グレイイングリーン 競走馬メモ

ガ行

このページはグレイイングリーンの競走馬メモです。

2022新春S終了時点までの成績を参考に、好走パターンに関する考察や血統背景等をまとめています。

馬主:青芝商事
生産者:追分ファーム
調教師:[西]池江泰寿

主な勝ち鞍:2022新春S

馬場別成績 芝・ダ(良〜不良)

稍重不良
芝コース(4-1-2-1)(0-0-0-0)(0-0-0-1)(0-0-0-0)
ダートコース(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)(0-0-0-0)

コース別成績

1着2着3着着外
札幌(右)
函館(右)
福島(右)
新潟(左)1
東京(左)11
中山(右)
中京(左)1
京都(右)
阪神(右)221
小倉(右)

持ち時計(距離別、テン1F、上がり)

−持ち時計【時計(上がり3F)、日付−着順 】

・中京芝1400m1.19.6(33.8)
2022.1.9−1着

・東京芝1600m1.34.1(37.1)
2021.5.9−17着

−テン1F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速12.4(2021.5.9東京芝1600m−17着)
最遅14.2(2021.11.13東京芝1400m−2着)

−上がり3F【時計(日付、競馬場、距離、着順)】
最速33.0(2021.11.13東京芝1400m−2着)
最遅37.1(20215.9東京芝1600m−17着)

テンの最速と上がり3Fの最遅が同じレースということは、引っ掛かったり、距離が長かったということが推測できます。

グレイイングリーンの脚質に関する考察

・先差し

基本的にレースの運び方に注文はつかないタイプですが、いいポジションで競馬ができている時の方が成績は安定しています。

3着内 馬体重変遷

・2歳(486〜494kg)

・3歳(486〜498kg)

・4歳(494kg)

重賞見解・関係者コメント

主に2021年11月以降のレースに関するTomの見解やレース後の関係者コメントをまとめています。

血統背景

父:ディープインパクト
母:リトルゲルダ
(母父:Closing Argument)

[2022/02/26]
母:リトルゲルダは短距離OPで活躍し、セントウルSなど重賞を2勝。
兄弟馬2頭も短距離で使われており、母系の血が強く影響。
インリアリティ系のスピードをよく引き継いでいる印象を受けます。

さらに母母父のBuddhaは父がUnbridled’s Song、母父がStorm Catという馬で、ディープインパクトとも相性の良さを感じる血統構成です。

関連記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました