日経新春杯 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では1月16日、中京競馬場で行われる日経新春杯の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます!
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

日経新春杯 出走各馬の見解

モズナガレボシ【C】

昨年の小倉記念の勝ち馬。
前走チャレンジカップの見解記事の時にも書いたことになるが、この小倉記念はイン馬場が全く伸びず、外に出さないと話にならない状況の中で、鞍上の好判断も光った一戦だったと振り返る。

本質的に馬場が荒れるor水を含む等の全体時計がかかってくれないと前進はなかなか厳しそうな特徴を持っているので、良馬場では減点。

今回は距離延長と初コースも気になるところ。
中京で2200mを舞台にベストパフォーマンスを出し切れるイメージもなく。

クラヴェル【B】

昨年格上挑戦で挑んだマーメイドステークス以降かなり安定した成績を残し続けているクラヴェル。

この安定っぷりは良血馬らしい能力の高さと言っていいものかもしれないが、横山典弘騎手曰く「難しい馬」とのこと。

牝馬ながら「愛知杯」ではなく日経新春杯を選択したのは、スタンド前にゲートがあるとレース前に気負ってしまう面があるようで、4コーナー奥の引き込んだところからのスタートの方が精神的にもプラスと陣営の判断。
また斤量面の恩恵も狙っての出走とのこと。

気負う面を見せつつも、3走前の中京記念、2走前の新潟記念とそれぞれ安定して成績を出しているところを考えると、能力はここでもヒケを取らないものがあると考えるのが妥当と見た。

中京2200mは牝馬には少しタフな条件になるとは思うが軽視は厳禁だろう。

マイネルウィルトス【B】

一気の切れ味こそ望めないが、堅実な脚を使えるところが魅力のマイネルウィルトス。

馬場傾向的にも中京の芝コースは内側が掘れてきた印象を受けるので、マイネルウィルトス向きになってきそうな感じと読む。距離も初舞台の2200mも問題ないだろう。

ただどうしても直線ヨーイドンでは決め手に欠いて厳しいものがある。
全体時計がかかるようなレース展開になればマイネルウィルトスの出番。

その出番の有無を考えていくと、今回も決まって逃げる馬は不在で、ショウナンバルディが行けたら行きそうというくらい。
展開面での恩恵はあまり受けられないと考えて、A評価こそ打たないものの堅実味は大きく評価。買い目を広げるのであれば相手には抑えたい。

ステラヴェローチェ【A】

有馬記念4着からあまり間隔を空けずに春へ向けて着実に賞金を積みにきたステラヴェローチェ。
今回のメンバーであれば大きく崩れるシーンというのは考えづらいものの、取りこぼしには注意したいかなといった感じ。

というのも前走の有馬記念ではスタートが決まらず後方から。
テン乗りのミルコ騎手の恐いところが出てしまった感じで、今回はスタートのロスが響いての取りこぼしには注意したいところ。
また、最終追いで陣営的には不満は内容だが、追走相手に追いつけなかった部分も少し気になる部分ではある。

それでもデータ的には明け4歳は抜群に強い重賞に加えて、タフな中京2200mコースを神戸新聞杯で完勝している点からもこのコースはステラヴェローチェの完全に手の内。

狙いは他から入りたいものの、馬券の軸には最適ではないだろうか。
陣営的にも落とせない一戦だろうし、着外へ飛ぶシーンは余程のことがなければ。
ここから逆らってもあまりいいことはなさそう。

ロードマイウェイ【C】

3走前の京都大賞典では、後方から脚を溜める競馬で最後は5着まで追い上げていた。
ただ、このブログでは何度も書いているようにこの時の京都大賞典はかなり特殊な展開で、この時に好走した馬がその後成績を残せていないことがそれを物語っている。

ロードマイウェイに関しては、その後のアルゼンチン共和国杯、ジャパンカップと続けて惨敗。
自分からレースを作れるタイプでもなく、今回も厳しいか。

ヤシャマル【B】

後方からレースを進めて、最後の差し脚に賭けるのが身上のヤシャマル。
前走、前々走と展開面が全く噛み合わなかった印象で、今回大きく前進を見せてくることを警戒したい一頭。

その展開には助けもらわないとという条件こそつくものの、昨年はエプソムカップと新潟記念、そして中日新聞杯といずれも勝ち馬とはコンマ差で大きく負けていない。
特に中日新聞杯では超前残り展開の中、上がり最速で8着まで追い上げた。
着順こそ奮わなかったものの、この時の内容は負けて強しといういうものだったと思う。

乗り替わりと稽古の動きが一息だったという部分が正直不安要素ではあるものの、いつ穴を開けてきてもおかしくない存在。

アフリカンゴールド【C】

前走は中日新聞杯で人気薄ながらも、2着に踏ん張り波乱を演出したアフリカンゴールド。

その前走を振り返ると、積極性を見せて前々で運んだアフリカンゴールドには大きく恵まれた展開だった。
今回も道中の流れというのはそこまでキツくならないという読みではいるものの、前走ほど極端なものにはならないのではないだろうかと個人的には考えていることから、ここでも狙いの目は立てず。見送り候補。

一度あることは二度あるし、二度あることは三度あるが今回も来られたら仕方ない。

フライライクバード【A】

前走のアルゼンチン共和国杯では1番の狙いと見て本命を打った。
結果3着には好走したものの、追われてからの伸びがもうワンパンチ足りないかなといった印象を受けた。

それでも昇級初戦でイキナリ3着に入れるのはやはり潜在的な能力の高さからくるものだと思うし、血統的にもスクリーンヒーロー×母父シンボリクリスエスという点からも一気の伸びに期待する方が酷で、前回よりパワーが求められる今回の方が舞台は合うだろう。

走りのピークもおそらく今年だろうし、馬場傾向的には開催が進んで、今回はフライライクバードには大きく味方してくれそうだと予想。

武豊騎手のような馬本位で走らせるタイプより、追わせる騎手の方が手の合いそうな印象ではあるものの、ここも決してマイナスではない。
積極的、前々での競馬でフライライクバードの良さを活かす競馬に期待したいところ。

マイネルフラップ【C】

レース内容のチグハグさがどうしても悪目立ちしてしまっているマイネルフラップ。
状態面に関しては悪くなさそうだし、2000m以上の方が力は出しきれそうな感じも受けるが、今回は相手的にもこの馬のこれまでの成績にも大きな前進はあまり見込みが立たないと考える。

ヨーホーレイク【B】

昨年の日本ダービー以来の出走となるヨーホーレイク。
ダービー後は目の外傷により、思ったより時間がかかってしまったとのことで、脚元の問題はなく状態としては安定しているとのこと。

ヨーホーレイクは兄弟馬揃ってよく走っている印象で、優秀な母馬クロウキャニオンの子。
ただ、この兄弟揃って2200m以上の実績がほぼないことがかなり気がかり。
つまりはヨーホーレイクにとっても中京2200mは長いのではないかと読む。

昨年は同じ中京コースの2000mきさらぎ賞で良績を残したものの、中京コースはこの1F延長が体力面に大きく影響を与える印象。
休み明けの分も相まって、最後の坂でガス欠になりそうな感じがしてならない。

またこれも兄弟馬との比較で、仕上がりの早い馬が多いものの、古馬になってからの成長力をあまり感じないのもこの一族の特徴。
これまでの実績を考えてイキナリ低評価は打てないものの、初古馬との対戦で置いていかれてしまうシーンまで考えておきたい。

ショウナンバルディ【C】

前走の中日新聞杯では鮮やかな逃げ切りを決めて見事重賞初制覇。
展開面で大きく恵まれた部分と、この後に中京芝はキングマンボ系が爆走したことからも馬場傾向もマッチしての一勝だったと振り返る。

休み明け初戦だった前走から状態面も上がってきているようで、体調面での不安は全くないどころか上積みまで期待できる。

ただ、今回は距離延長の一戦。
決まった逃げ馬不在のメンバー構成なので、おそらく今回もハナをとって積極的な競馬をとは思うものの、前走と同じことをやっていてはなかなか厳しい結果になるのではないかと読んだ。

またこれまでの実績を思うと勝ち星は2000mまで。
血統的には持ちそうな感じもあるが中京コースは2000m→2200mへの1F延長で求められる適性が結構大きく変わると思うので、それに上手く適応できるかどうかもまた鍵を握っている。

負担重量57kgはちょっと見込まれすぎかなあという印象。

エフェクトオン【C】

良くも悪くも相手なりの競馬になってしまうエフェクトオン。
どうしても終いの脚が甘くなってしまうところがあるので、今回の外目の枠というのは若干の減点要素。

上位進出への鍵はロスなく回ってくる競馬をすることだろう。
一気の進出へは大きく展開面の助けが必要かなといった感じで。

トップウイナー【C】

あくまでも血統だけ見れば芝でも十分にやれそうな感じもするトップウイナー。
ただイキナリ今回のメンバーに混ざっての好走を期待するのは酷ではないだろうか。

能力発揮への鍵は馬場がかなり水で渋ってくれることと、気分良く走らせることだろう。
ダート短距離の実績から、テンの速さでこの馬がハナに行く可能性も十分に考えられるが、芝2200mを押し切れる展望は個人的にはなかなか立たない。

プレシャスブルー【B】

最後の末脚は一級品のプレシャスブルー。
前走の中日新聞杯はあまりにも厳しい展開で、大敗もやむなし。

それまでの重賞成績を考えれば、道中流れてくれればこの馬の出番がいつやってきてもおかしくない状況ではある。

ただプレシャスブルーも追い込み一辺倒なので、展開の助けがどうしても欲しい馬。
今回は外枠を引いてしまったし、これといった逃げ馬も不在。
あまり展開的な後押しは期待できない。

さらに明けて8歳となり、日経新春杯のレース傾向的に年齢的にかなり奮わない部分も気がかりだ。
それでもプレシャスブルーの末脚は軽視はできないので、余裕があるのであればお守りがわりに抑えておきたい存在。

ダノンマジェスティ【C】

超良血馬で能力的にはヒケを取らないとは思うものの、脚元との闘いが長すぎて旬は少しすぎてしまったのかなあという印象が強いダノンマジェスティ。

今回は枠も外に振られてしまったし、強調点がない部分が弱点といった感じ。

中京2200mは3歳時に大寒桜賞を勝って実績もあるコースではあるものの、メンバーも上がった今回では少しきびしそうな印象。

トラストケンシン【B】

血統傾向的には上手く走ってくれそうな感じが強いトラストケンシン。

これまでは格上挑戦ながらも重賞で好走を見せていたものの、あと一歩足らずの競馬がかなり長いこと続いて、オープン入りしたのは前走のこと。
その前走の中日新聞杯は差し、追いこみ勢にはかなり厳しい展開のレースになってしまいこの馬も例に漏れず能力全開でも厳しい展開となった。

1F延長はトラストケンシンにとっては味方になると思う。
中間の状態も悪くないとのことなので、大外枠の捌きと後は能力を出し切ってどこまで通用するか。

外からの差し、入着まではみておきたい。

Tomの予想は

◎フライライクバードにしました。

先日からこれは飛ばないでしょうと思った軸馬候補が飛びまくっているので、あまりアテにはできませんが、今回も書きたいと思います。
ステラヴェローチェは相当堅いです。馬券の軸には最適と考えています。

ですがそれでは旨味がないので、フライライクバードから入ります。
実は新馬の頃から相当素質がありそうだなと目をつけていた馬で、追いかけていた一頭です。

中京2200mはコース経験が豊富で、何よりこのコースで走った時は爆発力のあるパフォーマンスで勝ち上がってきています。
オープン入り2戦目のクラス慣れと、この中京2200mはかなり得意なコースと見て今回もフライライクバードを推します。

実戦では初コンビとなる武豊騎手とのコンビも±という点ではなく、シンプルに楽しみになります。
スターの2日続けての重賞制覇に期待したいところです。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました