サークルオブライフ 競走馬メモ

サ行

このページはサークルオブライフの競走馬メモです。



馬主:飯田正剛
生産者:千代田牧場
調教師:[東]国枝栄

主な勝ち鞍:2021アルテミスS2021阪神JF

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(3-0-2-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)1
中山(右)1
中京(左)
京都(右)
阪神(右)111
小倉(右)

サークルオブライフの脚質に関する考察

・差し、追い込み

テン1F平均は13.3とややゆったり型。
末脚をキープする力、持久力に優れているタイプだと思います。

重賞見解・レース後メモ

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 阪神JF 評価【A】−1着

中山の未勝利戦では圧巻の差し切りを決め、続くアルテミスステークスでも初ものづくしながら能力を遺憾なく発揮して、見事な差し切りを見せた。

肝心なのは、今回の舞台でサークルオブライフが力を発揮し切れるかどうかという点。

血統面から見ていくと、阪神コースの現状の馬場でもエピファネイア産駒は走っているし、しっかりこの馬のパフォーマンスは発揮できそうな感じがある。

注目が好位で運ぶであろうウォーターナビレラの方に向いて、ややペースが速いものになれば、最後強襲してくる場面があっても全く不思議はなく。

レース後メモ

中団よりも後ろで構える。終始外を回ったものの、内が傷んだ馬場を考えるとこれが味方に直線を目一杯に使った追い込みで2歳女王の座に。

2022 チューリップ賞 評価【A】–3着

昨年の2歳牝馬チャンピオン。
キレ味というよりかは持久力よりの末脚で、阪神コースであったり今後距離延長も合いそうで、現状1番オークスに近い馬かなと思っています。

賞金的にも十分ですし、幾分状態面では余力残しでくるのかもしれませんが、それでも能力面だけで差し切ってしまうシーンがあっても全く驚けませんし、いきなり好位からの競馬を目指してくるような、何か別のことを試しながら勝ちを目指してくる可能性も十分です。

陣営的にも一度叩いてからの上積みに期待したいようですし、ここは8分かもしれませんが、改めてそれでも突き抜けるまであると思います。

レース後メモ

間隔をとった影響かピリピリしていたとのこと。TRということもあってか早め早めの競馬を試したような印象も。直線はジリ脚だった。時計の出る馬場は少しばかり減点か。

2022 桜花賞 評価【A】–4着

ここに向けて前走は早目の競馬を試したサークルオブライフ。
その前走では、レース前から少しイライラしていたようなところもあったようで、実際のレースの方も出していった結果最後ジリ脚に。

今回は外目の枠を引いたことで、無理に出していくこともないでしょうし、この馬のリズムに徹して後はどれだけ伸びてくれるかに尽きると思います。

桜花賞でも当然最有力候補ですが、血統的にもっとも注目したいのはオークスです。

ナミュールとは異なって徐々に踏んでいって加速させていったほうがいいタイプだと思いますし、デムーロ騎手騎乗なので、強気に長く良い脚を活かすレースぶりをしてくるのではないかなと考えています。

レース後メモ

後方で構える。直線に入りタックルされながらもしゃかりきに追って大外強襲の形。イン前のトラックバイアスに泣いての4着だと思うし、遠征のないオークスで最も注目。

血統背景

父:エピファネイア
母:シーブリーズライフ
(母父:アドマイヤジャパン)

4代母にGreat Lady M.がいる牝系で、スピード感に溢れている産駒が日本でも多く輩出されています。
同じ牝系からはビリーヴ、その仔ジャンダルム、他にもマイスタイルやサウンドキアラなどのオープン馬、活躍馬が挙げられます。

サークルオブライフは、このスピード牝系にエピファネイアのスタミナを補完したようなイメージで、陣営から1600mは本質的には短いとまで言われています。

実際のレースぶりを見ていても、アルテミスステークスは前の馬がラスト100mで甘くなったところで捕まえましたし、阪神JFでも長くいい脚を繰り出しての勝利。
まだ距離は伸びても大丈夫そうに映りますし、同世代間なら遠征もないオークスが1番の狙いどころではないでしょうか。

凹凸のある馬場は阪神JFで克服していますし、血統的には全体時計がかかってくれる方が同馬にとってはプラスに働くかなと思います。

ただ、馬体を見る限りは繋ぎは寝気味なので、重馬場は少し割引かもしれません。

脚質的には後ろからレースをする分、基本的にペースが流れやすい重賞競走ではコンディションさえキープできれば、牝馬クラシック戦線で大きく崩れるシーンはあまりないのかなと考えています。間違いなく今年の主役候補の一頭でしょう。[2022/05/16]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました