チャレンジカップ出走各馬の見解&予想

競馬予想

この記事では12月5日、阪神競馬場で行われるチャレンジカップの出走各馬の見解と予想、さらには今日は軸として堅そうな馬について書いていきます。
こんにちは。競馬ブロガー化しつつあるTomです。

出走各馬の評価は【A】【B】【C】の三段階評価にしています。

A…本命候補
B…相手候補
C…今回は見送りたい候補

といった具合です。

A評価の馬は高確率で馬券に絡んでいます。B評価でも割と穴を拾えます。
評価方法は相対評価で、A評価馬は多くても3頭に留め、そしてC評価は頭数にもよりますが最低3頭あげるようにしています。

また中山のステイヤーズステークスと平場の予想も投稿しています。
こちらもよろしければご覧ください。


よろしくお願いいたします。

チャレンジカップ出走各馬の見解

ジェラルディーナ【A】

夏から3連勝で今回重賞挑戦は二度目。
父モーリスに母はジェンティルドンナと超のつく良血馬で今後もさらなる成長が期待される。
前走同様、他馬との比較で斤量の恩恵も大きいし、最内枠ではあるが荒れた馬場もこなせるタイプでジェラルディーナにとって今回は好舞台。

ただの上がり馬ではないなという印象を受けたのは、前走の内容の優秀さから。
差しに構える馬たちが台頭した結果にはなったが、ジェラルディーナは外外を回りながらも上がりは最速。見た目にも最後の最後までしっかり伸びきっていたシーンは力をつけているという証明。

スタートがそこまで速いわけではないのもあるが、差しに構える競馬で結果を残し続けてきた脚力は信頼できる。本格化してきていると見て、A評価で。

カツジ【C】

正直、なぜ阪神カップではなくてここに使ってきたんだろうという疑問が残る。
適性面で見ても1800m以上はさっぱりで、前進要素も乏しい。

短距離でこその馬だとは思うが、穴を開けるのであれば昨年のスワンステークス同様の思い切った逃げの手一択だろう。

メイショウオーパス【C】

父メイショウボーラー同様、芝ダート不問でどちらでも活躍ができるタイプ。
溜めてから追い込む形がメイショウオーパスの持ち味ではあるが、最近は上がり時計は良かった春頃と比べてしまうと少し陰りが出ている印象。

初めての芝2000mだった前走は勝ち馬とは0.7差とソコソコにまとめたがこれは展開も向いてのこと。

少し渋いところが出てきた感じがあるので、今回はメンバーも上がり上位へは厳しい戦いとなりそう。

マイネルウィルトス【A】

マイネルウィルトスはなんといっても福島民報杯の圧勝がとてつもなく印象的。
オープン入り後の重賞戦線でもいつも上位とは差のない競馬でまとめており、前走のアルゼンチン共和国杯も2着と善戦。

そのままジャパンカップではなく1週遅れのチャレンジカップを選択してきたことは”勝ちにきている感じ”で色気を感じる。

前走は相手が悪かった(オーソリティ)。
今回格的には重賞レース未勝利馬が多く、実績的にはこの馬は上。
長くいい脚を使える馬なので、時計のかかりそうなスタミナ勝負の馬場も合う。
スムーズに前の方で運べれば上位候補の1頭。

スカーフェイス【B】

レース序盤は脚を溜めて、差し込んでくるのがこの馬の身上。

今回は昇級初戦で能力関係的に疑問が残るところもあるが、荒れた馬場もこなせるタイプで時計がかかる展開or前がかりの展開になれば上位進出のシーンまで見ておきたい。

阪神コースはこれまで3勝とコース相性もよく、こういうタイプは昇級初戦であっても相手には入れておきたい。

ヒートオンビート【B】

本質的に2200m〜が良さそうなヒートオンビートだが、今回はタフな馬場になると考えれば丁度良い舞台ではないだろうか。

目黒記念はかなり展開に恵まれたレースではあったが、前走はかなり特殊な我慢比べのようなレースを久々+大幅馬体増ながらもよく踏ん張っていた方だと思う。

阪神コースは外回りの方がヒートオンビートにとってはより良いだろうが、今回は休み明け2戦目でより上昇を見込めるし、馬体も絞れてくれば状態面の充実とみてチャンス。

ペルシアンナイト【B】

4年前のマイルチャンピオンシップの勝ち馬でメンバー中唯一のG1馬。

以降はどうしてもワンパンチ足りない善戦マンとなってしまっているが、言い換えれば堅実に駆けてくるタイプで、今回の阪神2000mも過去に大阪杯2着と実績を持っている舞台。

水を含んだ馬場では本来の走りができなくなってしまう傾向にあるものの、荒れた馬場、時計のかかる馬場では好勝負ができるタイプ。

今回もじっくりと差しに構えれば好レースに期待できるものの、鞍上が重賞になると急に積極性や思い切りに欠く騎乗をよくしてしまうため、惜しくも掲示板止まりで「よく走っている」みたいなコメントをするシーンまで見ておきたい。馬券は相手までといった印象。

マイネルフラップ【C】

阪神コースとは好相性で、実績も残してきた。
最近はいい走りが見せられていないイメージだったが、休む前は重賞級の相手にもそれなりにまとめている。

しかし今回の2000mの舞台となるとやはり少し距離が長そうで。

状態面も前走との比較で上がってきそうな感じがするものの、なかなか厳しいレースとなりそう。

アルジャンナ【B】

新馬戦こそ2000m戦を制したものの、本質的にアルジャンナに2000mという舞台は長いと見た。
また荒れた芝はおそらくこの馬には合わず、思うような加速ができないのではないだろうか。

今年のマイラーズカップでは2着と能力の高さを見せたものの、人気するのであれば連軸視は旨みもなさそうで若干危険な感じもする。

狙いどきは時計の出やすい馬場状況と長い直線、そしてマイル前後と見て、今回は相手まで。

モズナガレボシ【B】

今年の小倉記念勝ち馬。
この時は馬場の差が内外極端で、外を通って伸び切れた鞍上の好判断も光る勝利だった。

グランプリボス産駒は、自身は短いところで活躍したのとは裏腹に使える上がり時計には限界がある馬が多いので、活躍条件としてまず全体時計がかかってくれないとというものがついてくる。

雨が降って馬場が今よりもさらに荒れ、外から運べる条件が揃えば台頭の場面もありそう。
力量比べでは少し疑問が残る。

ソーヴァリアント【A】

デビュー直後から比べると、体力面に優れているだけではなくスピードも出るようになってきた印象で成長著しい3歳馬。

右回りであれば初コースも問題なくこなせると思うし、少し時計がかかってパワーが必要な馬場となってきたらソーヴァリアントにとっては大いにチャンスだろう。

周りを見ても強敵という強敵がおらず、馬券圏内は堅そうな印象。

ジェラルディーナ同様来年以降が楽しみな存在で、極端な流れにならなければ好位追走から抜け出しで初タイトルのシーンまで。

Tomの予想

◎ジェラルディーナにしました。

スタートもそこまで速くはありませんし、荒れている最内枠からの捌き方が一つ大きな鍵となりそうですが、ジェラルディーナ自身は荒れ芝もこなせそうな感じがあるし、そこは福永騎手なのでコーナー使いながら外に持ち出してくれることを期待したいですね。

モーリス産駒はサンデー系が苦労する芝でこそ!みたいなところがあるので、連勝でいきなり重賞に手が届くかどうかまだ半信半疑な部分もありますが、この馬の勢いと素質に期待したいと思います。超のつく名牝の仔ですし、個人的にも好きなスクリーンヒーローの系譜を継いでいる馬を応援したくなってしまいました。

馬券の軸としては、外枠を引いてポジション取りにも選択肢が広そうなソーヴァリアントが最適かと思います。
終始外でも今の馬場傾向ならそれが逆にプラスにもなるでしょうし、体力面に優れていそうなタイプなので、全体的な時計がかかりそうな今回なレースは絶好のように思います。

平場堅そうな馬

中山4R11番ラフシー
→初ダートもここまでの戦績から前での競馬が叶いそうだし、外枠で砂被りの影響でどうってことはなさそう。血統的にもダートで狙いたい構成なので、ここは上位

阪神1R9Rニューダイアリーズ
→相手比較で、前走のように長くいい脚を繰り出せれば上位。
状態的にも一回使って上がってきているはず。

にほんブログ村 競馬ブログへ
tom

幼少期から父に競馬場、ウインズに連れていかれ競馬好きに。俺プロ段位取得に奮闘中。

tomをフォローする
競馬予想
シェアする
tomをフォローする
Tomの競馬攻略ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました