東海ステークス 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では1月22日、中京競馬場で行われる東海ステークスの出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

東海ステークス 出走各馬の見解

スマッシャー【B】

昨年のユニコーンステークスの鮮やかな差し切り勝ちから勝利が遠のいているスマッシャー。

ジャパンダートダービーは距離的な壁があったかなというようなレースぶりで度外視。
そして秋からの復帰2戦も奮っていないが、いずれも敗因があってのもの。

まず、前々走のグリーンチャンネルは大幅馬体増で思うように動けなかったことに加え、好位で運ぶことにこだわる鞍上との手も合わず。
そして前走に関しては、4角で勝負を急いだタガノビューティーとブルベアイリーデに挟まれてしまう痛恨の不利を受けてしまい勝負に参加できず。

世代的なレベルにが高くないのでは?という疑問も確かに拭えずにいるものの、砂被り問題ないスマッシャーにとって今回は絶好枠に加え、血統面的にも中京1800mは守備範囲。

相手も超一線級というわけではないので、内枠をうまく捌いての差し込みの可能性は大いにあると見たい。

グレートタイム【B】

昨年終盤にはレースぶりに一層安定感の増してきたグレートタイム。

元から牝馬ダート戦線で大活躍したミラクルレジェンドの子という超良血の背景もあって3歳時に交流JpnⅠで3着であったりと能力そのものは高いことは折り込み済み。。

しかしながら古馬になっても勝ちきれず善戦マン止まりのレースぶりがかなり目立っていた。
それが昨年間隔を取って復帰して以降の2走はいずれも安定したレースを見せたという面からも一皮剥けてきた感がある。

好成績を残してきた舞台からスピードというよりかは体力面に非常に優れている馬で、前走の2着に関しては外枠で終始外を回らされたこととや芝スタートなど、向かない面も多い中でのもの。

外枠続きのレースが続いているので、隣の逃げ馬について行くようなイメージでクルッと回ってくるのであれば上位のシーンがあっても。

アイオライト【B】

距離延長+コーナー4回で+逃げの競馬で真価が発揮されているアイオライト。

2歳冬、川崎の全日本2歳優駿では最後止まったことから陣営としてはワンターンの短距離が合うとの考えを持って使い続けていたものの、武藤調教師は今回のレースに臨むにあたって「内容を考えると距離以上の厳しい競馬で、その点を評価すべきだった」とコメント。

父ローレルゲレイロという点からも短い方が合いそうなイメージも確かにあるものの血統全体をみればそれなりに距離があってもこなしてくれそうな感じもある。

短距離戦で培われたテンの速さでスムーズにハナを取れそうだし、サルサディオーネ回避がさらにその背中を押す。
枠的にもやりことは決まっているだろう。

あとは逃げ馬で波に乗る鞍上を背にどれだけ上手く息を入れて競馬ができるかに尽きる。

デュードヴァン【B】

まず昨年の東海ステークスでは不良馬場を後方から追い込んで4着まで差し込んだことからもコース相性抜群と見たい。

そのあとはゴドルフィンマイルに挑戦も結果を残せず、帰国後の緒戦となったアハルテケステークスでも奮わず。そこから時間をかけながら復調してきているような感じがレースぶりからもうかがえる。

デビュー時からダートでの活躍を期待されていた馬で、この辺りで一つ重賞タイトルが欲しいところ。昨年上がり最速4着が実力の証左。
ただ気になるところをあげるとするならば、今回は転厩の緒戦となることと自分からレースから作れずに展開次第になってしまう点。

追える松山騎手とも合いそうな雰囲気があるし、環境の変化に上手く順応できれば、能力発揮に問題はないと思うがなんとも…

スワーヴアラミス【B】

追われてからかなりシブいところがあるのがスワーヴアラミスの特徴。

前走のチャンピオンズカップでは、ジリ脚ながらも伸びを見せて15番人気ながらも5着馬に0.2差の8着。
今回は幾分負担重量も軽くなるし、メンバー的にも道中から楽に運べることは明白。

年齢的にも調子の波は小さくなっているようで、あとはスワーヴアラミス自身の気分が乗って、走る気になってくれるどうかに尽きる。
能力そのものはここでも通用するものがあると思うし、よく馬のことを知っている松田騎手が引き続き手綱を取るので、上手くいいところを引き出してくれれば上位。

ミヤジコクオウ【C】

復活へ向けて大きなきっかけがほしいミヤジコクオウ。

デビュー時からダートで順調にレースを使われて結果を残してきたものの、3歳夏を越えたあたりからワンパンチたりない競馬続いている。

若い時はメンバー中上がり最速を連発と末脚を武器にしていたが、昨年の好走パターンとしては好位追走から流れ込む競馬。
簡単には止まらないところが魅力と言っていいだろう。
いかにもダートを走るネオユニヴァース産駒らしい感じの特徴をこさえている。

超ハイペースor超スローで先行するなど、極端な展開にならない限りはここでの勝負は厳しそうで。
鞍上も武豊騎手のようなあたりの柔らかい騎手よりかは、ガシガシ追ってくれる機種の方が手が合いそう。

ハヤヤッコ【B】

気分屋さんのハヤヤッコ。
ハヤヤッコに関してはやる気がなくならないか否かに尽きると思う。

気難しさから自分でレースを作っていけないし、砂を被って突然レースをしなくなることもあれば、ハミを取ったり取らなかったりと馬券的にも取捨選択が難しい馬。

出走間隔自体詰まっているものの、中間は緩めずに追われて体調そのものはかなり良さそうな印象を受ける。
加えて今回は気難しい馬に乗せたら達人域にある池添騎手との新コンビ。

負担重量も今回59kg→56kgへと大きく減るのは見過ごせないところ。
どうにか馬のやる気を継続させて、終いの脚に賭けることができる競馬になれば好走が叶いそうで。

カデナ【C】

今回初ダートで復活への希望を得たいカデナ。

長くいい脚を使えるところを武器として長く活躍を続けて今年で8歳。
昨年終盤はメンバーも揃うようなレースを使われ厳しい競馬が続いたものの、春は大阪杯6着、安田記念では勝ち馬とは0.5秒差の6着と決してまだ終わっていないというところを見せている。

あとは初ダートがどう出るか。
母方がダート血統なのでこなせないことはないと思うものの、ダート重賞級で一体どこまでやれるだろうか。
今回は見学の1戦としたい。

ケンシンコウ【C】

ハヤヤッコやスワーヴアラミスの項と被るが、この馬もかなり気難しいイメージでやる気がある時は走らない。
ケンシンコウの場合は加えて戦法的にもピンパーホース味が強い。

最近のケンシンコウは、以前のようにパドックからかなり発汗するなどのイレコミに加えて、ゲート内での行儀も悪くなっているとのことなので、思うようなレース運びができない要素も加わってきている点がかなりの懸念材料。

ケンシンコウに関しては当日のテンションで我慢が効いているかどうかに限るだろう。
イライラしているようなら見送りたい候補だ。

ゲンパチルシファー【B】

前走はプラス14kg増が堪えた印象のゲンパチルシファー。
それでも上がり3Fはメンバー中最速の時計をマークしていたし、今回は絞れてくれば。
時期的なものもあって、減りづらい状況にはあるのでまずは馬体重に注目。

レースを使われて着実に力をつけ、オープン入りしてきた印象だし、中京1800mは未勝利勝ち上がりの舞台。
脚質的にも時計がかかってくれる舞台の方が合うので、コースうんぬん心配する必要性は全くなさそうだ。

大きく前が崩れたりするようならば、ワンチャンスを見たい。

オーヴェルニュ【A】

昨年の同競走の勝ち馬。
水を含んでいるときの方が爆発力のある走りをする印象。

前走のチャンピオンズカップでは2着とは0.2秒差の6着とテーオーケインズは強かったにせよ、かなり踏ん張った方だと思う。
この時の鞍上も「スムーズなら2着があった」とコメントを出しているので、馬場コンディション関係なく、この舞台は得手。

枠も競馬がしやすいところだと思うし、スッとポジションを取ることもできる。
年齢的にも大きな上積みが出てくるような感じはしないものの、体調そのものは悪いことはなければ、ここは能力的には上位はまず間違いなく。

乗れている団野騎手起用も陣営としては粋な選択だと思う。
鞍上も今回はなんとしても結果を出したいところ。

イッツクール【C】

前走は発走後に落馬で競走中止なので度外視。
短距離で実績残してきた馬で、テンの速さが売りではあるものの番手で控える競馬も続いているので、今回も内側のアイオライトがスムーズにハナを取るようなら鞍上的にも喧嘩するイメージもなく。

中京の1800mはイッツクールにとっては長いと思う。
ダート血統もスピード能力の高さから芝でも好走していたくらいなので、ここに混ざっては少し厳しいという見解。

ブルベアイリーデ【B】

安定した差し脚が魅力のブルベアイリーデ。
実は2歳の頃から追いかけ続けている存在ではあるものの、今回は少しばかり評価を落としてみたいと思う。

というのも好成績を残せているのは、枠の巡りにもかなり恵まれ続けているがためという印象が強い。
快勝したBSN賞は2枠3番、そしてシリウスステークスは1枠2番でロスなく乗った結果の3着。
武蔵野ステークスは中枠の5枠10番で4着で、今回は外枠。

コーナー4つで外を回らなければならないとなるとブルベアイリーデにとっては少しばかりしんどい競馬になりそう。
鞍上は特徴をよくつかんでいるM.デムーロ騎手に戻るものの、坂途中に設けられたゲートでスタート後手を踏む可能性も考えられる。
(デムーロ騎手はハミを馬にかけてスタートを切るために出遅れ覚悟で買う必要性有り)

中京1800mは合いそうな感じもあるものの、デムーロ騎手らしく強気に外を回って追い上げた結果少し足りなかったという結果になるという読みで。
今回はアタマまでは考えず上手く回ってきての2、3着候補として見ておきたい。

シャイニービーム【C】

かなりの久々に加え、明けて10歳馬になったシャイニービーム。
実績ではダートで4勝ということになるが、休む前は芝を使われて溜めて切れる脚を繰り出すというレースを続けていた。

なにせ間隔が空いてしまったので、評価しづらいところがある。
血統的にも本質的には芝の方が走りそうな印象を受ける。
ここは叩き台と見て、今回は見送りたい。

サンライズホープ【A】

前走のチャンピオンズカップでは単穴候補として挙げたものの直線で一杯になってしまったサンライズホープ。

客観視でわかる敗因としてはメンバーレベルが上がったことや、1kgとはいえ負担重量増、そしてサンライズホープ自身も体重が二桁増でやや重めの出走となったことからというものが挙げられる。
そのほか「気の弱いところがあって、G1に出てくる強豪たちの気迫に押し負けてしまったかな」と陣営のコメント。

そういった精神面的にも今回の外枠からのレースはしやすい感じもある。

馬体の作りからも力感溢れていかにもダート向き。
中間もかなり強めに追われているようで、体調的にもかなり上向いている印象。

前走大敗からの仕切り直しとなるが、シリウスステークスの再現をしやすそうな枠かなと思ったが、早めに寄られた時などが若干不安か。

メンバー的には全く通用しないということはないはずで。
データ的にも5歳馬は優秀、新たなタイトルを獲得するチャンス。

プリティーチャンス【B】

大外枠ながらも元から追い込み一辺倒なので、関係な差そうなプリティーチャンス。

終いの脚は確実で、前走も船橋コースでササリながらも最後は3着まで追い上げた。
ただ陣営的には地方の馬場は合わないということで、今回はTCK女王盃と両睨みも結果としてはこちらに。

前々走のみやこステークスはオープン初戦&混合の1戦ながらもしっかりと伸び切って4着まで差し脚を伸ばした点からもこのクラスでやれることは既に証明済。
末脚に賭けるだけとやることは決まっているので、あとはどこまで展開が向いてくれるかに尽きる。

向かなかった舞台から勝ち星もある舞台に移してくる今回は連複連単なら確実に抑え候補。

Tomの予想は

◎デュードヴァンにします。

正直あんまり自信はありません。
ですがオッズの混戦模様からも伝わる通り、どの人気馬にも穴がありそうなレースです。

当初はサンライズホープが本命だなと考えていました。

中間の動きは前走のチャンピオンズカップの時よりも目立つところは魅力です。
今回は増えた馬体を絞るという意味合いも込みで、一週前からかなり強めに追っていたようなので、太め残りということもなさそうなのも良いのかなと。

ですが、この枠でスンナリ先行できるかなあと考えた時にちょっと不安が残りました。
特に短距離を使ってきたイッツクールはテンの速さを活かして先行した時に想定よりも初角、2角と外を回らされそうなので、それを嫌います。
前走の負けっぷりもあんまり納得のできるものではありません。

なので狙いの矛先をデュードヴァンに向けました。
見解の方では今回転厩の初戦でどうなんだろう若干不安だなということも書きましたが、不安要素は他の人気馬も背負っていますし、穴で狙うなら素質馬のこの馬かなと。

人気馬の成績が優秀なレースですが、明日はなんとなく一波乱ありそうな感じがします。
うまく流れに乗って終いを活かす競馬を松山騎手がしてくれることを期待したいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました