ダノンザキッド メモ

ダ行

このページはダノンザキッドの競走馬メモです。

馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]安田隆行

主な勝ち鞍:2020東スポ2歳S2020ホープフルS

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-0-2-2)(1-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)
東京(左)11
中山(右)112
中京(左)
京都(右)
阪神(右)11
小倉(右)

ダノンザキッドの脚質に関する考察

・先差し

テン1F平均は13.1。気性的な難しさからゲートが安定しませんが、いいポジションから競馬をしたい川田騎手のお手馬ということもあり、理想としては好位からの抜け出しだと思います。

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

2021 マイルCS 評価【B】–3着

マイルというよりかは1800mが強そうな馬という印象。
富士ステークスで一度使われたことにより、ガス抜きはできていると考え状態面は上向きとみたい。

大型馬でパワー型。軽い芝での時計勝負では少し分が悪い印象を受けるので、外有利かつ上がり時計のかかりそうな条件はプラスに働くはず。

ここである程度の結果を出せないと今後厳しくなりそうな感もある。
改めて、クラシックでの敗因の一つとして挙げられた理由は本来マイラーだからと言われたダノンザキッド。

今回は条件が揃う。正念場。

レース後メモ

中団馬群の真只中で折り合い4角を迎える。
外の勝ち馬には手応えで完全に劣っていたものの、最後までしっかりと伸び、来年への可能性を感じさせる内容。

2022 中山記念 評価【B】−7着

能力と格だけなら一枚も2枚もこのメンバーでは上だと思っています。
ですがその気難しさから馬体重発表やパドックに出てくるまでちょっと分からない馬で、強気には推せません。

大跳びでダイナミックな動きをするという点から外枠はいいと思いますし、スムーズに流れに乗れれば下手は打たないと考えています。
終わってみればアッサリなんてことも十分ありえることでしょう。
ただその逆の可能性も全く否定できないところです。

軸にはしづらいので、相手候補として今回はレースを見ます。

課題である気性面の問題が解消されれば、トップホースに慣れるほどの逸材だと思います。

レース後メモ

スタートでアオる。外を回って向正面中間からかなり早めの追い上げも、3、4角中間ではすでに余力がなく。最後は流れ込むので精一杯という感じ。
ペース配分でだいぶチグハグ。騎乗ミスに見える。

血統背景

父:ジャスタウェイ
母:エピックラヴ
(母父:Dansili)


母はフランスの中距離重賞ヴァントー賞勝ち馬で、血統全体の構成としては中距離向きだと思っています。

牝系は早いうちから古馬になっても長く活躍できる特性を持ち、ダノンザキッドはその点がよく引き出されている印象で2歳時からハイパフォーマンスを見せました。
また父:ジャスタウェイの産駒傾向としても成長力が魅力で、ダノンザキッドがデビューから馬体を増やし続けている所以なのではと推測しています。

ただ3歳になってからは、兄:ミッキーブリランテ(父:ディープブリランテ)と同じく気性面の課題が大きく壁となり、クラシックでの活躍は叶いませんでした。
パドックでかなり激しく発汗したりするのはよく見る姿で、気性難との因果はハッキリしませんが、皐月賞では3コーナーを逆手前で回っていました。

折り合いを考えるよりかは気性面を考慮して、マイル前後を舞台にペースが流れてくれる方が、レース展開としては合いそうです。

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました