きさらぎ賞 出走各馬見解&予想

競馬予想

この記事では2月6日、中京競馬場で行われるきさらぎ賞の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。
(今回は頭数の都合やメンバー混戦により2頭とさせていただきました)

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

きさらぎ賞 出走各馬の見解

エアアネモイ【B】

能力・脚質ともに掴みづらい存在。
新馬戦は超ドスローの展開を引っ張る形で、4コーナーでスパート。
直線で馬場のいいところを選びながら後続を振り切るって後続を完封した。

新馬戦を見ていて分かったことは、折り合いがスムーズにつくことから距離延長も上手に対応できそうな点と長くいい脚を繰り出せる点。
新馬戦の上り3Fは11.6−11.4−11.8とかなり安定した脚取りで駆け抜けたのは魅力。

全兄のエアサージュを参考に考えていくとやっぱりこれからまだまだ距離が伸びても対応できそうな感じも受けるし、体力が求められる今回の舞台も悪くはないと思う。
今後の教育的な要素も詰めていきたいと考えそうな福永騎手騎乗のため、逃げの競馬ではなく、展開面では番手のインで脚をためる競馬を目指すだろうと予想。

兄のエアサージュ含め、高いパフォーマンスをある程度維持しながらも完成までには時間がかかる馬だと思うので、きさらぎ賞に限らず今後のレースも通して成長力に期待したい。

マテンロウレオ【A】

新馬戦の内容が秀逸なマテンロウレオ。
狭いスペースを突いて抜け出した新馬戦の内容は明らかに着差やタイム以上のもので、気持ちの強い面がとても魅力的。

2戦目となったホープフルステークスでは、初の遠征やいきなりのG1競走ではあったものの、坂を登ってからもしっかりと伸びてきており3着ラーグルフとは0.1秒差。横山典弘騎手がただの授業参観ではないことをしっかり証明した。

そのホープフルステークスの見解記事にも書いたようにまだまだ競馬も覚える段階で、血統的にももっと良くなっていくのは先の話だと思う。
現況でもG1で上位と肉薄するような走りを見せていることから、この先はかなり楽しみな存在。

今の中京の芝とも合うと思うし、後は初めての左回りコースをどのようにこなすのかに尽きる。

ダンテスヴュー【B】

前走後の鞍上談では「成長過程の中でバランスが変わってきているところ」とのことで、まだまだ完成途中でありながらも4着まで差し込んだ。
そのバランスも一追いごとに良くなってきているとのことで、間隔を空けて仕切り直しの今年初戦は大きな鍵を握る。

先日は兄のヨーホーレイクが日経新春杯を勝ったばかり、さらには昨年のこのレースを好走したということで人気をかなり集めそう。
ただ前走は人気以上には走っているものの、「一気に馬が変わってきた」と記者さんたちが煽りすぎな感も少しするので、アタマまではどうかは相手関係を見つつ慎重に検討する必要性がありそうだ。

血統ももちろんだが、育成場や預託する厩舎力の影響も大きいのか兄弟は皆仕上がり早で、新馬戦を含む2歳馬戦や3歳春まではアドバンテージを握っているイメージがつよい。
一方で古馬になるにつれて成長力ある馬たちに段々と追いつかれている印象もある。

例によってダンテスビューも稽古では手前の切り替えやコーナーリングもスムーズで大人びている姿が目立つとのことで、早い段階で一つ結果を出したいところ。

フォトパドックを見た感じだと、前肢の筋肉はかなり発達しているのに対し、後肢の筋肉のつきかたは?という感想。
前走もそうだったが、少しスタート後手になりそうな感じもありそうで。

それにしても母クロウキャニオンは本当に優秀な母馬だなといつも感心する。

アスクワイルドモア【B】

末脚は堅実も少し展開待ちな面は否めないアスクワイルドモア。
ホープフルステークス同様、後ろから行く分これくらい距離があった方が良いパフォーマンスが発揮できそうな感じはある。

その前走では大きな着順になってしまったが、落鉄が影響したのではないかとのこと。

初めての左回りレースとなるものの、操縦性の高さが強みのアスクワイルドモアにはあまり関係はないとのこと。
確かにレースぶりを見ていてもその点は信頼できそうだ。

血統面では父キズナ×母はペルーサの全妹ラセレシオン。
全体を見ていくとかなりスタミナとパワーの重厚感に振っている構成で、それがテンに出して行けないレースぶりや展開待ちな面というところにもつながっている印象を強く受ける。

今回は開催も進んでかなり芝も傷み、スピードや瞬発力よりもパワーやスタミナ、器用さが大切な状態かなといった感じ。
アスクワイルドモアにはとても合いそうなものの、東京新聞杯のファインルージュの見解にも書いたようにキズナ産駒は何故か左回りの重賞だとなかなか勝てないという魔法がかけられているので、この馬の特徴込みで上位はあっても、差し届かずな競馬になる可能性は高そうだ。

ショウナンマグマ【C】

右回りだとモタれる面があるために左回りの方がベターというショウナンマグマ。
その中でも前走は中山の葉牡丹賞で好走していたし、条件自体は好転するという見方でよさそうな感じを受ける。

難しいなあと思うのは、ザファクター×母父ステイゴールドだとどんな舞台が最適加かが掴めないところ。
現況は芝中距離で好成績を残していても、キャリアを積むにつれてダート中距離の方が走ってくるのではないだろうか、と予想を立ててみる。

もちろん繁殖牝馬の特徴や血統によるところも大きいものの、ザファクター産駒は成長力のあるダート短距離というイメージなので、これまでのショウナンマグマの走りや実績とは少しかけ離れている。

堅実に一脚を繰り出してきそうではあるが、横の比較で今回は厳しいかなと。
自己条件戻りやゆくゆくダート替わりになった時にどんな走りをするか見てみたい。

ストロングウィル【A】

先頭に立つと気抜き癖があるようで、新馬戦2着はモロにそんなレースぶりだった。
2戦目の新馬戦は楽々の抜け出しで、メンバーレベルが上がることや真ん中の枠で集中力をしっかり保つことができれば今回楽しみなストロングウィル。

この馬の魅力は新馬戦、2戦目ともにスタートが速かったこと。
スムーズにポジションが取れることは大きな魅力。
シルバーステート産駒で馬格もしっかりしていることから、中京コースもしっかり走れそうだと予想。

血統全体を見てもディープインパクト系でありながら体力面に優れていそうな構成で、操縦性も良いということから距離が今後さらに伸びてきても対応できそうだ。

デビューから2戦まだ本気で走っていない印象をかなり強く受けたので、今回重賞初挑戦もかなりいい走りをしてくることに期待したい。

フォースクエア【B】

父エピファネイアに母父キングカメハメハ。
母母ヒカルアマランサス、その父はアグネスタキオンと、いかにもノーザンが誇る近代競馬の結晶血統。サンデーサイレンスとシアトルスルーのクロス持ち、クラシック向き。
また叔父には東京新聞杯を走るホウオウアマゾンがいる。

新馬戦はスタート後手も、巻き返して好位の椅子を確保。
直線は内ラチ沿いから長くいい脚を繰り出して抜け出す能力を感じさせる一戦だった。

今回課題となるのはやはりスタートとなりそうだが、それも決まるようであればいいポジションから競馬ができそうに思うし、しぶとさが光る馬場傾向にもある。
2戦目ではあるものの、いきなり上位に食い込むレースにも期待できそうだ。

あまり人気にならないようなら今回美味しい馬券を演出してくれる候補の筆頭。

セルケト【B】

紅一点ながらも、今の馬場が味方してくれそうなセルケト。

ディープブリランテはディープインパクト産駒の中でもスタミナ寄りなイメージに加え、母父はノヴェリストの父でもあるMonsunという構成で、牝馬ながらも2400mに伸びたとしても十分に走れそうな印象。

セルケトはヴェロックスの妹、前走勝ち上がった未勝利戦では一旦2着馬に振り切られるシーンもあり、追われてから若干シブいところがあるように見えた。
上述したように血統構成的にはもっと距離があってもと感じるし、実際の走りとも合点がいく。(こうして書くと改めてヴェロックスは距離伸ばした舞台で見てみたいと思ってしまう)

牝馬ながら馬格があることも魅力だし、岩田望来騎手はなかなか重賞で勝ちきれないですっかり有名になってしまったものの、状態次第ではアタマまであっても。

トーセンヴァンノ【C】

キャリアは豊富、トーセンヴァンノ。

今回がデビュー9戦目。重賞未勝利馬ながらも本賞金は3000万を超えているのは立派。

京成杯では見せ場なく敗れてしまったように相手関係で少し頭打ちかもしれない。
血統的には、今回のようなある程度の距離があることと、スピード馬場よりはタフな馬場の方が合いそうな感じ。

個人的にはしっかりと一息入れてからの自己条件戦での走りに注目したい。
京成杯と同じ中山の2000m戦や2200m戦、また一脚は繰り出せるので、水を含んだ時の広い東京コースの走りにも注意したい。

シェルビーズアイ【B】

最内枠から一転して今回は外枠へシェルビーズアイ。

前走のホープフルステークスでは能力全開というわけには見えなかった。
道中は内でロスなくジッと構えて4角から外を狙いつつ追い出されたが、どうもここでの捌きがスムーズにいかず、直線は進路を切り替えるのに苦労してそこで勝負ありといった感じ。全力を出し切れていないレースぶりに見えた。

新馬戦同様スタートがあまり上手くないので、今回も前を行かせての競馬となりそうだが、長くいい脚を繰り出しつつ、前が崩れて暮れるような展開になればチャンスはありそう。

開催が進んだ馬場もシェルビーズアイには合いそうだし、前走の着順だけ見て切るのは結構危険な存在だと思う。

メイショウゲキリン【B】

逃げ馬の大外枠こそ注意が必要、メイショウゲキリン。
勝ち上がりはダートの1800m戦も、1勝クラスから芝に販路を求めて2走。いずれも逃げる競馬で2着と3着。

今回は格上挑戦でもあるし、派手なレースぶりを見せる馬ではないため人気こそしなさそうだが、逃げ馬の距離短縮、大外枠は穴馬狙いのセオリー詰め合わせセットみたいな条件で、むやみやたらに消せばいいという馬ではないと思う。

周りがクラシックに向けて競馬を覚えさせたいと考えて馬込みや脚を溜める競馬に徹して牽制し合う中、積極策で気分良くいければ残り目があっても。
流しで点数に余裕があるという方には絶対抑えてほしい存在。爆穴候補。

Tomの予想

◎ストロングウィルにします。

雄大な走りでまだ全力を出していないように見えるストロングウィル。

あくまでもそう見えただけという結果にならないで欲しいなと思います。
見解にも書いたように一頭になると気を抜いてしまう癖があるようで、その辺りのケアが難しそうですが、しっかり最後まで集中して走ってくれればゲートも上手ですし、推進力もあるような走りでかなり強いんじゃないかなと思います。

相手にはマテンロウレオを添えます。
マテンロウレオは新馬戦で見せた狭い内を怯むことなく突いた気持ち強いところがとても魅力的ですね。
2戦目で初物づくしのホープフルステークスでもゴール後も勢いがありましたし、正直どちらを本命にしようかとっても迷いました。

予想の決め手は前のポジションで安定して運べそうなことや、血統構成を見たときの印象に尽きます。
マテンロウレオがもっと強くなるのはまだ先なのかなと思った分を差し引いてストロングウィルを上にとったというだけです。
マテンロウレオがここでアッサリ勝ってもおかしいとは全く思わないですね。

ダンテスヴューは仕上がりの早さ魅力も、身体のバランスを見たときになんだか上半身だけマッチョでバランス本当に良くなったのかな?という感想を抱いてしまったので、今回は見解もB評価を打ったように様子見でいきたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました