京都金杯 出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では1月5日、中京競馬場で行われる京都金杯の出走各馬の見解と予想を書いています。
お読みいただきありがとうございます。
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

京都金杯 出走各馬の見解

ヴィジュネル【B】

阪神カップとの両睨みだったが、除外で京都金杯へ。
今回オープン入り初戦となるが、再内枠で好スタートさえ切れればなかなかの好勝負が可能ではないだろうか。

ただ中京開幕週でスピード勝負になりそうな公算が高く、スピード勝負になると少し厳しいかもしれないが、今後の活躍へ期待も込めここでも注目の一頭。

狙いどきは馬場が渋った時や馬場荒れで時計がかかりそうな馬場になった時。

バスラットレオン【C】

ニュージーランドトロフィー圧勝からNHKマイルカップでは落馬競走中止。
そこから矢作厩舎らしく、すぐさまダービーに出走と積極的な起用をしてきたが、これが祟ったのか以後リズムを崩したかのように大敗続き。

前走も変化を求めてダートを使ったが結果は出ておらず、あと巻き返せる要素があるとするならば、スムーズにハナを切る競馬をすることだろう。
秋以降は、ハナにさえ行けておらず、全く良さが活きていないのであときっかけを掴むとするのであれば、ハナに行く競馬しかないと思う。

仮にその通りの競馬ができたとしても結果が出なければ、今後の展望的に厳しく…時間をかけて立て直すしかないのかなといった印象。

オッズ的にも成績の割に売れ過ぎで。
確かにスンナリハナは叶いそうな感じもあるが、その割には人気になり過ぎている。
これなら敬遠したい。

サトノフェイバー【C】

前々で運んでこそ良さが活きるサトノフェイバー。
サトノフェイバーは鼻血持ちという不安要素が気になるところ。

スムーズにハナを切ることができればなかなかしぶといものの、それが叶わないようなら厳しいピンパーホース。

休み明けは特段悪いとは思わないものの、京都金杯のレース傾向的に休み明けは減点。
且つ明け7歳と年齢的にも若干旬は過ぎてきてしまっている印象。斤量57キロもどうか。
また良績は右回りコースに集中していることから今回上位候補としては見難いところ。

ダイアトニック【C】

一昨年のスプリンターズステークスの後に頓挫。
長いこと休んだ後の前走後は調子を崩してしまったらしく、今回は時間をかけて立て直して仕切り直しの一戦。

これまでの実績を思えば上位にも取りたいが、休み休みに加えて今回は負担重量が57.5キロと強気には推せない要素が揃った。

今回は様子見が妥当ではないだろうか。

ディアンドル【C】

クラブの規約的にも引退が近そうなディアンドル。
短縮のローテーションはプラスとみたい。

2歳から連勝を重ねて重賞まで駆け上がった頃から比べるといい勢いは感じられないものの、気分良く運ぶことができればといった感じ。

鞍上にC.デムーロ騎手を配してきたのは不気味ではあるが、展開を考えたときに今回は内に行きたい馬もおり、前走のようにポツンと番手というわけにも行かなさそうなので、上位は少し厳しいか。

シュリ【B】

馬っぷりはいいものの、ローテ的に少し間隔が空きすぎかなと思うシュリ。
休み明けの成績はかなり安定感のある馬だが、7ヶ月の休み明けでイキナリはどうしても疑って入ってしまう。

昨年の京都金杯では人気を集めたものの、スタート決まらず道中は力んだ結果5着と振るわなかった。
これは中2週のローテが影響したもので、改めてフレッシュな状態の方が力を発揮できることは確か。

ただ個人的にはどうしても7ヶ月の間隔を取った馬を強気には推せない。
能力があることは確かだし、いい馬だとは思うものの、馬券的には中心視するのは別の馬から入りたいというのが正直なところ。連複連単なら抑えまで。

ザダル【B】

昨年のエプソムカップを完勝したあとは今ひとつなレースが続くザダル。
荒れた馬場が苦手なようで、新潟記念も富士ステークスも馬場荒れをした内側を通る競馬で敗戦。

特に富士ステークスでは直線で進路をスムーズに取ることができず、前が空いてからは一旦伸びたものの、時すでに遅しな少しかわいそうな競馬だった。
今回開幕週での出走はプラスと捉えたいところ。

ただ気になるのは負担重量57.5キロ。この点が若干割引。

距離ロスの少ない競馬に拘る傾向にある松山騎手への乗り替わりも、開幕週なら気にしなくても良さそうだし追える騎手なので、鞍上起用についてはそこまで気にしなくても良さそうで。

ルークズネスト【B】

意欲の連闘策。ルークズネスト。
前走を振り返ると外枠からスタートはやや後手。
そこから巻き返して好位まで押し上げるシーンもあったが、そこで脚を使ってしまった分直線は伸びきれず大敗。

状態面に不安のない点からの連闘策だとは思うものの、前走は全く能力を発揮できずの敗戦ではなかったと思うので、今回はこの連闘は減点とみたい。

阪神カップではA評を打ったものの、一転して今回は評価を変えたい。相手まで。

クリノプレミアム【C】

前々で気分良く行けることができることが条件のクリノプレミアム。
前走に続いて、軽ハンデは魅力。
そして距離短縮も悪くない要素だとは思うものの、今回は牝馬限定戦ではなく混合の一戦。
メンバーレベルも上がってくるために出番は少し厳しいか。

カイザーミノル【A】

今回結構チャンスがあると見ている一頭。

さすがに前走の天皇賞・秋2000mはチャレンジで格的にも、距離的にも少し及ばないものだった。

間隔を取って立て直してきていると思うし、実績的にも昨年はマイラーズカップと京王杯で3着とここでなら戦える。
ハンデキャップ的にも56.0キロなら恵まれている方だと思うし、何より前走は2000mのG1を戦った後にマイルへ短縮は大きなプラス。

ブリンカーを着用してから走りが安定して着ているし、間隔が空いてもそれほど気にならないタイプ。加えてどこからも競馬ができるし左回り坂コースも問題ない。
減点要素が少なく、狙いたい一頭。

ダイワキャグニー【B】

前走はダートを使ったが、やっぱり芝の方が良さが出そうなダイワキャグニー。
明けて8歳馬となるものの、去年までの活躍を思えばイキナリ買わないというのは少し勇気のいる行動ではないだろうか。

中京コースでは過去に金鯱賞で3着という実績があるし、近走はハイペースな展開に泣きがち。
今回は外目の枠には入ったがハナに拘らなくても大丈夫なのは魅力。
連複連単系で買うなら確実に抑えておきたい存在。

エアロロノア【A】

岩田望来騎手は、重賞だとどうしても硬くなったり、積極性に欠けることはこのブログでも100回は書いたと思うが、今回は正真正面の重賞制覇のチャンス。

前走も阪神コースで上がりが32.6とかなりの猛時計で駆け上がった反動が少し気になるところではあるものの、能力なら間違いなく通用。

今回は前に行きたい馬も揃ったし、ハンデも56キロとキツくない。
中京コースでも勝ち鞍があるし、コースへの心配もない。
まだまだ馬も若いようで、このあとさらに力をつけてきそうな感じもある。

あとは鞍上が落ち着いてじっくり構えて乗ることができれば人馬ともに重賞制覇が叶いそうで。

ヴェロックス【C】

ひと頃に比べると、動かなくなってしまったという印象のヴェロックス。
厩舎関係者も「状態は悪くないものの成績が伴わない」とその奮わない原因を掴みあぐねている模様。

3歳時はダービー、菊花賞と距離が持たないとまで言われていた馬で、古馬に入りマイルまで距離を短縮してきた。
個人的に実は血統的には長い方が良くて、全体的に時計がかかってくれた時にこその馬なのではないのかなと見ている。

今回も動き切れず、キレまけしてしまうそうなイメージが拭えない。

トーラスジェミニ【C】

番手でも競馬ができるものの、逃げて良さが活きるトーラスジェミニ。
今回は内側に行きたい馬も結構揃ったし、コース形態的にも無理に主張せず番手での競馬を選択する可能性が高いと読んだ。

トーラスジェミニが活躍するには、馬場も味方してほしいところ。
良馬場では少しスピード面で負けてしまうところがあるので、できれば馬場に水を含んでくれるコンディションこそが理想。

良馬場で行われるようであれば減点で。
ハンデキャップも57.5は甘くはない。

ステルヴィオ【B】

今回のトップハンデを背負うことになあったステルヴィオ。

ノドの状態もひと頃に比べるとかなり良くなってきているようで、スワンステークスでは本命を打った。
だが今回は別馬からはいることは先に書いておきたい。

その前走では、うまく流れに乗って直線コースでも坂前まではいい勢いで追い上げてきていたものの、坂を登り切ってからパタリと止まってしまった。

年齢的に使える一脚が短くなっているように前走感じたので、前進の場面があるとするならば展開がガッチリ噛み合った時になるだろう。
3歳でG1を勝ち、以降も踏ん張っているが、やはり年齢的なものも気になってくるところ。
相手候補までで。

メイケイダイハード【C】

一昨年の中京記念で大波乱の立役者となり、以降も頑張っている印象を受けるメイケイダイハード。

昨年も年間で大きく崩れたレースは少なく、馬場傾向一つでまた一発があるということには注意を向けておきたい。
具体的に書くと、芝のレースでダート血統の活躍が目立つ時にはまたこの馬にも出番があるかもしれない。

大外枠は決していい枠ではなく、今回は見送り候補に入れるものの、以降も馬場の状態一つ。上昇のチャンスの有無については毎度吟味したいところ。

京都金杯 Tomの予想

◎エアロロノアの走りに期待したいと思います。

エアロロノアは昨年のマイラーズカップでも既に勝ちに等しい5着という経験もあり、今回は相手関係でも見劣らないと思います。
休み明けを叩いて状態を上げてくるタイプで、今回は4戦目。
若干状態面がどうなのかなという点と、やはり後ろから行く分、差し届かずな展開に泣くという懸念材料はあります。

それでも馬が若く、調教師も「今年が4歳くらいな感じ」とコメントしているくらいですし、旬を迎えるのはこれからでしょう。

東西問わず金杯は、今年活躍する馬を見つけるレース、また活躍してほしい馬に願いを託すレースだと思うのでそういった意味合いでもまだ5歳で人馬ともに重賞タイトルを手にしてほしいエアロロノアにその思いを託します。

普段ブログでは結構なdisりも入っている岩田望来騎手ですが、それもよく言えば期待の裏返し。
実際平場ではよく乗れてるのになんで重賞になると勝てないんだろう。笑

と思う方は私だけではないはずです。
そのジンクスも年明け早々跳ね返してくれたらと思います。

対抗には○カイザーミノルを推します。
こっちに本命打ってもいいなと思うくらいには迷いましたが、今回は6歳馬とベテラン横山典弘騎手より若い人馬をより重く取ろうと思いました。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました