アドマイヤハダル 競走馬メモ

ア行

このページはアドマイヤハダルの競走馬メモです。

2020.1.29白富士S終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:近藤旬子
生産者:ノーザンファーム
調教師:[西]大久保龍志

主な勝ち鞍:2021若葉S

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(2-1-0-3)(1-0-0-1)(0-0-0-0)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)12
中山(右)
中京(左)
京都(右)
阪神(右)2
小倉(右)

阪神は得意と見て。

持ち時計(距離別、テン1F、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・中山芝1800m 1.48.1(35.1)
2021.12.19–5着

・東京芝200m 1.57.6(34.2)
2022.1.29–2着

・東京芝2400m 2.26.0(37.1)
2021.5.30–17着

−テン1F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速12.6(2021.4.28中山芝2000m–4着)
最遅13.7(2021.5.30東京芝2400–17着)

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速33.7(2021.3.20阪神芝2000m–1着)
最遅37.1(2021.5.30東京芝2400m–17着)

[2022/02/27]最遅の時計はテンも上がりも日本ダービーでのもの。パフォーマンスが発揮できるのは2000mまでと見ています。

アドマイヤハダルの脚質に関する考察

・先行

頭数の都合もありますが、基本的には前目で競馬ができた時の方が良いパフォーマンスが発揮できそうです。
これまでのベストレースは若葉S。好位から上がり最速で駆けた内容は能力の高さを感じまっしたし、皐月賞も4着とパワーが求められるコースで好走しています。

中京コースも上手に走れるのではないでしょうか。

3着内 馬体重変遷

・2歳(472〜476kg)

・3歳(484kg)

・4歳(486kg)

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

なし。

血統背景

父:ロードカナロア
母:スウェアトウショウ
(母父:ディープインパクト)

相性が良いとされるキングマンボ系×ディープインパクト系で日本芝でのスピード能力・対応力が強化されたような印象の血統構成です。

脈々と受け継がれている名牝系ですが、ここでは祖母タバサトウショウに焦点を当てます。タバサトウショウはスイープトウショウやダート重賞で活躍を見せたトウショウフリーク、ピンクカメハメハを輩出。
リファールの影響か力強さ優れた産駒を出し、成績を見るにアドマイヤハダルにもスピード感というよりかは、そういった力感が強く引き継がれている印象を受けます。

全体の構成からするとマイル前後の距離が最適で、坂があり直線の短いコースの方が相性は良さそうと予想しています。

関連記事

なし

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました