2月20日 重賞回顧

回顧

こんにちは競馬ブロガーのTomです。
この記事では、2月20日に行われた小倉大賞典とフェブラリーステークスの回顧記事になります。

自分の備忘録的な要素も多く含みますが、よろしければお読みいただければなと思います。
よろしくお願いいたします。

小倉大賞典 回顧

1着 アリーヴォ 【A】

小倉巧者で今後は売っていきそうな見事な差し切り勝ち。
今回に関してはまず枠が大外枠で終始、馬場の悪いところを通らなくて済んだという点や展開的にも丁度いい中団位置に構えられたことなど、諸々噛み合った印象です。

特に馬場に関しては完全に外向き。多少どころかかなりロスをしても外の方が良さそうな馬場傾向になったことがアリーヴォの大きな味方になったように思います。

小回りが上手であること以上に渋った馬場を上手に走れることがこの馬の魅力でしょう。
他の競馬場でも阪神内回りや中山のようなコースであれば能力には大きく影響しないと思いますし、実績からも左右は問わないのではないでしょうか。

2着 ランブリングアレー 【A】

昨年のバシャバシャになった中山牝馬ステークスを制するなど、ディープインパクト産駒ながらも気持ちの強さを感じる馬で、今回も最後まで頑張っていたように見えました。

勝ち馬同様にランブリングアレーも馬場の中では悪くないところを通れたことが好走への鍵だったように思いますし、競馬の形としても実にスムーズでした。
負担重量が55.5kgでどうかなという点からA評価を打ちながらも微妙に強気にはなれないところでしたが、それに関してはあまり影響はなさそうでしっかりと出せる力を出してきた印象です。

2着になったのは、少し勝ち馬が抜けていましたね。

3着 カデナ 【B】

メンバー比較で57.5kgは少し酷量かなと感じたことや、「重」「不良」の馬場コンディションでは結果が出ていない分、見解では少し評価を下げましたが馬場は結果として「稍重」まで回復していましたし、何度も58kgでジーワンを使われているカデナにとってはそれも関係なかったのかなと振り返ります。

また標準よりも少し時計もかかってくれたことが終いの追い上げにも繋がった要因だと思います。年齢的ものも含め高速馬場ではなく、少し時計はかかってくれた方が良さそうです。
フェブラリーステークスとの両睨みで調整は続けていただけに調子そのものも良かったようですし、またダートで走る際にも乾いている馬場なら要注目です。

本命 スカーフェイス 5着

今の馬場では枠が内すぎだったのかなあと振り返ります。
終始馬群の中でなかなか身動きの取れないポジションになってしまいましたし、同じようなポジションで競馬をしたダブルシャープ同様キレるタイプの馬ではないので、3コーナーでスムーズに動くことができなかった、追い上げることができなかったことが手痛いレースでした。

直線だけでもよくそこまで追い上げたなというところまで来ていましたし、ポジション取りや勝負どころで手間取ってしまったことが悔やまれます。

狙いとしては開催の進んだ芝コースでの競馬や全体的に時計のかかるとき中心で。
上でも触れたようにキレるタイプではないので、開幕週の時計が出る馬場はあまり向いていないように感じられます。

非常に難しい馬場の読み合いレースでしたね。

フェブラリーステークス 回顧

1着 カフェファラオ【A】

まず勝ち時計が破格。
いくら時計が出やすい馬場状態とはいえ、1:33:8でそして上がりも最速で駆けられてしまっては後続各馬には流石に出番がなかったですね。強かった。

決して早いスタートではありませんでしたが、リカバリーが早かったですし、ポジション取りも実にスムーズ。文句をつける場所がありませんでした。
昨年このレースを勝って以降は奮わなかった分、半信半疑でしたが、血統好きな方はみんな知っている亀谷敬正さんからよく聞く「能力の方向性は一定ではない」まさにこれなんだなと感じました。

引き続きワンターンのマイル戦なら狙えそうですし、コーナー4回の競馬なら評価を少し落としても良さそうな感じ。
エンパイアメーカーの血を引いていますが、砂かぶりはNGではなく、ワンターンでは枠不問かなと。コーナーで息を入れないような緩むところのないコースやレース展開が得意でしょう。

一周競馬でテーオーケインズとかちあうならテーオーケインズの方を重く取りたいかなという個人的な番付です。

おまけになりますが、アメリカンファラオは自身はダート三冠馬ながら産駒はスピードのある芝馬の活躍が目立つそう。
思い起こせば外ラチの方まで斜めに走る癖のあるリフレイムもアメリカンファラオ産駒。

カフェファラオに関しても母系にヘイローを持つことから日本の芝競走でも走れても全然いい血統だと思います。
過去に函館記念にも挑戦しましたが、あれはコース諸々噛み合わなかっただけで、安田記念やワンターンの芝レースに出てくれば結構いい勝負になるんじゃないかそんな気が勝手にしています。

2着 テイエムサウスダン【B】

粘り込めたのは岩田騎手の好判断があってこそですが、この馬自身も力をつけてそれが結果に結びついた2着だったと思います。

レースは逃げに持ち込めたと思ったサンライズホープの大野騎手が折り合いに専念し始めたところで一気にハナを奪いに行ったわけですから、まずここでひと唸り。

次にハナを奪った後ですが、コーナーを回る際に内を掬われないようおそらく牽制の意味も込みでラチから中途半端な馬幅を取って回っているところが巧みそのものでした。

やれることを全てやって、あとは馬場も味方してくれての2着だと思います。
正直今回は鞍上の好プレーがものすごく光った印象ですし、1600mは標準的には長いのかなあと思います。
ただ、砂を被る競馬を克服したことや今回見せた操縦性はこれからも侮れません。
大型馬だけに夏場は少し割引が必要かもしれませんが、冬場は調子を上げてくるものと思って今後の予想に活かしていこうと思います。

3着 ソダシ【C】

速い時計が出たからこその3着粘り込みだったと思いますが、それはそれとしてもソダシは相当能力が高いということは重く再認識しなければならないなと感じました。

気持ちの面でこれからはムラっぽい成績になる可能性もあるかもしれませんが、とりあえずワンターンのマイル戦であるならば気持ちを切らさずに走れることはカフェファラオ同様。

終始好位で競馬ができたことも大きかったと思いますし、先にも書いたように芝レベルの速い時計が出るような脚ぬきの良い芝でも時計を出せる馬場が今回のソダシには大きく味方したのかなと。
もし、パサパサだったら少し結果は異なっていたのかもしれません。

賞金を持っているので、交流重賞を使う可能性はJpnⅠクラスにならないと出てこないのかなと感じていますが、一貫して狙うのであればワンターン戦に拘りたいと思います。
札幌記念を勝っている以上、コーナー4つも距離によってはこなせるとは思いますが、秋華賞やチャンピオンズカップの負け方から息がゆったりと入る展開はあまり味方にならなさそうです。
道中は流れるような展開になってくれることや、気持ちを最後まで途切れさせないよう要素が事前に推測できるようであれば狙ってもいいかもしれません。

このレースで過去に上位に入線した牝馬では、ドバイWCでも好走したトゥザヴィクトリーがあげれれます。
好走するようであればソダシもそのレベルに近いというようなことを見解では書きましたが、本当に能力だけならその通りかもしれませんね。

ラヴズオンリーユーを破っているくらいですから。
今回は恐れ入りました。

本命 ソリストサンダーは4着

見解記事で、時計勝負になった時ちょっと不安ということを書きましたが、まさにその通りの結果になったと思います。
心配事の8割だか9割は起こらないっていう本?哲学?があったと思うんですけど、これは僕が残りの何割かを引いた結果という感じでしょうか。笑

ソリストサンダーは、最後の最後ソダシに及ばなかったのは、もう完全に馬場に泣いたとしか。
道中のポジションも中団でしっかり脚が溜まっている感じがしましたし、直線での追い出しのタイミング、雰囲気諸々完璧だったと思うんですが、完全に時計の出る前残り馬場で伸びているけれど、捕まえきれなかったなあと振り返ります。

引き続き狙いをたてるのであれば、あまり暑くない時期のマイル前後に絞りたいと思います。
東京マイルなら変わらず得意舞台と見ていいと思いますが、年齢的な能力の上下幅をしっかりと見極めていきたいところです。

次走以降注目 タイムフライヤー

5着に追い込んだタイムフライヤーですが、人気薄ながらも内容は強いものがあったと思います。
前走の根岸ステークスでは、直線でタガノビューティーにタックルされる大きな不利がありながらも0.6差の6着に追い上げていたので、もしかしたらというような感じもしていましたが、今回も完全な前残り馬場をただ一頭5着まで差し込んできた内容はかなり立派。

ただ一頭抜けているカフェファラオを除くと、2着との差は0.3までしかありませんでしたし、体型的にも完全にダート馬になってきています。
脚質的に恵まれない競馬が続いていますし、昨秋から一貫してワンターン競馬なので再び一周競馬に戻した時にどうなんだろうという疑問がつきまとうものの、東京コースでの差し脚には穴っぽいところで期待できるのではないでしょうか。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
回顧
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました