ルフトシュトローム メモ

ラ行

このページはルフトシュトロームの競走馬メモです。

2021.11.27キャピタルS終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
調教師:[東]堀宣行

主な勝ち鞍:2020NZT

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-0-0-6)(1-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)2
中山(右)32
中京(左)
京都(右)
阪神(右)2
小倉(右)

中山コースでキャリアの全勝を挙げていますね。

持ち時計(距離別、テン1F、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・阪神芝1400m1.21.6
2021.10.30–13着

・阪神芝1600m 1.32.4
2021.4.25–13着

−テン1F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速13.0(2020.1.19中山芝1600m–1着)
最遅13.8(2021.11.27東京芝1600m–12着)

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速34.0(2020.5.10東京芝1600m–5着)
最遅36.0(2021.4.3中山芝1600m–13着)

ルフトシュトロームの脚質に関する考察

・差し、追込み

テンに早くないので自然とそうなってしまうというのが現況です。

3着内 馬体重変遷

・3歳(482〜492kg)

・4歳 なし

・5歳 

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

なし

血統背景

父:キンシャサノキセキ
母:ハワイアンウインド
(母父:キングカメハメハ)

[2022/02/27]
3代母には名牝ウインドインハーヘアをもつ牝系で全体的には坂を登ったりするようなパワーが強調されている血統構成に思います。

キンシャサノキセキ産駒はスタートが早い傾向がありますが、この馬はそこまでテンの速さは目立ちませんし、上がりもそこまで速い時計ではありません。
デビューから3連勝を決めていますが、以降奮わないのは相手関係に恵まれてのものだったのでしょうか‥。

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました