共同通信杯 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では2月13日、東京競馬場で行われる共同通信杯の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

共同通信杯 出走各馬の見解

サンストックトン【B】

まず未勝利戦を勝ち上がった舞台に戻ることは大きくプラスに働きそう。

広いコースで時計がかかってくれそうな方がサンストックトンにはあっていると思うし、雨馬場もさほど気にしないタイプだと思う。

前走の京成杯は「後手後手の競馬になった」とのことだったが、それ以上に距離ロスの目立つ競馬で終始外を回してはそれ以上の工夫が見られず無策の敗戦という印象で、それでも勝ち馬とは0.8秒差大きく負けていない点は評価したいところ。
そしてロスを少なく運べる今回の内枠替わりは好材料だと判断したい。

湿った馬場「稍重」コンディションでも好走できているので、あとは追われてからの長くいい脚を鞍上がどう活かすかに尽きる。改めて条件は前走よりも良化しているように思う。

アサヒ【A】

仕上がりの早さが目立つアサヒ。
新馬戦はジオグリフのハイパフォーマンスに、2戦目は体力面が充実していそうなアスクビクターモアに敗戦。

東京スポーツ杯2歳ステークスでもイクイノックスの脅威的な上がり時計に屈するなど、これまでは相手が悪く、これまでは少し運のない馬だなという印象。

その東スポ杯では、大きく時計を詰めており今回も良馬場で好勝負を見込んでいたが、仮に馬場が渋っていてもさほどパフォーマンスを落とさずに走ってきそうだ。

根拠は血統面から。
カレンブラックヒル産駒はダートで活躍馬が目立つ傾向が強く、ダイワメジャー産駒の個性をよりパワーに寄せた感じ。
周りの主流血統が切れ味勝負に持ち込めない状況になった時でも下がり幅が少ないとみた。

(追記)
天気予報をみたところ、あまり雨の影響は馬場にはなさそう。
土曜芝の時計が出方からすると東スポ杯で1分46秒台で駆けたアサヒはまず好勝負だと思って良さそう。

アバンチュリエ【C】

スタートが課題となるアバンチュリエ。
最後の最後はいい脚で追い込んで着実に上位に絡むものの、やはりスタートの後手に泣く競馬が2戦続いていることは懸念材料。

道中もかかるところがあるとのことで、課題はまだ多くありそうだ。
その中でも実績は残しているところから、能力そのものは高いと思う。

今回は余裕があれば相手候補、絞るのであれば相手からは外すかなという評価にとどめるが、モーリス産駒という点からも良くなるのはまだ先だと思う。
ゲートでの駐立等課題を乗り越えれば重賞級と見て、引き続き注目はしたい。

エイシンシュトルム【C】

初芝だけになんとも言えない部分が多いエイシンシュトルム。
ただ1200m戦で逃げ切りや安定してポジションを取れるところからもスピード自体はいいものを持っていそう。

周りに主張する馬もいないので、おそらくハナはこの馬。
あとは体力面でどこまんで踏ん張れるかに尽きる。

ジオグリフ【B】

誰が見ても末脚は良いものがあるジオグリフ。

前走の朝日杯フューチュリティーステークスはポジションがあまりにも後ろすぎたこと、上がりは最速も直線で不利を食らってしまったことなど敗因ははっきり。距離もマイルは少し短かったように思える。
17番手から外ぶん回しで4着争いの一角まで追い上げは、改めてこの馬の能力は非凡であることを証明した走りに思えるし、今更その議論の余地はないだろう。

問題は今回の雨馬場になった時にこれをこなせるかどうか。
ドレフォンとサンデー系個性を活かすような母父キングカメハメハという構成なので、血統表だけ見ているとスピードに振りまくっている印象。
個人的には雨馬場は合わないんじゃないかな、と考えている。

ただ喉鳴り持ちなので、湿度が高いのは環境的には良いだろうし、なんとも難しいところ。

発表が「重」以上になっても勝ち切るようなら規格外の強さだと結論づけたい。
今回は中心視はせずとも当然注目。

(追記)
明日はおそらく良想定で、土曜同様時計も出やすそうな馬場だという読みに変える。
「重馬場」での走りも見てみたかったところではあるが、今は外からの差しも決まるだろうし、あとはスタートをうまく決めさえすればという感じ。

アケルナルスター【B】

安定した差し脚が東京コース戻りでさらに魅力となるアケルナルスター。

結果としては届かなかったわけだが、それでも馬群を器用に捌いてホープフルステークスでは0.5秒差に7着。
東京コースでも新馬、未勝利と共に上がりは最速の時計で駆け上がっているので、今回もその末脚には期待したいところ。

ただ、前回のホープフルステークスの見解記事にも書いたように、どちらかと言えば綺麗な芝でのレースがベストだと思うので、今回雨の降りと芝の状態次第ではこの末脚が鈍る可能性も見ておきたい。

やることが決まっている中穴馬は怖い存在なので、連複連単で購入の場合なら抑えておきたい存在。

(追記)
天気予報を見る限り、雨はほとんど降らなさそうなので、末脚発揮に期待を寄せたい。

レッドモンレーヴ【C】

積極的な競馬をしてどこまで踏ん張れるかというレッドモンレーヴ。

スタートからのポジションを取るまでに苦労しない馬なので、今回は逃げ馬を見る位置での競馬。初の東京コースでも、兄のランフォザローゼスの青葉賞2着などの実績を見ている限りは上手にこなしてくれそうなイメージで見ても良さそうだ。

戸崎騎手に手がかわって、そして重賞級にメンバーが上がってどこまで頑張れるか。
新馬で最後に差し切られたシェルビーズアイのその後を考えると横の比較で今回は少し疑問だ。

ビーアストニッシド【A】

シンザン記念は勿体無い競馬だったと振り返りたいビーアストニッシド。
結果としては、道中行きたがる面を見せながらも4着と追い上げたのは立派。
ただ直線の入り口で身動きが取れなくなってしまったのは大きなロスだったと思う。

その前の京都2歳ステークス(阪神施行)では逃げる競馬で、道中物見をする場面がありながら直線では最後まで気持ちを切らさずに3着に粘り込むなど、能力はあれど少し気持ち的に難しいところがある。
それを踏まえて前走はレースを学習させるという意味合いも込みで逃げを選択しなかったのではと予想。

前走の内容が糧となって、馬を前に置いて折り合いを上手につけながら競馬ができれば、引き続き強力メンバー相手でもいいレースを見せてくれることを期待したい。
走りが地味に映るのか、あまり人気していないので、穴なら間違いなくビーアストニッシド。
昨日のアメリカンスター同様アメリカンペイトリオット産駒の穴あけに期待する。

ジュンブロッサム【B】

競馬を覚えてきてあとは地力でどこまで通用するか今回注目のジュンブロッサム。

初戦は直線で外から馬に寄られたことによって怯んでしまったが、2戦目は外目の枠から悠々と駆け抜け東京芝2000mを勝ち上がり。
展開的なものもあったが好タイムで、翌週には更新されてしまったが2歳のレコードを叩いた。

勝ち方や走りに派手さこそないものの、馬場が渋ってくれれば時計がかかる方が得意のワールドエース産駒なので、血統的には粘り込みあっても全く驚けない。
しっかり流れに乗って終いも甘くなる印象はここ2戦の競馬からは見受けられないので、この馬も人気薄なら一発候補。

ダノンベルーガ【B】

注目ダノンの二頭はどちらも体調面が鍵。
ダノンベルーガは新馬戦を勝利あと、放牧そして1月8日に帰厩。
その時の毛ヅヤやハリなどが冴えず、状態面があまり良くなかったとのことで、そこからどこまで状態を上げているかが一つ焦点。

追い切りは動かしていない分、見栄えのする内容ではなかったがなんとなく全体的に動きももっさりしている印象を受けた。
1週前の段階でも「新馬の時の方が良かった」と調教師もコメントを出しているので、今回は能力でどこまで戦えるかという一戦になりそうだ。

産駒傾向からも、じっくり使いながら成長を待ちたいところではないだろうか。

ダノンスコーピオン【B】

追い切りに跨った鞍上の「間に合っていないです」
このコメントが全てではないだろうか。
状態面では本調子ではなく、今回は遠征や初コース克服すべき課題もいくつかあるだろう。

萩ステークスでは後にG1馬となるキラーアビリティを抑えており、上位人気には推されるだろうし、朝日杯の内容からもポテンシャルだけで上位はうかがえても、アタマ突き抜けはどうだろうか。
買いたいのであれば馬体重の変動やパドックまでしっかり見て、精査すべきではないだろうか。

Tomの本命

アサヒにします。

当初はビーアストニッシドに本命の印を打ちましたが、変更してアサヒから入りたいと思います。

アサヒは、これまでのキャリア4戦中3戦が東京の1800m戦とまず舞台経験が豊富な点が好感を持てます。
調教師からも「真面目な馬」と評される通りの戦績で連対圏はまだ外していませんし、見解にもかきましたが、負けてきた相手は何かしらに特化しているような強力な馬たちだったので、それも仕方がないと割り切れます。

1800mの自己ベスト1分46秒6はイクイノックスの強さに引き出されたもので、相手関係が変われば当然またかわってくるとは思いますが、優秀なタイムで走れるというのも好走を期待する材料として今回は組み込んで見たいところです。

続いて評価を最終的には下げたビーアストニッシドについて。
これまでのレースを振り返るとシンザン記念を除いては精神面での幼さが目立つレースがほとんどで、まだ本気で走っていないんじゃないか?そんな印象も受けました。

まず推奨理由は、前走のシンザン記念では逃げなくても競馬ができることを証明しましたし、やはり直線入り口で進路がなくなるシーンがかなりもったいなかったように感じます。

精神面での課題を残す馬なので、関東への遠征で当日のテンションが気になるのと、再びの距離延長という点が気になるので、アサヒを上に取ることにしました。
そこを克服してさえくれれば穴を演出する素晴らしい役者になってくれるんじゃないか。
そんな期待を寄せたくなります。

ジオグリフは馬券的妙味が薄く、改めて適性を見定めるレース。
ダノンスコーピオンは一回使ってから。
ダノンベルーガーの完成はまだこれからとみています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました