阪神ジュベナイルフィリーズ 出走各馬の見解&平場セット

競馬予想

この記事では12月12日、阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズの出走各馬の見解と予想を書いています。
こんにちは。完全に競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

中日新聞杯の結果は
1着ショウナンバルディ【B】評価
2着アフリカンゴールド【C】評価
3着シゲルピンクダイヤ【B】評価でした。

【A】評価を打った馬は上位に絡むことができず、お役に立てず申し訳ありません。
極端な前残りで、ちょっと後方差し追い込み勢はまるで出番がありませんでしたね。
かなり特殊なレースだったなと振り返ります。

中山のカペラステークスについても出走各馬の見解と予想記事を書いています。
そちらの方もよろしければご覧になってください。


出走各馬については気になる馬、お目当ての馬の目次をタップすると一気にその馬の見解まで飛ぶことができます。
本日もよろしくお願いします。

阪神ジュベナイルフィリーズ出走各馬の見解

ナムラクレア【B】

仕上がりの早いタイプで、小倉2歳ステークスを制覇。
前走は初めての坂コースや距離延長を克服できたことは大きな収穫。

ファンタジーステークスのレース内容を振り返っていくと、ウォーターナビレラを見ながらの競馬で、自ら動いて負かしにいったというもの。

一旦は先頭に立ったものの、最後はウォーターナビレラに底力を見せられる形となっての2着ではあったが、同世代間では能力の高いところを示す競馬だった。

最内枠という懸念材料も確かにあるものの、前走も早めに動き出してしまったというだけで、上がり3Fは最速。

距離延長ならマイルまで持ってくれるのではないかと推測する。

ナムラリコリス【C】

函館2歳ステークス以来久々の競馬。
血統的にもスピード指向で、今回の1600mは若干長いのではないかと見ている。

枠もあまり好材料ではなく、少しパンチ力にも欠ける。
来年の短距離戦で見直しで。

ヒノクニ【C】

九州産馬のヒノクニ。

今年は九州産馬としてヨカヨカが脚光を浴びたが、それに続けるかと言われると地力比べでは厳しいように思う。

ホッカイドウ競馬のエーデルワイス賞(ダ1200m)以来2ヶ月ぶりの実戦。
出走間隔に関しては大きく問題はなさそう。

芝コースで時計のかかる馬場であれば、今後狙っていきたい。

トーホウラビアン【C】

早いデビューで7月に未勝利戦を勝ち上がり。
前走は休み明けながらもしぶとさを見せて3着に粘り込んだ。
テンには速い馬なので、あとは出して行ってどこまで粘れるかといったところ。

父トーホウジャッカルに母父ジャイアンツコーズウェイという構成で、ダートで一度見て見たい感じ。

スタティスティクス【B】

血統面から見ると仕上がりはそこそこ早そうなタイプも、もっと良くなってくるのは来年かなといった印象。

未勝利戦は最後の最後までしっかりと脚を使えていたので、前がバタバタになって展開面で恵まれれば上位への出番があっても。

タナザウィング【C】

中京の新馬戦勝利から直行でG1の舞台へ。
その新馬戦は最後の直線でまだフラフラしながらと新馬らしさ全開。

ただ新馬戦で負かしたビーアストニッシドはその後勝ち上がり→京都2歳ステークス2着に粘り込んだので、侮れない部分もあるがイキナリG1の流れに対応できるかは疑問。

タナザウィングももっと良くなってくるのは来年以降と見て。

キミワクイーン【C】

6月の新馬デビューと仕上がりの早さが目立つキミワクイーン。

血統面から見ていくと父ロードカナロアと母父ダイワメジャーという構成はマイルではアドバンテージ。

しかしながら今回は求められる適性的に、欧州血統の後押しが欲しいところなので、今回は減点もなければ加点もできない感じ。
1600mは問題ないと見るが、あとはどこまで地力で踏ん張れるかといった感じ。

ステルナティーア【B】

新馬、2戦目のサウジアラビアロイヤルカップともに一貫してマイルを使ってきたステルナティーア。

先に懸念材料から書いていくと、初遠征で馬体を大きく減らしてしまわないかという点。
追い切り後も結構減ってしまっていた感じなので、当日の馬体重は要チェック。

父ロードカナロアということで、ステルヴィオの全妹に当たる。
適性面から見ていくと、マイルかつ全体時計が水準よりかかる舞台で一番力を発揮できそうな血統背景。

前走は男馬のコマンドラインに完全に能力で押し切られてしまったが、今回は牝馬限定戦。
メンバー的に上昇は間違いない。

シークルーズ【C】

新馬戦は好位からの押し切り勝ち。
優等生な競馬をしたなという印象を受けた。

身体をいっぱいに使った走りを見ていると、持久力が求められる舞台で力を発揮できそうで、また血統面から見てもそういった個性を感じさせる。

今回は一気のメンバー強化で、厳しい競馬にはなると思うが、2戦目にして初遠征や阪神コースを経験など、今後の糧になる部分も多くありそうだ。

自己条件戻りの東京開催で狙ってみたい。

サークルオブライフ【A】

中山の未勝利戦では圧巻の差し切りを決め、続くアルテミスステークスでも初ものづくしながら能力を遺憾なく発揮して、見事な差し切りを見せた。

肝心なのは、今回の舞台でサークルオブライフが力を発揮し切れるかどうかという点。

血統面から見ていくと、阪神コースの現状の馬場でもエピファネイア産駒は走っているし、しっかりこの馬のパフォーマンスは発揮できそうな感じがある。

注目が好位で運ぶであろうウォーターナビレラの方に向いて、ややペースが速いものになれば、最後強襲してくる場面があっても全く不思議はなく。

ラブリイユアアイズ【B】

京王杯2歳ステークスでは本命を打ったラブリイユアアイズ。

その前走から振り返っていくと、これまでになく道中で揉まれる内容で決して楽なレースではなかった。
それでも最後までしぶとく脚を伸ばして3着を確保。かなり収穫のある一戦となったはず。

元からセンスが良くスッと前で競馬ができる馬なので、脚質的な幅が既に出ているのもラブリイユアアイズの良いポイントの一つ。

血統面で見ても、タフな芝にも耐えられるような構成だと思うので、今回も牝馬限定戦で前進の場面があっても。

あとは初のマイル戦と遠征後の様子次第といったところ。

アネゴハダ【C】

小倉2歳ステークスでは展開が向いた3着だったなという印象。

現状の能力としては前走くらいの結果になってしまうのが妥当という認識で、今回も地力比べだとやや厳しいか。

ウォーターナビレラ【A】

ファンタジーステークスでは、一旦はナムラクレアに前に出られるシーンもあったが動じずに2枚腰。

2歳牝馬にしては馬格があるのもさることながら、追い出されてからのダイナミックなフォームは素晴らしいものを感じさせる。

一気に伸びるタイプではないものの、長くいい脚を使えるところが最大の武器。
今回もスムーズに好位につけることができれば、外枠から少しずつアクセルを踏んでいける枠に入っているのも好材料。

父シルバーステートは未完の大器として引退してしまったが、血統面から見ていくと古馬になって完成を迎える、体力に優れた特徴が強そうで、この馬にもその特徴が引き継がれている感じを受ける。

また、東京スポーツ杯2歳ステークスを制したイクイノックスもそうだが、ウォーターナビレラも母父キングヘイロー。
世界の名血がまさにもう一度日本競馬で開花寸前といった印象で、ファン心としても頑張って欲しい部分もある。

よっぽど下手な競馬にならなければ、好勝負は必至と見た。

サク【C】

新馬戦は人気薄ながらも内からジリジリと脚を伸ばして押し切り勝ち。

ただ内容から見ていくと、最後は止まってしまっているような印象を受けたし、イキナリのG1でメンバーレベルやペースが一気に上がることを考えると自分の競馬をさせてもらえなさそうで。

ダークペイジ【B】

2戦2勝でG1挑戦へ。
2戦の内容はいずれも好位からの抜け出しで、非常にセンスの良さが光るもの。

初の1600m戦、距離延長が鍵とはなるが、長いということはなさそうで、守備範囲内だと見た。

スピードとスタミナ、持久力それぞれを補完しあっている血統背景だと思うし、一気にメンバー強化とはなるが、スタートを決めて流れに乗ることができれば、上位進出する場面があっても。

ベルクレスタ【B】

新馬から堅実な末脚が武器で、負けてもしっかりと内容をまとめてくる優等生タイプ。

できるだけ前で競馬をした方が合いそうな印象もありものの、今回は枠的にも好位からは一列後ろからになりそう。

現状の荒れている阪神コースの馬場を思うと、ベルクレスタにはプラスにはちょっと働かないかなという印象で、終始外を回ってあとはどれだけ地力で踏ん張れるかが焦点となりそう。

今回もある程度の結果にはまとめてきてくれそうだが、勝ち切りまでは疑問。

ナミュール【A】

赤松賞は出遅れながらも完勝した内容が大きく評価されているナミュール。
鞍上もC.デムーロといううことで、ノーザン系に外国人騎手器用という鬼に金棒コンビだと考える方も少なくはないのではだろうか。

元からさしてスタートの良い馬ではないので、外枠からそろっと出して後ろからになっても慌てるようなこともないだろう。
末脚は強烈で、今回も能力全開で走ることができれば上位進出は可能。

初コースも遠征があるわけでもないので、状態面も一番安定していそうだし、血統面から見てもいまの馬場ならハービンジャー産駒は優秀な成績を収められる状態にある。

完成の域に達するのはおそらく来年だろうし、どれくらい強いのか、どんな走りをしてくれるのかという点で楽しみな一頭。

パーソナルハイ【B】

ペースの鍵を握るのはパーソナルハイ。

脚質的に大外枠はマイナス要素となってしまうが、ポンと好スタートからハナを切ることができれば、後ろも突っかかってこないだろうし、ペースを緩めることができれば逃げ粘りがあっても。

逃げには拘らないという陣営ではあるが、意外性のある競馬で結果を残し続けている陣営でもあるので、思いきった競馬をしてくる場面まであっても。

ディープインパクト産駒に母系はミスプロ系という3歳春が最高潮を迎える早めの血統構成。そのアドバンテージも活きる形となれば。

Tomの予想は

◎サークルオブライフにします。

かなり迷いましたが、サークルオブライフの末脚に期待したいと思います。

サークルオブライフ自身は結構ズブいタイプのようで、追われて追われて能力を出せる馬。
今回は時計がかかってくれそうなので、そういう個性を持っていてもうまく差し込んできてくれるんじゃないか期待を持って本命にしました。

馬場が荒れて欧州的な個性を持つ馬も活躍できる馬場になっていますし、そこもアドバンテージとして見たいです。

俺プロでは買いませんでしたが、リアルではラブリイユアアイズの馬券も買うと思います。

平場で狙いたい馬

先週、昨日と奮っていないので、なんとかしたいところです。

中山2R 5番クルル
→ローカルから中央場所への起用が微妙ではあるものの、引き続き減量の横山琉人騎手起用。混戦のメンバー構成で好位から粘りを活かす競馬ができれば未勝利脱出まで見ておきたい。

中山9R 16番トモジャリア
→自己条件に戻って2走目。今回は大外枠を引いたものの、先行する馬が少ないメンバー構成でそこまで距離ロスもなさそうで。
力勝負に持ち込むことができれば、上位。

阪神2R 8番ペプチドヤマト
→仕上がり早いドレフォン産駒。これまでの戦績からもそろそろ勝ち上がりの番。

阪神3R 1番ディライトバローズ
→新馬戦ではまだまだ幼さ目立った内容。
大型馬で実戦慣れするのもまだ先な感じも、スタミナは豊富そうで荒れている馬場でも狙いたい。

阪神9R レヴェッツァ(14時10分更新)
→前走は狭いところを割って来て外の馬を抑えた内容が秀逸。
長くいい脚を使うというよりも一気にビュンと伸びる一脚タイプなので、その良さを鞍上が活かしてくれることに期待。

阪神10R 10番マテンロウスパーク(14時10分更新)
→前走は前がかりで展開向かないレースとなったが、地力の高さを見せて直線入り口では一旦後続を突き放した。
最後の最後こそ捕まってしまったものの、勝ちに等しい内容で状態キープなら今回も上位と見て。

中京1R 3番レタラ
→前走は展開にも恵まれた面もあるものの、シンガリからの追い上げは立派。
坂井騎手に乗り替わるのもプラス、引き続きパワーが求められるコースで狙う。

午後については、後々追記すると思います。
日曜競馬を楽しみましょう!

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました