テルツェット 競走馬メモ

タ行

このページはテルツェットの競走馬メモです。

馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム
調教師:[東]和田正一郎

主な勝ち鞍:2021ダービー卿CT、2021クイーンS

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(5-0-0-3)(1-0-1-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)1
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)21
中山(右)211
中京(左)
京都(右)
阪神(右)1
小倉(右)

テルツェットの脚質に関する考察

・差し

テン1Fの平均は13.2と決して速い方ではなく、マイル前後なら自然と中団からの競馬になるといった感じです。終いは確実なので、今後も序盤から促してという場面は見られないと思います。

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 エリザベス女王杯 評価【C】–11着

函館で行われたクイーンSでは、最後の直線でなかなか進路を確保できずに危うしという場面もあったが、前が開くやいなや矢のような伸びで豪快な差し切り勝ち。

鞍上の冷静な手綱捌きも光った1勝だった。

これまでの実績を考えると、やはりベストはマイルで2200mは長いような気もする。

父ディープインパクトに母は欧州のデインヒル系ということで、長い距離の芝もこなせそうな感じもしたが、同じ洋芝でも函館は札幌と比べて切れ味やスピード能力の優れた馬がパフォーマンスを発揮しやすい舞台。

あれだけ切れ味十分な走りを2200mで発揮するには少し厳しいように感じる。

レース後メモ

最初のスタンド前直線で早くも内側に進路を取り、終始ロスのない競馬。
直線も一脚を使っていますが、坂で止まり距離が長かった印象。
展開もかなりタフで特殊でしたし、最後は外差し、諸々合わなかったかなと思います。

2022 中山牝馬S 評価【B】–5着

鋭いキレ味が最大の持ち味のテルツェット。
前走のエリザベス女王杯は流石に距離が長かったというのと、トラックバイアス的にも向きませんでした。

仕切り直しの一戦となりますが、今回の最大の敵は背負う斤量、己自身かなと考えています。
大きな馬ではないので、この影響がどうしても気になってしまうところです。

持ち味の末脚が発揮できれば、突き抜けまであっても全く不思議ないですが、やはりこの斤量が気になって評価はBに。
余計な所作が少ない田辺騎手とは手が合いそうな印象です。

レース後メモ

スタート後、隣の馬と接触して後方から。
騎手は斤量を敗因に挙げていたが、4角は9頭分ほど外を回すことになり、こういった不利やロスが影響したと思う。

血統背景

父:ディープインパクト
母:ラッドルチェンド
(母父:デインヒルダンサー)

4代母ミエスクからなる世界で活躍馬を輩出している名牝系ももちろんですが、3代母はキングマンボの全妹という良血馬。
リアルスティール、ラヴズオンリーユーなどが近親で、この母にあたる2代母:ラヴズオンリーミーはストームキャット父にもち、ディープインパクトとの相性の良さは抜群。

牝系としても優れた瞬発力と日本の高速決着にも対応できるスピードを引き出せるところが武器で、テルツェットは小柄でムダ肉もないシュッとした体型ということもあってか、よりその特徴が際立っています。

エリザベス女王杯のようなタフな展開は合わず、それなりに緩くヨーイドンの競馬で差しきる競馬向き。
距離適性はこれまでの実績通りと考えて、1600m〜1800mの間がベストパフォーマンスが発揮できる舞台かなと思います。

雨の降る中でのクイーンSでの差し切りが印象的ですが、繋ぎは寝気味なので、あまり重馬場は向かないかなと考えています[2022/05/12]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました