マイネルジェロディ 競走馬メモ

マ行

このページはマイネルジェロディの競走馬メモです。

2022.2.13北九州短距離S終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:サラブレッドクラブラフィアン
生産者:ビッグレットファーム
調教師:[西]西園正都

主な勝ち鞍:2021南総S(3勝クラス)

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(3-2-2-5)(1-0-1-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)
中山(右)111
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)1113
小倉(右)2112

持ち時計(距離別、テン1F、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・小倉芝1200m 1.06.6(34.1)
2021.7.3–2着

・阪神芝1400m 1.21.6(36.8)
2020.12.26–5着

・阪神芝1600m 1.37.1(36.5)
2020.7.4–5着

−テン1F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速11.7(2021.7.3小倉芝1200m–2着)
最遅12.9(2020.7.4阪神芝1600m–5着)

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速33.8(2021.12.5中山芝1200m–1着)
最遅36.8(2020.12.26阪神芝1400m–5着)

マイネルジェロディの脚質に関する考察

・先差し

キレ味というよりかは、持久力を活かすタイプ。
先行なら粘り込み、差しなら他のバテ待ちといった感じ。

3着内 馬体重変遷

・2歳(436〜444kg)

・3歳(454〜468kg)

・4歳(470kg)

デビュー前後から約プラス40kg。成長力を感じさせます。

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

なし

血統背景

父:スクリーンヒーロー
母:マイネエレーナ
(母父:ロージズインメイ)

母:マイネエレーナは、スパーキングレディーカップ3着を主にダート1200〜1600mで活躍。

兄にはシンザン記念2着に追い込んだマイネルフラップが。
牝系としても短距離かマイルまでを中心に活躍した馬が多く、例によってマイネルジェロディも短距離でしぶとさを活かした競馬が得意に映ります。

父:スクリーンヒーローからはロベルト系特有の力強さを引き継いで、直線坂のあるコースとの相性は良さそうです。
4代と5代の間で多重のクロス、インブリードが見られますが、ノーザンテーストのクロスから古馬になってからの成長力にも期待したいところです。
加えてDevil’s BagとGlorious Songの全兄弟クロスを持ち合わせています。[2022/03/02]

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました