ナランフレグ 競走馬メモ

ナ行

このページはナランフレグの競走馬メモです。

馬主:村木克成
生産者:坂戸節子
調教師:[東]宗像義忠

主な勝ち鞍:2022高松宮記念

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(4-4-2-11)(0-0-0-1)(1-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(1-0-0-3)(0-1-1-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)1
函館(右)
福島(右)1
新潟(左)25
東京(左)[1]1[2]
中山(右)13[1]
中京(左)2211
京都(右)[1]1[1]
阪神(右)11
小倉(右)
[]内はダート成績

中京、阪神では安定感有り。

ナランフレグの脚質に関する考察

・追い込み

近10戦のテン1F平均は13.3とスプリンターとしてゆったりとレースに入るタイプ。もうすっかりと終いにかける形で結果を残しているので、「追い込み」評価で妥当だと思います。

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後のメモをまとめています。

2022 シルクロードS 評価【A】–3着

馬場が荒れていようとも前走は上がり3F33.2で駆け上がっての差し切りは魅力的なナランフレグ。

今回は差しに構えたいメンバーが揃った一戦となったが、中でも荒れた芝コース、全体時計がかかりそうな馬場を上手に駆けてくる馬で、秋冬と阪神コースでの活躍は目立つものがあった。

昨年秋のセントウルステークスでは大きな着順となってしまっているものの、これは開催2日目の綺麗な芝コースだったので、それも止む無し。
ナランフレグは開催が進んで芝が掘れてこその馬だと思うので、今回は差し追い込み勢の中でもチャンス。

枠も捌きやすい所に入ったし、あとは堅実な終いの脚をどう活かすか、前がどれくらい前半厳しい流れを作ってくれるかに尽きる。
差し馬の中でも突き抜けまで考えられるのはナランフレグだと推したい。

レース後メモ

中京や阪神のような直線坂コースはやはり得意。
馬体重増の影響もあってか最後は少し止まったとのことだが、これからもパワースプリンターとして期待。

2022 オーシャンS 評価【B】–2着

終いは確実のナランフレグ。
ここ数戦の上がり3Fはメンバー中最速をマークし続けて、右回りも問題なし。
ハイペース必死ですし、中心視でもと思います。

ただ昨年の中山での一戦、春雷Sでも上がり最速で追い上げてはいますが、この時は6着。阪神内回りでも結果は出していますが、直線の短さから最後差し届かずは覚悟しなければならないところかなと思います。

また、前走はやや重めだったということもあり馬体重は絞れているかどうかチェックしたいところ。

状態は良いとのことですが、前走賞金を思うように加算できなかったところが誤算で、次走G1に出走するのであれば一連のピークは過ぎていると見て評価は下げようかなと今のところは思っています。

レース後メモ

今日もしっかりと脚を溜めて直線は前残り傾向の中でも真一文字に伸びてきた。
4角でスムーズに捌けたことが大きかったと思う。賞金加算のためのここ起用だったと思うので状態面のキープが鍵。直線の長いコースで改めて。

2022 高松宮記念 評価【B】–1着

一週前の動きが陣営的には微妙だったようですが、ここを大目標に使われてきたはずだと思います。

シルクロードSで2着ないしは勝っていれば、賞金的にもオーシャンSを挟むことなく、もう少し楽をさせられたのかなとは思います。

その後のケアもしっかりとされていると信頼を寄せたいところですが、見えない疲れがそろそろ溜まってくる時期?とも考えてB評価に留めました。

馬場が渋れば合うと思うので、買い目には組もうと考えています。

レース後メモ

後方で脚をタメる。ロスなくコーナを回り内に切れ込みながら坂を登る。
最後は狭くなるシーンもあり、また外へ張ったが熾烈な追い比べを制した。

血統背景

父:ゴールドアリュール
母:ケリーズビューティー
(母父:ブライアンズタイム)

一見ダート血統で、デビューから3歳夏までは砂を使われていたナランフレグ。

ダート血統馬の前向きさがよく活きる舞台新潟の芝1000m戦で勝利をおさめたのを皮切りに、タメては追い込みをかける競馬で結果を出してきました。

ナランフレグが何故芝の短距離が得意なのか血統面から答えを導くのは難解ですが、母:ケリーズビューティ、さらには母母:ビューティークロス(現役時代は1000〜1200mで中央4勝)も産駒の勝ち星は短距離が中心。
この牝系を遡るとこの馬の5代母:豊隼の父:フェリオール(フォルティノ系)のスピード能力の高さといったものも影響しているのかなと推測します。

ゴールドアリュール自身もエスポワールシチーやスマートファルコンような卓越したスピードを持つ産駒であったり、グレイスフルリープにシルクフォーチュンといったスプリンターも輩出しています。

ただナランフレグに関しては、母系の影響が強いのかなと思っています。
ノーザンテーストの成長力やロベルトの力強さを引き継いで阪神、中京コース向きでしょう。[2022/03/02]

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました