ダイヤモンドステークス 出走各馬見解&予想

競馬予想

この記事では2月18日、東京競馬場で行われるダイヤモンドステークスの出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
競馬ブロガーTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

ダイヤモンドステークス 出走各馬の見解

グレンガリー【C】

休みを挟んだ前走は道中中団後ろから。追われても伸びを欠き、見せ場を作ることができなかった。
中間は時計を出しながらも力む様子が目立ったようで、一方追い切りではガスが抜けたというか、軽い動きでスピード感十分の動きに見えた。

そういった面や成績、また去勢されていることを考えると気性の難しい馬で、3400mを駆け抜ける上ではこの気持ちの面が走りに影響を与えないか若干心配なところはある。

セントレオナード【C】

母父ガリレオと体力面で優れているように一見思えるセントレオナードは、3勝クラスからの格上挑戦。
自己条件では、初戦から人気を集めたものの波に乗り切れておらず、その実績面を考えると今回の走りにも疑問が残る。
波に乗り切れていないディープインパクト産駒の急激な巻き返しの可能性というのはそれほど期待もできず。

ヴァルコス【B】

叩き3戦目でどこまで変わってくるか注目のヴァルコス。

若駒の頃から2000〜2400mでの活躍が目立っていたものの、血統的には奥の深さ、古馬になってからより能力を発揮できそうな印象。
特に母父ダンスインザダークというのは魅力的に映る。

輸送があるので軽めとのことだったが、中間・追い切りの動きともに地味な印象を受けた。

左右での回りでは得手不得手はなさそうに思えるが、コンパクトなコースよりかは広いコースの方があっていそう。
ただ使える上がりには限界があるタイプなので、東京で高速決着になる際には少しキレ負けしていまう可能性も高い。
一雨降って、時計が掛かってくれるようであれば、軽視は危険かも。

アドマイヤアルバ【B】

展開の助けが欲しいところ。
若駒の時は早い時計にも対応できたが、キャリアを重ねていくうちに段々と脚が使えなくなり、距離を伸ばしてアジャストを狙っている印象。

昨年は目黒記念で3着。このときはレースの形に恵まれた感じで、以降は着順では奮わない結果が続いている。
ただ宝塚記念以降はそれほど大きく負けているわけでもなく、上がりもそこそこ使いつつある程度にはまとめてきている印象。

雨予報なので、多少時計のかかる馬場になり、好枠からインのポケットでレースをしてくれればといった感じ。
過去実績からは稍重までは対応できても重発表になると凡走しているので、その辺りは当日に見極めたいところ。

カレンルシェルブル【B】

格上挑戦で名実ともにチャレンジャーだが面白いと思う1頭。
まだキャリアも10戦目で浅いうちで、デビューからは一貫して芝2000m以上。

明けて4歳でまだ筋肉もつききっていないとのことで、前走に関してはヨーイドンレースで完全なキレまけ。
ポジションは取れる馬なので、緩急のあるレースには対応できなくとも、ロングランでのスタミナ勝負に持ち込むという采配は個人的にはプラスに働くと思う。

血統的にみても父ハービンジャーはどうかも、母父ハーツクライが魅力。
さらには母母はunbridled’s songの仔ということなので、ハーツクライの個性を引き出したように母自体は芝馬だった。

さらにダイヤモンドステークスはトニービン持ちの馬が結果を残しているので、そういった点でもハーツクライの血を引くカレンルシェルブルのいきなりの好走にも期待したい。

またこれは一種のメタ考察になってしまうが、横山和生騎手は53キロでの騎乗はあまりしないので、ここは気持ちが入っている一戦であることに疑う余地はない。

トーセンカンビーナ【A】

A評価を打ったものの、スタート次第だと思う。
一時調子を落としていたいたが、近2走は復調を感じさせる内容。
特に前走のステイヤーズステークスでは、大きく遅れながらも鞍上の性格も出た早めに動く強気の競馬。
結果として、終いの伸びには影響があったものの、しっかり4着に走ってきたのは評価したい。

元より4歳時には阪神大賞典2着、天皇賞・春では5着と既にステイヤーとしての資質は十分であるということは証明済で、持っている能力では今回は1番ともいってもいいのではないだろうか。

中間は抜群の伸び、追い切りでは3頭併せの内側で最後は遅れているものの、そこまで促してもいないしあくまでも動きを確かめる程度だったと思うので状態面には不安はない。
終いはいい脚を使えるし、馬場が渋っても問題のないタイプ。あとは冒頭に書いたようにスタートさえ決めてくれれば。

ヴェローチェオロ【B】

センスが高いなあと思うヴェローチェオロ。
いいポジションで競馬ができる馬で、終いの脚も堅実な印象。古馬オープン初戦ではあるものの、能力面だけではいきなり通用しても良さそうな動きの良さを見えいて感じる。

気になるのは、距離。
ゴールドシップ産駒だからということで、3400mのような長距離もいけるだろうと飛びつくのは少し待ったをかけたい。
ヴェローチェオロの母父はスピードに秀でたタイキシャトル。
兄弟馬にはベルクリアやハーグリーブスといったダート短距離で活躍している馬がいるだけではなく、牝系を遡るとビリーヴにも行き着くようなスピードを伝える牝系。

ゴールドシップのシブいところを補うような牝系なので、1番合いそうな距離は2400であったり2500くらいなのかなと個人的には思うところ。

それでも菊花賞ではタイトルホルダーを除けば2着とは0.3秒差と健闘。
2周目の勝負どころでハミを取らなくなってしまったという鞍上のコメントが若干気になるところでもあるが、今回は横のメンバーレベルでの比較で勝負になると結論づけたい。

アンティシペイト【B】

前走は急な乗り替わりの影響もあってか案外だったアンティシペイト。

少し間隔をとった前々走のアルゼンチン共和国杯では終始力む仕草が目立って直線はガス欠。
折り合いが鍵となった前走は勝負どころで置いて行かれて、上位とは水の空いた結果に。

気難しい馬で、今回は馬具の工夫してくるかもしれないとのこと。
その気性的な部分からどう評価していいかわからない部分も多分にあるが、血統的には3400走れてもいいのかなといった印象を受ける。
とりあえずトニービン持ちは無視できない重賞という考えなので、連複連単では抑えても良さそうというB評価で。

テーオーロイヤル【A】

連勝の勢いを買いたいテーオーロイヤル。
逃げても良し、差しても良しというレースの幅があるところが魅力で、距離に関しては初物も斤量に関しては54kgなら下手なレースはしてほしくないところ。

血統構成では、3代母にトワイニングの全妹Amizette、母父マンハッタンカフェはサンデー系ながらも相手の特徴を引き出したような産駒が多いので、結構スピードに優れているようなタイプなのかなと思うものの、テーオーロイヤル自体は胴長でスッキリ馬体を映すタイプ。

シルエットを見ていると個人的にはシーザリオに似ているのかなあといった印象。
それでも夏を越して一気に力をつけてきたあたりはマンハッタンカフェの血からくるものなのかなという感じもする。

綺麗な跳びで走るので、馬場が渋った時にどうなのかなという感じはするものの、注目馬として名前を挙がる一頭であることには違いない。

レクセランス【B】

一時勢いを落としていたものの、長い距離で復調気配を感じさせるレクセランス。
3400mになるとどうなんだろう気持ちはあるものの、正直今回はどの馬もそんな感じなので、前走大幅馬体重増の万葉ステークスでの実績を重く評価したいところ。

血統だけ見るとすごいキレ味特化というようなイメージ。
母エクセランス2は芝1400mの重賞勝ち馬、そしてその父Champs Elyseesはハービンジャーの全弟ではあるものの、自身は長くいい脚を使うタイプではなく、キレる脚が持ち味の馬。

そして父はディープインパクトなので、一見マイル前後での差し比べで強そうな馬だとは思うが、長距離でのレースが板についてきているあたり長い距離の方が現状合っているのは実績を見れば明らか。

馬場が渋った時に終いの脚に大きな影響がなさそうというのは、3走前のケフェウスステークスの走りで結果を残した通りで、あまり走路状況にも左右されない部分というのも魅力の一つ。

カウディーリョ【A】

姉はキレ味タイプディアデラマドレ、そして兄は先行粘り型のドレッドノータスという良血馬で、イメージとしては兄に似ている。

ステイヤーズステークスでは、アイアンバローズ出し抜かれて途中ハナを譲るよう格好になり、精神面で繊細なところがあるこの馬にとっては、少し勿体無いレースになった。
そして前走については終始外外を回る競馬になってしまい、直線途中で失速。結果として差し追い込み勢が台頭してレースでもあったし展開も向かなかった。

長距離レースになるだけに、展開面については読みづらく、途中被されたりするようなレースになると少し嫌な感じではあるが、今回は積極性があり菊花賞ではハナでレースを進めたデムーロ騎手起用はプラスに捉えたい。

馬体もその頃との比較で大きく増えてきているし、決まった逃げ馬もいないので展開の助けが最後の一押しとなればというところ。

メロディーレーン【B】

弟にはタイトルホルダー、あまり説明もいらないくらい長距離血統なメロディーレーン。

実績からしても長いところが合うのはもう明白で、ファンの多い馬。
2走前には阪神3000m戦を勝ち切っているところからも今回も人気を集めそうだ。

メロディーレーンの心肺機能の強さは本当に素晴らしいものがあると思うものの、馬体が小さいせいかその分1戦毎の反動も結構大きいタイプのように思える。
「出走間隔が空いた方がいいタイプ」と陣営もコメントを出しているし、少しばかり手が伸びづらいローテーションの組み方をされているのも事実だ。

負担重量3kg減は大きな魅力ではあるものの、勝ち切りまでは疑問。

ゴースト【C】

枠も外を引いてしまったし、やはり鼻出血持ちはあまり強気に推せないというのが正直なところ。

昨年の阪神大賞典で競走を中止してからも長距離路線でオープンでは結果残してきたが、いずれも洋芝の小回りコース。
ゴーストの場合はパワーや持久力には優れているものの、一転してスピード勝負では厳しそうであまり長い直線向きではないのかな、という印象。
たった一度で判断しきれないところはあるが、昨年のアルゼンチン共和国杯を見ていると完全なスピード負けに見える。

父ハーツクライ、2代母Forest Keyからスタミナを補っている血統には思う。
このレースではトニービンを大切にしたいと他馬の見解でも書いてはいるが、ゴーストの場合は冒頭で触れたように鼻出血持ちというところが引っかかってしまう。

ランフォザローゼス【C】

ひと頃と比べると勢いは一息かなあというランフォザローゼス。

ただ血統的には穴っぽい感じ。
それこそこの馬もトニービン持ちという観点からは無闇に切ってもいいものなのか少し迷いどころ。

体調的にも引き続き良好とのことだし、前走も一脚を繰り出すシーンはあった。
肉体的にも馬体重の変動も激しいし、奮わないのは気持ちの面も影響しているのかなあという印象ではある。
余裕があればの抑え候補。見解ではC評価で。

Tomの予想は

◎カレンルシェルブルにします。

格上挑戦ですが、傑出馬不在の今回は挑戦者側から狙うのが良いと思いこの馬から狙いを立ててみたいと思います。

上がり勝負になってしまうと厳しい馬で、前走はまさにそんな感じ。
ダイヤモンドステークスというレースの特性上どうしても上がり勝負になってしまうものの、それでも3400m戦。

希望的観測に過ぎないですが、ラスト3F35秒台で上がってくることができればポジションも取れる馬ですし、なんとか好勝負にならないかなと思います。

見解にも書いた通り、横山和生騎手の53kg騎乗は結構アツいと思うので、この点にも期待を寄せたいと思います。
内側に前々でという馬もいませんし、自然といいポジションでの競馬も叶いそうですから、あとは大幅に延長となってしまう距離がどうなるか次第だと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました