京都記念 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では2月13日、阪神競馬場で行われる京都記念の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。

また共同通信杯の見解と予想記事も投稿しています。こちらも是非ご覧ください。

京都記念 出走各馬の見解

タガノディアマンテ【C】

前走は1年ぶりながらもしっかりと結果を残してきたタガノディアマンテ。

陣営としては思っていたよりもしっかりと駆けてきた印象らしく、今回その反動も感じられず好調はキープしているとのこと。

スタミナに優れているタイプで、体力勝負ならここでも十分に通用の目があってもと思うが、今日のように結構時計が出る芝の状態ではどうだろうか。
最内枠からロスなく運べることは魅力で、ロスのない競馬であとはどこまで追い上げが効くかどうかという展開の助けも欲しいところ。紐穴候補として。

マリアエレーナ【B】

前走の愛知杯では本命◎を売ったマリアエレーナ。
直線では外にモタれながらも最後まで懸命の走りを見せて勝ち馬のルビーカサブランカとは僅差だった。

今回は斤量面で引き続き恵まれている印象ではあるものの、混合戦になることと、右回りでの実績が若干乏しいのがここにきて気になるところ。

周りのメンバーを見てもいい位置で競馬が出来そうなので、あとは自分の競馬をしてどこまで踏ん張れるかに尽きると思う。叩き2戦目で状態面も悪くない。

血統構成的にも素軽さの活きる馬場状況でも能力発揮に大きな影響はなさそうなので、あとは久々となる阪神コースをどうこなすか。

エヒト【C】

阪神内回りは相性としては悪くないエヒト。
前走のAJCCも勝ち馬との差は0.7秒差と決して大きくは負けていない。

エヒトの場合は条件馬時代から良くも悪くも相手なりのところや展開次第なところがあるので、重賞級になるとこの個性がなおのことアテにしづらくさせる要素だ。

中1週でも状態は悪くないとのことだが、今回の相手でもいきなり大きな前進を見込むには極端な展開になって欲しいところだ。

レッドガラン【B】

前走で念願の重賞初制覇を飾ったレッドガラン。
調整、レース内容などありとあらゆるものが噛み合った会心の勝利と言える内容だったと思う。

今回の2200mという舞台がレッドガランにとっては一つ大きな鍵とはなりそうだが、血統的には上手にこなせそうな印象で、むしろ年齢を重ねてシブさが出てきている今はマイルよりも断然合いそうな印象を受ける。

そのマイルを長く使っていただけあってポジション取りも苦労しないだろうし、あとはレースの流れとレッドガランのもつ体力次第。
ゆるい流れで後半勝負になるようであれば、上がり3Fは阪神で猛時計を叩いていたレッドガランにとっては大きなチャンスがまたしても舞い込んでくるのではないだろうか。

サンレイポケット【B】

右回りは問題ないということだが、やはりその点が気になってしまうサンレイポケット。

地力は間違いなく今回トップレベルではあるものの、陣営としても右回りに関しては半信半疑なところがあるようで、天皇賞・秋4着やジャパンカップ4着の実績に全幅の信頼を置いて飛びつくのはすこし危険な感じもする存在。

中間も少し動ききれていないところがあったようなので、個人的には今回は様子見でいきたい一頭。
連複連単ではアタマ狙いよりも2列目、3列目といったところか。

ユーバーレーベン【A】

雨がたくさん降ってくれさえすれば断然の本命だったが、そこまでの雨量は天気予報を見る限り期待できないので、個人的には相手に添えたいユーバーレーベン。

オークスを制しているように豊富なスタミナはゴールドシップ譲りと書きたいところではあるが、全体を見たときにスタミナが豊富な血統構成。
ご存知の方も多いと思うが、ゴールドシップ産駒は非根幹距離で上がり時計のかかる勝負にはめっぽう強いので雨が降って欲しかったと上では書いた。

そのユーバーレーベンはオークス後決して順調とは言えない状態の中で秋華賞13着。
状態が上向いてきたジャパンカップでは直線スムーズに捌けずに勿体無い競馬ながらも上がり3Fはメンバー中2位の時計で6着。能力の高さを証明。
正直この時は、一度頓挫してしまった牝馬の巻き返しは難しいという考えからC評価を打ったが、今では反省している。

いい頃の状態に戻ってきているようだし、陣営としても勝負をかける一年になると思う。
遠征で減るタイプなので、馬体重は要チェックだが、極端な減り方さえしていなければ好勝負必至。

ダノンマジェスティ【C】

前走も厳しい結果になったダノンマジェスティ。
適性こそありそうな舞台ではあるものの、明けて7歳、前走時の見解にも書いたように少し旬を過ぎてしまっているような気がする。

前走との比較で大きく条件が変わったり、レース内容が変わる材料についても現況では乏しいように思える。

ラーゴム【B】

前走の中日新聞杯では展開が全く向かず、話にならなかったラーゴム。
末脚がキレるタイプではない中、超のつく前残り展開を終始後方から外ぶん回し13着と可哀想な結果になった。

気難しいところがありながらも長くいい脚を使えるところがラーゴムの魅力。
陣営としても今回はその部分を活かしたいとのこと。相手関係的にも積極的でポジションをとっていく競馬が叶いそうだ。

道中の折り合いが最大のキーポイントだが、その点は何度もコンビを組んでる池添騎手の手腕に頼りたいところ。
戦績的にムラがあるものの、スムーズな競馬さえ叶えば上位アタマまで見たい。

ジェラルディーナ【B】

ラーゴムに続いて斉藤厩舎が送り込む素質馬のジェラルディーナ。

前走のチャレンジカップでは本命を打ったものの、なかなか動き出せない厳しいポジションに押し込められてしまい、直線も馬場の悪い内側を通るしかなかったという完全にレース展開に泣かされた一戦で、力負けではない。

気になるのは、初距離となる2200mという舞台だけで、それ以外は特に不満もない。
鞍上としては前々走が絶好調だったとのことで、その時との比較では一枚落ちるが及第点の評価で力を出せる状態にはあると思う。

一転して外目の枠を引いたので、今回は内で押し込められてしまうということはなさそうだが、真っ向勝負でどこまで通用するのか距離は持つのかクロノジェネシスに次ぐ斉藤厩舎を引っ張る存在へと名乗りを挙げるのか注目したい。
本格化してくるなら今年。

レッドジェネシス【A】

菊花賞ではモロに神戸新聞杯激走の反動が出てしまった印象のレッドジェネシス。
しっかりと休養を挟んで今回仕切り直しの一戦。

鞍上談としては「休み明けという感じもあるけど、全体的に走りが良くなっている」とのこと。
ディープインパクト産駒は休み明けでもいきなり走ってくるので侮れないところ。

また京都新聞杯を制していることや、阪神2400m戦での勝ち上がり実績からも今回の舞台は抜群に好相性。
前日の段階では案外人気していない印象で、相手関係を見ても今回自分の競馬に徹すれば、大きく負けることもないと見てA評価を打ちたい。

アフリカンゴールド【C】

おそらく今回も前に出して競馬をすることが想定されるアフリカンゴールド。
昨年の中日新聞杯では、極端な前残りレースを先行して踏ん張ったように今回も前々での競馬をしてあとはどこまで踏ん張れるかどうかに尽きると思う。

日経新春杯でも大きく負けていないものの、やはり決め脚がないところがウィークポイントとして引っかかるところ。

マカヒキ【C】

昨年の京都大賞典では復活Vを決めたマカヒキも明けて9歳馬。今年の初戦を迎える。

ジャパンカップでの敗戦が物語るように今ではスピード勝負では分が悪く、そして京都大賞典のような極端にタフな展開になってこその存在だと思う。

今回も距離や舞台設定そのものは悪くないと思うものの、出番が巡ってくるのであれば先行馬総崩れの超のつく前ががりの競馬になった時だ。
マカヒキが好走できるかどうかは先行馬の作る展開によると思う。他力本願な面があるのは否めない。

ディアマンミノル【B】

前走の3000mはスムーズな競馬でレースができたものの、伸びきれなかったのは距離の壁だと振り返る。

ディアマンミノルは、前々走の中日新聞杯で本命を打ったが、展開に泣かされ全く勝負に絡めずという結果におわった。

タメを作ってから末脚にかけるのがディアマンミノルの身上で、そのスタイルで重賞でも好走歴を持つ。
ただ前走は一回ポジションを取る競馬を横山典弘騎手が試しているのと、決まった逃げ馬不在というメンバー構成なので、思い切って大外枠から先行する可能性まで見ておきたい。

能力だけなら重賞でもやれてもいい馬だと思う。
人気は薄いものの、点数を広げるのであればこの馬にもマークは必要。結構巻き返しが怖い存在。

Tomの本命は

◎ラーゴムにします。

気性的に難しいところのある馬なので、ピンパーホースになりますがこの馬から入りたいと思います。

昨年きさらぎ賞を制した後の皐月賞13着に時は「ブレーキの操縦性に課題がある」

日本ダービー12着のあとは「他馬と接触してしまい馬が怒ってしまった」

新潟記念12着のあとは「ここ2戦力んで競馬になっていなかったので後ろから競馬をとの指示があったが他馬と接触してしまった」

とやはり気持ち的に難しいところを持っているのはもう明白。
それでも今回ラーゴムから勝負をかける理由は

2走前のアンドロメダステークスを勝った後に
「ハミを噛みながらも我慢してくれた。今までの学習の成果があった」

と池添騎手のコメントから精神的にも成長をうかがえるからです。
前走に関しては見解にも書いたように完全に前残りレースを終始大外ぶん回しで何一つとしてこの馬に向かないレースになったので完全に度外視。
むしろあの負けっぷりを見た多くのファンの方がラーゴムを嫌ってくれることに少し期待したいと思います。笑

今回もスムーズに行けるかどうかが鍵、そして開幕週の馬場は少しキレ負けに繋がってしまいそうな気がしなくもありませんが、この人気なら狙いたいと思います。

そして相手を作るのであれば、ユーバーレーベンレッドジェネシスの2頭しか見えません。
ユーバーレーベンは先々の遠征に向けて下手なレースはできないでしょうし、レッドジェネシスに関してはリフレッシュされて好走は好走の番。
この二頭相手のワイドでも合成オッズで12.5倍くらいありそうなので、相手はこの2頭で定めます。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました