リューベック 競走馬メモ

ラ行

このページはリューベックの競走馬メモです。

2022若駒S終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:金子真人HD
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]須貝尚介

主な勝ち鞍:2022若駒S

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)1
函館(右)1
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)
小倉(右)

持ち時計(距離別、テン1F、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・札幌芝1800m 1.50.5(38.0)
2021.9.4–6着

・中京芝2000m 2.02.2(35.0)
2022.1.22–1着

−テン1F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速12.5(2021.7.18函館芝1800m–1着)
最遅13.5(2022.1.22中京芝2000m–1着)

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速35.0(2022.1.22中京芝2000m–1着)
最遅35.1(2021.9.4札幌芝1800m[札幌2歳S]–6着)

リューベックの脚質に関する考察

・先行

逃げて勝っているレースもありますが、陣営としては馬込みの中でのレースを覚えさせたいのかなとレースぶりからは伺えます。

3着内 馬体重変遷

・2歳(472kg)

・3歳(490kg)

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

なし

血統背景

父:ハービンジャー
母:ライツェント
(母父:スペシャルウィーク)

ディアドラの全弟で、同じ牝系にはダービー馬ロジユニヴァース、ジューヌエコール、ランフォルセやノーザンリバー、ソングラインと枚挙に暇がないほどの名牝系の出です。

この牝系の特徴としては、牡牝で大きく異なり、牡馬はパワーや持久力、牝馬は瞬発力やキレ味にかなり振れやすい印象があります。

リューベックもまさにこの牝系の牡馬という感じで、キレる脚こそないものの長くいい脚を使えるところが持ち味で、これからのレースぶりにも注目ですが、現状一族の中ではノットアローンに似ていると思います。[2022/03/05]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました