるとのこと。
それでもレースではそれがいい具合の前向きさに変わっているようで、そこがビーアストニッシドの強みの一つだと思います。[2022/5/23]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました