オーシャンステークス 出走各馬見解&予想

競馬予想

この記事では3月5日、中山競馬場で行われるオーシャンステークスの出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また各馬の項目下にはその馬の好走パターンに関する考察や血統背景についての記事も併せてご覧いただけますのでよろしければご覧ください。

オーシャンステークス 出走各馬の見解

マリアズハート【B】

父:シャンハイボビーのスピードとパワーがよく活きているのが特徴的で中山巧者。

前走のカーバンクルステークスは、追い上げたものの、外枠ということもありややコースロスが目立った印象です。

逆に今回最内枠で、どう捌くのかが鍵にはなりそうですが、テンにも出していこうと思えばいける馬だと思うので中団で運ぶことができれば、メンバーこそ上がりますが十分にチャンスはあると見ています。

スマートクラージュ【A】

目下芝1200mで連勝中のスマートクラージュ。

気性のキツさから、特に新馬戦では右に左にフラッフラしていましたが今は心身ともに成長を感じさせます。

距離短縮で成果を一気に出してきたのは気性難を逆手に取った印象で、今後も販路としては芝1200mがベストだと思います。
ワンペースで走る馬ということですが、速い時計にも対応できるタイプで今後オープンクラスでもチャンスは大きくあると思います。

コース面としても若干時計がかかり気味の阪神、中京といった直線坂コースで実績を残していますので中山コースも問題ないとは思いますが、関東への遠征競馬でこれまで結果を出せていない部分だけが気になるところです。

ファストフォース【A】

昨年のCBC賞の勝ち馬、一応番手インで控える競馬もできますが今回のハナはおそらくこの馬で距離短縮は歓迎。
テン1Fの最速は今の日本競馬でもトップレベルで、今回のこの枠を活かして逃げの手の他ないと思います。

あとは他の逃げ馬、主にビアンフェとどこまで競り合うのかと展開によるところで、1F短縮の粘りに期待したいところです。

ダイメイフジ【C】

近走はどうしても少し決め手にも欠いてしまっているダイメイフジ。

良い枠を引いた上に実績のあるコースなので、あとはどこまで上手く流れに乗って詰め切れていない部分を補えるかが焦点となりそうです。

年齢的にも8歳で、個人的には見送り候補かなと思います。

ダディーズビビット【B】

仕掛けのタイミングや展開面で恵まれないレースが続いている印象があるダディーズビビット。乗り替わりは可もなく不可もない印象です。

今回が中山初コースとなりますが、牝系的には中山とは相性が良く、成績だけで切ってしまうのは少しこわいところです。

点数に余裕があるのであれば穴候補で2、3着狙いをしてみても良いと思いました。

ボンボヤージ【C】

芝1200mを舞台に差のない競馬を続けてはいますが、もうワンパンチがどうしても…という印象です。

良績は京都や小倉と直線平坦コースに集中しているということからも、今回2度目となる中山コースはどうかなという印象です。

繰り返しになりますが、オープンでも差のない競馬はできているので、またローカル直線平坦に戻って人気薄の時に狙いを立てたいと思います。

ジャンダルム【A】

先行した前走は案外な結果に終わってしまったジャンダルム。
それを思うとセントウルSのように、今回はある程度タメる競馬にシフトしてくるのではないかと考えています。

斤量としても56kgで出走できる点は魅力で、綺麗な芝とも好相性。
中山では走るというよりかは、キャリアを多く積んでいるのでコース相性云々を心配する必要がない点も今回はプラスだと思います。

キルロード【B】

3勝クラスからオープンを含め3連勝を飾った後の前走は大きく崩れてしまったキルロード。

その前走は展開が全くといって噛み合わなかった印象で、渋った馬場の中、良くない内を通り続けた上にペースも厳しい中での勝ち馬との差0.5秒はかなり立派だと思います。

前走後は目の外傷もあって間隔もとったとのことですが、鉄砲は基本的に効くので今回はひさびさとなりますが全く心配は必要ありません。

中間の動きも抜群ということだったので、人気薄ですが一発に期待したいところです。

デトロイトテソーロ【C】

テンの速さは抜群のデトロイトテソーロ。

休み明け2戦目はテンションが上がりやすく、そして今回は直線急坂の中山コースという点がやや厳しいところかなと思います。

ダッシュ力があるのでハイペースを演出する一頭になる可能性は高いと思いますが、先にも書いたように最後の坂が気がかりです。

ナランフレグ【B】

終いは確実のナランフレグ。
ここ数戦の上がり3Fはメンバー中最速をマークし続けて、右回りも問題なし。
ハイペース必死ですし、中心視でもと思います。

ただ昨年の中山での一戦、春雷Sでも上がり最速で追い上げてはいますが、この時は6着。阪神内回りでも結果は出していますが、直線の短さから最後差し届かずは覚悟しなければならないところかなと思います。

また、前走はやや重めだったということもあり馬体重は絞れているかどうかチェックしたいところ。

状態は良いとのことですが、前走賞金を思うように加算できなかったところが誤算で、次走G1に出走するのであれば一連のピークは過ぎていると見て評価は下げようかなと今のところは思っています。

マイネルジェロディ【B】

小回りコースや中山コースでしぶとさが光るマイネルジェロディ。

能力だけなら重賞でもとは思いますが、ここまでの間でカーバンクルSからわざわざ北九州短距離Sを使う必要があったかなという点が疑問。

その前走も僅差で、オープンでも通用するところをあらためて証明しました。
状態面の良いという裏返しもできますが、個人的には少し好きではないローテーションの組まれ方をされているので、今回は若干評価を落としたいと思います。

ビオグラフィー【C】

この外目の枠は好材料のビオグラフィー。

ただ外から「気分良く」いくことが条件となってくるので、今回は外から高確率で被せてくるビアンフェとの兼ね合いが鍵かなと思います。

今回は奮わずとも、外枠を引いて道中気分良く運べた時のビオグラフィーは侮れないと思うので、今回も思いのほかビアンフェが主張しないような展開面に恵まれればと思います。

サヴォワールエメ【C】

同型多数で、今回も外枠を引いてしまったかあ…という感じのサヴォワールエメ。

自分の競馬に徹してあとはどこまで踏ん張れるかに尽きると思います。
かなり先行争いは激化すると読んでいるので、番手受けでも結構外を回らされたりする可能性も高く、今回は狙いづらいところです。

重賞よりかは、現況ならオープンやリステッド競走で狙いたいと思います。

ビアンフェ【B】

ダッシュ力抜群、1200mでは複数のタイトルがあるビアンフェですが、トップスタートを切れたとしても内からの主張に競り負けてしまうことも想定すべきだと思います。

逃げられないと脆い部分と、直線坂のあるコースでは最後やや甘くなってしまう部分があっったりと今回は懸念材料が多めで、強気には推せません。

叩いて状態面は上がっているとのことですが、中心視は若干危険なのかなと考えています。

ロードベイリーフ【C】

前走は馬場の悪い内を通って失速。
オープンではまだ能力を出し切れていない印象がありますし、中山コースなどの直線坂コースは好相性なので見限れませんがいきなり重賞ではどうかという印象です。

枠も1番外になってしまいましたし、追い上げる脚もあまり時計の出るタイプではないので、今回は見送ってみたいと思います。

Tomの予想は

◎スマートクラージュにしました。

今回重賞初挑戦ということで、正直ピンかパーかな印象ですが、今回はいい枠を引けましたし、逃げたい馬がスタート直後からやり合う中、それをインのポケットでジッと我慢して直線抜け出す競馬が理想の形です。

見解にも書いたように関東への輸送であまり結果が出ていない点が気がかりではありますが、父:ディープインパクトと母系に入って一大ムーヴメントを起こしかけている母父:キングヘイローの組み合わせでスピードは抜群、急坂にも対応できる牝系の血を引いているので今回は人気にはなっていますが、素直にスマートクラージュを本命にします。

迷ったのはジャンダルムです。今回はハイペースの中、タメる競馬を選択するのであれば終いはいい脚を使ってくるのではないかなと思っています。
母:ビリーヴはこの舞台でG1を勝っていますし、今回は叩き2戦目で状態面は上向き。斤量減もプラスでしょうからハマれば突き抜けるまであると思います。

それでもどうもムラっぽい印象を拭い切れないので、今回は本命にはしませんでした。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました